XC15-45


より一層の機動性を確保するために、
XC15-45mm f3.5-5.6 OIS PZを導入。

日曜日の夕方にゲットしたので、
昨日の午後の休憩時間にロードバイクに乗りつつ試し撮り。


DSCF0953.jpg






DSCF0960-HDR.jpg






DSCF0963-HDR.jpg

X-E3 15-45


写りも18-55に比べても全く遜色ない。
むしろ逆光耐性は良いような気がする。




310gのXF18-55に比べると135gと重さは半分以下。
X-E3に付けると、とても軽くなった。
ついでにグリップも外した。


DSC05693.jpg



今まで付けていたXF18-55にアルカスイス互換の台座付きのグリップの重さが110g。
310+110=420gとの差は285g!
この差はでかい。


DSC05692.jpg




X-E3にバッテリー+メモリーカードで337g。
これにXC15-45 の135gを足して472g。

今までの18-55にグリップを付けた状態だと757gもあった。
道理でハイキングに持っていっても、
ザックから出さないでRX100ばかりで撮るようになっていたはずだ。


密かに考えていたキャノン・パワーショットG1X MkⅢの重さが399g。
重さの差は70gぐらいあるけど、
金額を考えるとXC15-45 を買ったほうが断然安い。

2回しか使っていないという15-45を200ドルで買えた。
しかも家まで持ってきてくれるというオマケ付き。

やはり軽さは正義!

願うならばもう少しレンズの厚さが薄くなれば・・・。
でも画質が悪くなるのは避けたいので、
この辺が妥協するあたりかも。

カメラバッグもE-M10以降使っている右のものから、
以前E-PM2のときに使っていた左の方のバッグに入るようになった。
これで普段からロードバイクに乗ったときとか、
もっと持ち歩くようになるだろう。、


DSC05695.jpg

RX100


以前使っていたオリンパスOM-D E-M10が350gでバッテリーとメモリーカードを含めると396gもあった。
それにM Zuiko ED 14-42mm PZの重さが93gなので合計489gになってしまう。

自分がマイクロフォーサーズを卒業した理由はそこ。
APS-Cにセンサーが大きくなっても、
レンズによってはM3/4より軽い富士フィルム、アンタはエライ!


E-M10と14-42もしくは14-150の朝夕の光量が少ない時の画質がイマイチで、
12-40mm F2.8を買おうと思ったけど重さが383g。
しかも値段も結構する。

そんなときに以前から気になっていた富士フィルムX-T10に18-55mmという案が浮上してきたというわけだ。


しばらくはX-E3とXC15-45の組み合わせで撮ってみよう。
場合によっては18-55は18-135に替わる可能性も・・・。
もしくはまたX-T10あたりをゲットしてXC50-230付けっぱなしとの両方使いとか・・・。











[ 2019/11/05 09:24 ] Camera | TB(0) | CM(0)

最後の雪?

火曜日の朝に降った雪の日。

朝、バーノンまで行ってきて、
その後クルマをガレージに持っていった帰りに川際を歩く。
インフォメーションセンターの後ろから雪が付いた木々を一緒にパシャる。
これが最後の降雪であって欲しい。

Untitled

RX100



最近、カメラはRX100だけでも事足りるんじゃないかと思えてきた。
一番いいことは小さいこと。
ちょっとした散歩でもポケットに入れておける。

自分がほんとに必要なのはカレンダーに使う写真なのでそれほど大きくプリントはしない。
A3までならRX100でも十分耐えられる画質だし。

RX100 Mk6で昼間ならそれだけで完結かも。

ただ朝焼け、夕焼けなどの光が潤沢にない時はやはりX-E3が必要かなぁ。
そのためにマイクロフォーサーズからアップグレードした。

フルフレームはレンズがでかくなるのでパス。
ハイキングやバックパッキングに持っていくのは嫌だ。
値段も高い。

マイクロフォーサーズだってセンサーサイズを補おうとして、
いいレンズにするとかなりでかくなる。

やはりAPS-Cミラーレスがちょうどいい感じ。
サブでRX100シリーズかなぁ。



今週は3日連続でMTBで20Km走ったので昨日は休息日。
気温8℃と気持ちのいい晴れた日だったけど、
ランチの後はナップタイム。

今日は仕込みが終わったら後でまたMTBで20Km走ろう。

明日はついに10℃以上の予報!

グワシまこと






[ 2019/03/16 08:09 ] Camera | TB(0) | CM(0)

氷の模様とX-E3


先日の雪が降る前の川の氷。
一度割れた氷が再度凍って模様を描き出していた。


Untitled

X-T10 50-230



昨日の午後はマイナス6℃。
晴れて陽が差していたのでほんわかとした感じの中を散歩。

先週に比べたら少しは緩んできたかな。





先週の金曜日にポチったX-E3が届いた。
カナダにしては早い。
月曜日に発送されて3日で届いた。

早速XF18-55mmを付けてみた。


DSC03390.jpg

RX100



軽さ自体はX-T10に比べて格段の違いは感じないけど、
上部の出っ張りがないのでバッグからの出し入れがやりやすそう。
これに縦も可能なチルト液晶が着いたら自分にとっては最強カメラになるのだが・・・。

奇しくも昨日X-T30 の発表があったようで早速仕様をチェックしたら、
ようやくAEブラケットが9枚まで可能になっていた。

まあ、しばらくはX-E3で行く予定だけど、
X-E4にはチルト液晶を付けてもらいたいねぇ。

そしたらデザインはこちらのほうが好きなのでX-E路線で行きたい。



それから新しくLightroomのディテールの強化という項目にFujifilmのRaw画像が対応されたようだったので、
ダウンロードして試した見たが、
Windous10をリニューしないとダメだったようで、
Windous10もダウンロードしてリニューしてからやってみた。

では、ディテールの強化をクリック!
・・・・・・・・ブ~~~~ン・・・・・とPCが唸っているばかりで、
10分位たっても10%くらいしかいかないので中止。

何回やっても同じなので、
自分のPCではスペック不足なのか。(泣)








[ 2019/02/14 07:56 ] Camera | TB(0) | CM(0)

綿帽子


久しぶりに積もったフワフワの雪を被った木の実。
ナナカマドかな。


Untitled

X-T10 18-55




カレンダーが売れたお金を使って
約3年ぶりにカメラを換えることにした。
X-E3である。

X-T10を買ったときも、
X-E2といろいろ悩んだ挙げ句、
チルト式液晶が決定的な理由でX-T10にした。

今回はX-T20と悩んだけど、
チルト式液晶を断念してもX-E3にした。

理由はX-T20とX-E3の機能の違い。
ジョイスティックが一つの理由。
そしてもう一つの理由がX-T10を買ったときからの不満点であるAEブラケット撮影。

X-T10はAEブラケットが3枚しか撮れない。
以前使っていたE-M10やE-PM2でさえ5枚で撮れたのに。
X-T20になってもそのままだった。

X-E3は5枚どころか7枚、9枚まで撮れる。
HDR合成するときにこの差はでかい。

最近はX-T10でマニュアルで露出違いの写真を撮ったりしていたけど手間がかかる。

もちろんX-T2やX-Pro2などがいいのはもちろんだけど、
自分にとっては小ささが正義なのでこれらはでかい。
X-T2の縦にもチルトする液晶は魅力ではあるけど。

そのうちX-T2はゲットするかもしれないが、
当面はハイキングやバックパッキングに使うため、
自分にとっては機動力が優先事項というわけでX-T20かX-E3が候補だった。

そういう理由でE-PM2も良かった。
あんなに小さいのにOM-D画質。
当時のOM-D E-M5と同じセンサーと画像エンジン。

X-T20、X-E3も同じく、上位機種と画質は一緒。
何よりも値段が安いし。


X-T10でもマイナス20度以下でも平気で使えるし、
防塵防滴にしても、それほど凄い雨の中は撮影しない。
多少の雨の中なら全く問題なく使えてきた。


たまたまエドモントンで出品があったのでE-bayでポチった。
カナダ国内なので関税もかからず。


今までの1670万画素のセンサーと2430万画素センサーの違いはどうなんだろうか。
4Kモニターで見るようになってから当然ながら画素数はある程度多いほうが画質が繊細なことがわかった。
まさにその場に居て見ているような臨場感。

8Kも出始めている今、
4Kはそのうち普通に標準化されるんだろう。


X-E3が届くのが楽しみ。
カナダの郵便事情だと10日ほどかかるかな。
ワクワク、ドキドキ。






[ 2019/02/09 08:18 ] Camera | TB(0) | CM(0)

ゴールデン・ツリー

木曜日にMTBで走ったのは今まで行ったことのない道。

今、いつも走ってる道の方面は、
橋が工事中なので片側通行になっていて、
行くのが何となくめんどくさい。

なので最近はHwyの反対側の今までほとんど行ってないところを走っている。

こういうことでもないと、
同じ町ながらなかなか行く機会がないので楽しい。

かなりいい感じの山の中を登る一本道。

途中にあった丘のところに一本の木が生えていた。
西日を浴びて光っていたところをパシャる。



Golden Tree

RX100


今年は夏に雨が降らなかったせいなのか、
黄葉がとてもきれい。

まだ撮れるうちに沢山撮っておこう。




<追記>

ポケットにも入ってしまうRX100の実力も侮りがたいものがある。

一度はメインカメラになりつつあったマイクロフォーサーズだが、
レタッチ耐性も考えて画質のいいレンズにしようと思うと、結構高いし大きくなってしまう。

OM-D E-M10も使っていたとき、12-40㎜ F2.8 を買おうかと思ったこともあったけど、
小さいのが魅力でM3/4にしたのにでかくなるなぁと思って、
何気なく前から気になっていた富士フィルムのX-T10を見るとボディサイズはほとんど一緒。
むしろX-T10のほうが軽い。
付属の標準ズームもF2.8 から始まる評価の高いもの。
レンズ単体でみてもオリの標準ズームF2.8 よりも安いし軽い。
結局、小型軽量のE-PM2のほうを残し、E-M10は売ってしまった。


動きものはほとんどとらず、
遠景の風景を取ることが多い自分には富士フィルムのほうが合っているみたいだ。
画質もこちらのほうが好きだし。

というわけで今自分のメインシステムは富士フィルムになっているので、
E-PM2は完全にサブカメラ。
特にMTBに乗りに行くときやハイキング、ジョギングの時用。

それならと買ってみたRX100だが、
今の12-42EZを付けた状態でのE-PM2となら大して画像は変わらない気がする。

もしかしたらM3/4は売ってしまうかも。

最近のM3/4はどんどんでかくなっている。
まあ、それでもフルサイズに比べると小さいのだろうけど・・・。

自分が当初求めていたものとは違ってきてるかなぁ。







[ 2017/10/29 05:23 ] Camera | TB(0) | CM(0)