Road Trip to USA #4

5日目はもう一つの目的、ヨセミテでハイキングをするということの実践の日。
30年前に結婚式を挙げたときは、ただ式を挙げただけでほかには何もすることもなく、
サンフランシスコに戻り、すぐにカナダへと旅立った。

その時から、ヨセミテでハイキングをするというのが一つの目的になって、
そのために30周年記念にもう一度ヨセミテに行こうという気持ちにもなっていた。


選んだハイキングコースはミスト・トレイルとジョン・ミューア・トレイルのループで、
ネバダ・フォールの上まで行って帰ってくるというもの。
ハイキング・タイムは5時間から6時間ということだ。

朝はハーフドーム・ビレッジというテントロッジのある所のグロサリーでサンドイッチと水を買っていく。
ここにはカフェテリヤがあったり、キャンプしてる人も5ドルで入れるシャワーがあったり、
グロサリー・ストアやお土産屋さんもあるという便利なところだ。


P9110123.jpg



ここは100ドルくらいでテントロッジに泊まれるのだが、
隣同士がかなり密集しているので、個人的にはキャンプで良かったかなと思った。
ビレッジのキャンプサイトも各サイトが近く、プライバシーがあまりない状態だけど、
ここのテントロッジの密集に比べるとまだましだった。



P9110130.jpg


キャンプして、ご飯はここで食べるというのが時間も節約できて正解かもしれない。
値段もリゾート国立公園内なのにかなりお手ごろ。


トレールヘッドはキャンプ場から歩いて行ける。
まずはミスト・トレイルからスタート。

P9110143-2.jpg




しばらく舗装された急登を登っていくと最初の滝、Vernal Fallに着く。


P9110193.jpg






P9110225-2.jpg


この滝の上でパシャる。

P9110258.jpg






P9110243-2.jpg




ここからはジョンミューア・トレイルに分かれていく。
ここでチョイスがあって、そのままミスト・トレイルを登ってネバダフォールの上まで行って、
帰りはジョンミューア・トレイルを帰ってくるというのが一般的みたいだが、
かなりの急登なので、かみさんは緩やかなほうがいいということから、
自分たちはジョンミューア・トレイルを行って同じ道を帰ってくることにした。

P9110303.jpg



こういう景色をバックに歩いていく。
トレイルも人気コースらしく人が多い。


P9110255.jpg


かみさんとはかなりペースが違うため、いつも自分が先に歩いていき、
要所要所で止まって待っているというパターンなのだが、
少し歩いていくと前方からコヨーテがトコトコと歩いてきた。

カメラを構えるとすっと横のブッシュに入って行き、
自分を通り越してからまたトレールに戻って歩いて行った。

P9110277.jpg

E-PM2 14-42EZ




続く



[ 2017/09/20 08:45 ] USA | TB(0) | CM(0)

Road Trip to USA #3

4日目の朝は9時ころクレーンフラット・キャンプ場を出る。
相変わらず山火事で煙っている。

カナダの家を出てからワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州と走ってきたけどず~っと煙っていた。
カリフォルニアに入って少し薄らいだけど、ヨセミテに近づいてきたらまた煙が濃くなってきていた。

ヨセミテの国立公園の中でも山火事が発生していて、
一部の道路は閉鎖されている。

30年前も同様で山火事が発生したため、ロッジの部屋がキャンセルが相次ぎ、
自分たちが泊まる部屋を確保できたのだった。


一時間も走らないうちにヨセミテ渓谷に入る。
しばらく行くと、突然エルキャピタンが見えてきたのだが、
なんと煙が全くない快晴の青空がバックに!


DSCF7885-2.jpg








写真を撮りながら行くと懐かしい建物が見えてきた。
ここで30年前、サンフランシスコに住んでいた牧師さん夫妻と一緒に自分たちだけで結婚式を挙げたのだった。


DSCF7915-2.jpg







DSCF7930-2.jpg






DSCF7916-2.jpg



今年の9月10日は日曜日だったので、ちょうど礼拝が行われている最中。
かみさんは礼拝に出たいと言うので、
自分たちも礼拝に出ることにして、
礼拝が終わった後、牧師さんと一緒に写真を撮ってもらう。


DSCF7926.jpg





30年前にここで結婚式を挙げたんだと告げると、
ブレント牧師は感激してチャペルのイラストのギフトを渡してくれた。

かみさんは家に帰って来てからさっそく額縁に入れて飾ってある。



この日はキャンプ場に早めにチェックインし、
夕食はマジェスティック・ホテル(旧名アワニー・ホテル)のダイニングでディナーに。


DSCF7953_2017092001210520a.jpg




30年前のその時、400人以上入るダイニングルームは満席。
その中を一番奥の席まで歩いていく。
かみさんはウェディングドレス。
入って行ったとたん、一斉に拍手の嵐。

ちょっと恥ずかしい思いをしつつも全身鳥肌が立つ感じだった。

一番奥の席で持参のケーキカットもさせてもらい。
おいしい食事をいただいた。
何を食べたかは覚えていないけどね・・・。(汗)


今回は、自分は鴨料理、かみさんはプライムリブをいただいた。
大変美味しゅうございました。



DSCF7947-2.jpg



この日飲んだヨセミテ地ビールはHalf Dome。


DSCF7962.jpg

X-T10 18-55





続く





[ 2017/09/19 07:55 ] USA | TB(0) | CM(0)

Road Trip to USA #2

3日目の夜7時ころ、いよいよヨセミテ国立公園内にあるクレーンフラット・キャンプ場に到着。
ほんとはヨセミテレッジ内のキャンプ場に3泊したかったのだけど、
週末が重なってたので予約が取れず、
一泊目だけ少し離れたここになった。

キャンプ場の予約を取るのはとても大変だった。
8月の中旬から9月の中旬までの予約は4月15日の太平洋標準時の朝7時に始まるので、
7時少し前に予約のサイトで決めていたテントサイトを第3希望くらいまで書き出して、
クリックするだけにしておいた。

PCの時計が7時になった瞬間にクリックしたのだが、第3希望までことごとく惨敗。
ちょっと焦って、とりあえず取れるところならどこでもいいということに変更してやっとゲット。

これがもし8月の夏休み中ならもっと大変だったろう。



Mt, Shasta Cityを出たのは11時すぎになってしまった。
すぐそばのHwy I‐5を南下。

サクラメントの手前あたりから、
だんだんとパームツリーが見えてくるようになってくる。

それにしてもカリフォルニアは暑い。
前方から陽が差してくるのでクルマのエアコンが効かないくらい。


P9090088-2.jpg






P9090091-2.jpg



クレーンフラット・キャンプ場。
ヨセミテ・ビレッジ内ではないので、サイトの一つ一つは広い。


P9090095-2.jpg




この日は違う地ビールをゲット。

P9090096.jpg



ついでにカナダでは見かけないアーリータイムスもゲット。
大学時代にバイト代が入るとよく飲んでいた。


P9090108-2.jpg

E-PM2 14-42EZ



約600Km

翌日はヨセミテレッジに移動するだけなので、朝はそんなに急がなくてもいいけど、
いろいろと写真も撮りたいので早めに出ることにした。



続く




[ 2017/09/18 06:49 ] USA | TB(0) | CM(0)

Road Trip to USA #1

数年前から計画していたヨセミテ行き。
いよいよ実行の時がやってきた。

出発は7日の朝、7時の予定。
・・・だったけど、結局8時近くになってから。(汗)

まずは同行のM女史を迎えに行く。

彼女は7月に鎖骨を折り、今年の夏をふいにしてしまった。
春から時間があれば一緒に行きましょうと言っていたので楽しみにしていた。

ちょうど彼女が受け持つ日本語の授業が9月からの新学期はなし。
時間も取れたのでラッキー。

彼女と荷物を載せて走り出し、
5分ほどたってからうっかりもののM女史に一応確認してみた。
「パスポート持ってきたよね?」
「ありますよ~」
といいつつ本人も一応確認。
だがしかし、「あれ~?永住者カードがない~」
というので、一度彼女の家に戻った。

そして部屋から永住者カードを持ってきて、一応期限を確認してみたら・・・、
なんと、3月に期限が切れてるではないか!

このカードの期限が切れていたら、
カナダ国内で生活している分には全く問題ないが、
出国した場合、入国するときにカナダに入れない。

自分たちは市民権なのでいらないのだが永住権だけの人は5年に一度の更新があるのだ。
そして出入国の際には必ず携帯していなければならない。


さすが超うっかりもののM女史。
この時点で彼女の夏は完全に崩れ落ちてしまった。

涙目で手を振るM女史を置いて自分たちはさっそうと南下。



今回は自分たちの結婚30周年記念も兼ねている。

M女史と最初に遭遇したのも16年前、自分たちの以前の店を初めてオープンした時、
最初に店に来た日本人だった。
自分たちの結婚期間の半分以上は付き合いがあるということだ。

光陰矢の如し。



途中でおいしいケーキ類のあるピーチランドのカフェで休憩。
かみさんは夕食のデザートの分まで購入。


初日の夜はワシントン州ヤキマのスポーツマン州立公園。
約600Kmの行程。

季節はずれに差し掛かっているので、キャンプ場はガラガラ。
静かな夜を過ごす。


P9070053.jpg


30年前、弟が買ってくれたコールマンのランタンも故障知らずでいまだに現役。



地ビールで乾杯。

P9070044.jpg


車にず~っと座りっぱなしだったのであまりお腹もすかず、夕食はつまみ程度。



翌日は朝8時ころ出発。
事前の予定ではHwy97をそのまま南下の予定だったのだけど、
カーナビの通りに走っていったら、Hwy I‐84を西に行き、
それからHwy I-5を南下するコースをとったようだったので、
そのままI-84を西に向かって走る。

ところがここでHwyが山火事のため通行止め。
Hwy14を迂回することになった。

こういう時はカーナビは山火事による通行止めの情報などはないのでちょっと大変。

なんとかHwy I-5に乗ったのが2時ころだったが、
ここからさらに470Kmくらい走らなければならない。
しかし、その後は快調に130Km/hくらいで巡行し、
7時ころにこの日の宿、Mt, Shasta Cityに到着。


世界七大聖山の一つ、Mt, Shasta

DSCF7857.jpg

X-T10 18-55




この日はキャンプ場内にあるログキャビンに宿泊。
一番小さいキャビンを頼んだら、そこは空いてなかったので、
2部屋あるキャビンを同じ値段で提供してくれた。


DSCF7859.jpg


夕食は家から持ってきたチキンともやしの炒め物。


この日は約900Kmの走行。


翌日は比較的走る距離が少ないので朝は少しのんびり。
と言っていたら、超のんきもののかみさんがシャワーに行って帰ってくるまで2時間近く待たされた。(滝汗)


P9090081.jpg




いよいよヨセミテに行く日がやってきた。



続く。






[ 2017/09/16 08:23 ] USA | TB(0) | CM(0)

休暇

数年前から計画していたバケーション。
明日から1週間出かけてくる。

楽しみぢゃ。


日曜日の午後遅くに通りかかった古い教会。


P9030012.jpg

E-PM2 14-42 EZ



一週間のお休み。
ごきげんよう。





[ 2017/09/06 16:52 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(2)