抜糸


昨日、昼頃にバーノンのウォークインクリニックへ行き、
手術後の抜糸をしてもらってきた。

退院するときに、「来週になったらどこかで抜糸してもらってください」と言われていた。

抜糸と言っても実際は糸で縫っているわけではなく、
ホチキスみたいなものでバチン、バチンと止められていた。
全部で12箇所。
12針縫ったということになるのかな。


夕方、ワイオミングのエバンストンにあるレッカー会社からVストの写真が送られてきた。

thumbnail_IMG_6013.jpg



これを見て、往復4日もかけて取りに行くのは断念した。
この状態でさえかなりのお金がかかるし、
もしこれでフレームまで逝ってたら目も当てられない。

荷物はカナダまで送ってくれるそうだ。
カメラが2台ともあったので一安心。
あとはちゃんと作動してくれたら・・・。


とゆ~わけで、
しばらくはバイクから離れることになりそう。









[ 2022/08/10 07:09 ] V-strom 650 | TB(0) | CM(0)

自宅療養



帰宅してからも、すぐに店を開けられるほどの体力もないので、
自宅療養しているが、
昨日は少し長めに40分くらい散歩した。

そのくらいの散歩でも、帰ってきてから眠くなるので昼寝。

起きている間に、ワイオミングのHwyパトロールに連絡を取り、
クラッシュ・レポートを発行してもらう。

後はバイクを取ってこないと保険のクレームができないのかもしれない。
昨日、保険のクレームをしようと電話したが、30分待ちだということでめげた。
近くの保険屋さんでできれば簡単なんだが、
電話でクレームを入れないといけないというのがめんどくさい。

焦らずにいこう。


午後からはかみさんに運転してもらって、
ケローナのレストラン器具を扱っている会社まで行き、
休暇前に頼んであったまな板と鉄板磨きのグリルストーンを取ってきた。




出発直前の朝日に光るVスト。


DSC04252.jpg

RX100 M6









[ 2022/08/09 07:13 ] V-strom 650 | TB(0) | CM(0)

帰宅


昨日の夕方、無事帰宅した。

実はツーリング3日めに単独事故を起こして、怪我のために入院していた。
その後は12日間入院し、
一昨日の夕方、退院してホテルに移動し、
昨日、飛行機で帰ってきた。

初日は8時ころ家を出てひたすら南下。
モンタナのミズーラの近くでキャンプ。

2日めは、ワイオミングのグランド・ティトン国立公園でキャンプ。

DSC04262-Edit.jpg

RX100 M6


3日めの夕方にユタのブライス・キャニオンで友人二人と集合予定だったのだけど、
午前中、Hwy189をエバンストンに南下中に転倒。

いつも、ちょっと疲れてくると、
背中が凝ったような感じになってくるので、
息を吸ったあと、息を止めてハンドルを持つ腕を伸ばし、
背中を丸めるように後ろへ突き出すと、
凝っていた背中が楽になるので時々やっている。

その時は2回続けてやったのだけど、
2回めが終わった途端、
視界が暗くなって何も見えない状態になった。
もしかしたら一瞬意識を失ったのかもしれない。
一瞬のあとに視界が戻ってきたときには、
すでにバランスを崩していて転倒する寸前。
何もできずに転倒し、
気がついたときにはHwy脇の草地で転がっていた。
Vストは更にフェンスを飛び越え農地に転がっていた
荷物はすべてそこら中に散乱していた模様。


低血圧のときに座っている状態から急に立ち上がると
立ちくらみが来ることがあるのだが、
まさにそんな状態。
出発前も店が忙しく疲れていたのと、
ツーリングで走り出すと、自分はあまり食べなくなるせいもあって、
水分等、栄養も不足していたのかな?


救急車でエバンストンの病院に運ばれたのだが、
そこの施設では十分なことができないということから、
ヘリコプターでユタ州のユタ大学病院まで移動させられ、
そこで手術と相成った。

怪我の内容は、右後ろ側の肋が9本骨折。
そのうちの3本は2箇所で折れてずれていたので、
肺を損傷する恐れもあるということだった。

もう一つは、折れてずれた肋のせいか右の肺が潰れていたので、
脇腹からパイプを入れて吸引しながら肺を膨らますという処置が取られた。



転倒後、自分は右背中の痛みで動けなかったのだけど、
止まってくれた通りがかりの人たちが、
どこかへすっ飛んでいってたLCD画面がヒビだらけのスマホを見つけてくれて、
友人にメッセージを送ることができた。
そして友人の奥さんから、
バイブル・キャンプに行っていたかみさんへと連絡がつながった。

救急車が来るまで、止まってくれた何人かの人たちが、
自分の前に立って日陰を作ってくれて、
ワイオミングの強い日差しが当たらないようにしてくれた。

救急車の担架に乗せらるれまでが背中が痛くて大変。
シーツを自分の体の下に半分だけ入れたあと、
反対側のシーツを引っ張るという作業に、
生まれて初めてあんなすごい悲鳴が自分の口から出た。

救急車でエバンストンの病院に担ぎ込まれたのはいいけど、
そこで麻酔無しで折れた肋が痛む中、
ドレナージというパイプを胸の脇にグリグリ差し込まれ、
またも絶叫。

ヘリコプターに移されるときも、
大学病院の担架に移されるときも、
そのたびに絶叫、絶叫、また絶叫の連続。

ようやく病院のベッドで少しは落ち着いたかと思ったが、
今度はCTスキャンの検査のために、またベッド移動。

その日、結局手術は行われず検査のみ、
そして翌日の昼ころ、手術室に向かったのだが、
途中で自分より緊急の手術が入ったので、
また病室に戻り、
その日の夕方、ようやく手術。

3~4時間位かかったようだが、
無事に成功。

その後、背中に痛み止めの点滴を入れるようにしてからは、
絶叫することは無くなった。

だがしかし、今度は痛み止めの副作用で 小便が出ない。
そのため直接ペニスの先にチューブを入れられ、
勝手に小便が出ていくようにした。
大便の方はツーリングが始まってから、
それほど食べてなかったので分からないが、
出ていないことは確か。


本来は先週の月曜日に、
肺に差し込まれたパイプを外せる予定だったのだが、
一旦抜いたものの、
完全に空気というか液体と言うかそれが完全に抜けきれていなかったようで、
急に呼吸が浅くなった。

というわけで再度脇腹からパイプ挿入。
痛み止めが効いてるので、今回はそれほど痛くはなかった。
それから少し様子を見ていたのだが、
木曜日の真夜中にドクターが来てドレナージを抜いていった。
医療関係には営業時間や昼とか夜は関係ないらしい。
そして金曜日の夕方、無事退院。


飛行機で帰ってきたので、
その後、バイクを引き取りにいかねればならない。
荷物もそのままだし。

今回はブライスキャニオン、モニュメントバレー、セドナ、そしてラスベガスに泊まり、
更に帰路にボンネビル・ソルト・フラットも寄って帰る予定だったのに、
今回のバケーションは殆どが大学病院のベッドの上という、
何とも言えない休暇であった。

しかも気合を入れて持っていったEOS RP+RF24-240、
G1X MarkⅢは未だにバイクの荷物に入ったまま。
入ったままならいいがほっぽりだされていた確率が高い。
なんとか故障せずにあってほしい。

ジャケットのポケットに入れてあったRX100 M6は電源は入るが、
レンズが繰り出さないので写真が撮れない。

しばらくは写真が撮れないなあ。


というわけで、定期的な更新はできないかもしれないけど、
どうかひとつ、よろしくお願いします。 m(__)m









[ 2022/08/07 10:12 ] V-strom 650 | TB(0) | CM(12)

タンジー


今年もタンジーの季節がやってきた。

IMG_4126_20220720004358029.jpg

EOS RP RF16mm

左にはチコリーも咲いている。
チコリーは午後には花がしぼんでしまう朝咲きの花。









[ 2022/07/22 07:24 ] Flower/Tree/Plant | TB(0) | CM(3)

バラ満開


今、川辺の遊歩道では植えられたバラが満開。



IMG_4037-Edit_202207200043569ec.jpg

EOS RP RF24-240



家の庭のバラは、もう満開は過ぎているのだけど、
それでもまだ咲いている。


今年は冷夏と言うか、涼しい夏なのかと思っていたが、
ここに来て、いつもの暑さが満開になったようだ。(笑)
昨日は31℃だったけど、今日は33℃。
そして来週の木曜日は38℃だって。

今年はこういう暑さは来ないかと思っていたけど、
ちゃんと来てしまった。(汗)

そうなると、また山火事が心配になってくる。
去年は山火事の煙が地域に充満していて、
夜になっても地表の熱が逃げずに寝苦しい夜が続いた。
何よりも煙たかったし。

今年は今のところ、山火事も少ないので、
夜になれば、窓から乾いた涼しい風が入ってくるので寝心地は良い。

それでも昨日の夜は風がなかったので、扇風機かけっぱなし作戦。
そよそよと気持ちのいい風で気持ち良く寝れた。

来週は火曜日から金曜日まで暑いので、(35~38℃)
留守番の息子が溶けなければいいが・・・。(笑)
階下のレストランに行けばエアコンは効いてるので、
そこにいれば大丈夫だろう。
レストラン部分も元々は住居だった場所だし。





さて、いよいよ開始か!
CNNニュース
「バイデン氏息子の捜査、重大局面に」
表のニュースに出て来るようになってきた。








[ 2022/07/21 06:56 ] Flower/Tree/Plant | TB(0) | CM(0)