コカニー・グレーシャー州立公園 3日め

3日めの朝、4時過ぎに目が覚めた。

外はまだ薄暗い。

5時前くらいまで待ってテントから這い出す。

こんな朝早くから蚊は活発に活動している。
まずは手と首、頭など露出している部分にスプレーをブシュッとかける。

今朝も昨日の夜と同じように蚊の映り込みを防ぐために、
ひとまず構図と露出などを設定してから、
一旦、ポイントを離れて再度スタスタとポイントに戻りシャッターを押す作戦。


名称未設定-7070311-2





名称未設定-7070316-3





名称未設定-7070321



このスタスタ作戦をしないとこうなってしまう。(泣)

名称未設定-7070327


参考までにかみさんのスタイル。
カナダでは場所によっては、
息をするたびに蚊を吸い込んでしまうくらいすごい場所もあるようなので、
こんな防虫ネットも売られている。

自分も持っていったのだけど、
視界も悪くなるので使わなかった。


名称未設定-7060215



夜明けの写真を撮った後、
一緒に行ったメンバーが早く家に帰りたいということで、
朝食はお茶とクッキーくらいで軽くすませて7時過ぎにキャンプ場を出発した。


自分は写真を撮りながら行く。
友人たちは駐車場まで蚊を振りきってまっしぐら。(笑)

かみさんたちは例によって例のごとく遅いので、
また、自分は一人で歩く。

いつも遅いかみさんたちと連絡を取るために、
16Kmまで離れていても通話可能なトランシーバーを持っていくのだけど、
途中の沢で水を飲もうとかがんだ時に、
ザックの胸のストラップにつけてあったトランシーバーが沢に落ちてしまった。

慌てて拾って試しに通話してみたら、
普通に会話出来たので一安心。

10時7分に駐車場着。

そしてかみさんに駐車場に到着したことを知らせるために送信したけど、
どうもつながらないみたいで会話ができない。

水没した直後はまだ会話出来たみたいだけど、
少し時間が経って水没の影響が出てきたみたいで、
向こうの話は聞こえるけど、
こちらから送信できなくなってしまったようだ。

やれやれ、また買わないといけない。



友人たちは先に帰っていった。

自分はこの後かみさんたちを1時間近く待って帰路につく。

しかし、Hwyの途中で曲がるところを見逃し、
違う街まで行ってしまい、
慌てて戻ってくるハプニングもあったけど、
途中のナカスプという町で遅いランチを食べ、
またフェリーに乗って帰ってきた。

家についたのは7時前。

楽しかった今年のバックパッキングも無事終了した。
やっぱり山はいい。




ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ





[ 2015/07/13 05:29 ] Back packing | TB(0) | CM(0)

コカニー・グレーシャー州立公園 2日め #3

山から帰ってきてから金曜日までは35〜36度の暑さが続いていてバテ気味だっったけど、
昨日は午後から少し雨が降り、
余計に蒸し暑くなってしまった〜!?

それでも夜にまた降った雨のお陰で、
今日日曜日の最高気温は23度。
・・・って差が激しすぎる〜。




さて、2日めの夕食後、夕景を期待しながら日暮れを待つ。

雲が多く夕日は見れず、夕焼けにもならず。
でも、いい光は出てたかも。


名称未設定-7060249




名称未設定-7060273-2




名称未設定-7060289-2




しかし、それにしても蚊が多い。

構図を決めたり、露出を決めたり同じ所に立っていると、
自分の周りに蚊が寄ってきてブンブンと飛び回る。

それでシャッターを押すと確実に蚊が映り込む。
何枚無駄にしたかな。


そこで、一度構図などを決めてから少し他の場所に歩いて行き、
またスタスタとポイントに戻ってきて、
間髪をいれずにさっきの設定でシャッターを押す。

こうしないとレンズの前を飛び回る蚊が映り込んでしまうくらい凄い蚊の大群。
カメラを持つ手は刺されまくり。
こめかみのアタリや首の後も蚊に刺されてブクブク。
虫除けスプレーは一時しか効かない。

ホントに参った。

去年のValhallaよりも凄かった。





昼間、2時間も寝てしまったので、夜は眠れないかななど心配していたのだけど、
そんな心配は全く無用で熟睡。

3日目の最後の朝、5時位に起きて写真を撮った。




続く。





ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ






[ 2015/07/12 05:49 ] Back packing | TB(0) | CM(2)

コカニー・グレーシャー州立公園 2日め #2

まずはキャビンのチェックアウトが11時だったので、
先に荷物をパッキングして2日めの宿泊場所のキャンプ場に向かうため、
昨日来た道を少し戻る。

テントを設営後、11時半過ぎくらいにハイキングに出かけた。

9年前に来た時は氷河の先まで行ったのだけど、
今回はハイキングブーツではなく、
スニーカーで来ているメンバーもいたので、
鋭い不安定な岩場の急登を行くのはやめて
氷河が見えるところから少し先にある、
Helen dean Lakeまで行って引き返してきた。


カナダで人気のコカニー・ビールを持って行ったので一緒に写真を撮る。
これはコカニー・グレーシャーから流れ出す水を使って作ったという謳い文句のビールなのであった。


名称未設定-7060181



レイクに付いたあと、
すぐに引き返してキャンプ場に戻ったのが3時前くらいだったかな。

それからビールを飲み、
誰も居ないのでスッポンポンになって湖で泳ぎ、(笑)
汗を流したあとは、
蚊の攻撃を避けるためにテントの中に入って横になっていたら2時間ほど眠ってしまった。


さっき雨がパラパラと落ちてきていたと思ったら、
けっこうな雨雲が南の空にあった。


名称未設定-7060236



そしてのんびりした時間を過ごしたあと夕食。

名称未設定-7060217-2


山の中では熊よけのため、
テントサイトから少し離れたところに食料を入れておく鉄のコンテナーがあり、
そこのそばにクッキング専用の場所がある。

ここの場合はこのでかい岩がクッキングテーブルの替りになっていた。

ウチの夕食はビーフ・ストロガノフ。
山用の乾燥食料だけど結構美味しい。

ちなみに昨日は日本から買った尾西のアルファ米とククレカレー。



名称未設定-7060220



この日も夕焼けに期待したのだがそれほどでもなかった。



続く




ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ





[ 2015/07/11 14:31 ] Back packing | TB(0) | CM(0)

コカニー・グレーシャー州立公園 2日め

昨日は35度で茹だってしまった。

過去2〜3年は過ごしやすい夏が続いていたのだけど、
今年は異常に暑い夏らしい。

周りでも山火事多発中で煙臭い。

暑さとともに山から帰ってきてから店も毎日忙しい。
23度だった山が恋しい。





キャビンで快眠した2日目の朝、
みんなはまだ寝てるので、
朝5時過ぎからカメラを持って周りを散策。


名称未設定-7060154-2





名称未設定-7060113





名称未設定-7060112-2


7時過ぎに帰ってきてもまだみんなのんびりと寝てる。
普通の山小屋と違う感じ。

泊まってる人達もリゾートに居るような雰囲気の人達や、
小さな子供を連れた家族もいる。

このキャビンはこれだけ設備がいいから、
あまり山に親しんでいない人達でも来る気にさせるのだろう。
家族専用の個室もあるみたいだ。

普通に泊まるのも一泊25ドル。
日本円にしたら約2千ちょいというところかな。

キャンプ場も10ドルなのでかなり安い。
カナダ山岳会、やるな。

冬は山スキーで人気なので宿泊するには全て抽選になってしまうらしい。


名称未設定-7060160



名称未設定-7060162





名称未設定-7060164


いつものようにウチの家族は寝坊なので一人で朝食をとる。
友人が起きてきて写真を撮ってくれた。

名称未設定-7060166

設備や居心地自体は大変いいのだけど、
山に来たという感覚からすればちょっと違和感を感じた。

自分にとってはくすぐったいな。


この後、やっと家族や他の宿泊者が起きてきて朝食の準備を始めた頃、
自分は持っていったテンカラ竿を取り出し釣りをしに行った。


この辺りのレイクにはトラウトがいる。
昨日から魚がライズしているのを見ていてウズウズしていたのだ。


釣れたのはオチビサンが2匹。

名称未設定-7060168


喉のところに赤い模様があるところから”カットスロート”と呼ばれる鱒である。

魚に遊んでもらい2匹釣れて十分満足したのでこの後みんなでハイキングに出かけた。



続く。




ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ






[ 2015/07/10 06:22 ] Back packing | TB(0) | CM(2)

コカニー・グレーシャー州立公園 一日目 #2

コカニー峠を超えるとまた気持ちのいいアルパインメドウが現れる。


名称未設定-7050081



上のウェスタン・アネモネのまだ咲いている花。
この花が咲き終わったあと、上の写真のような綿帽子になる。

名称未設定-7050067


緩やかなアップダウンを何回か繰り返しながら歩いて行く。
写真を撮りながら歩いているので、
一緒に行った若い彼らはもう見えなくなり、
歩くのが遅いかみさんは後ろのほうでまだ見えない。

高原独り占め。
いい感じ。

太古の昔から変わらぬ景色が目の前に広がっている。
聞こえてくるのは鳥のさえずりとプレーリードッグの鳴き声だけ。

あとは自分の周りをすご勢いで飛び回る蚊の羽音。
これが実はヒジョ〜にうざったい。

去年のバックパッキングもそうだったけど、
この蚊にはハイキングの間中悩まされ続けた。

虫除けスプレーもすぐに効かなくなる。

一緒に行った友人の娘は蚊のアレルギーがあるみたいで、
かなり大変だったようだ。


それでも歩いている間は蚊もそれほどうるさくないので、
彼女は立ち止まりたくないみたいで、
スタコラサッサと歩いて行っちまったのだ。


夕方の陽射しを浴びたアルパインメドウを流れる小川。

名称未設定-7050085


この時点で6時45分くらい。
あと少しで今日の目的地のキャビンに着く。



名称未設定-7050088


キャビンの前から見た景色。


名称未設定-7050089


キャビンに着いたのが7時20分位だったか。
その後は荷物をおろして夕食の準備だ。
ココのキャビンは調理器具一式が揃っているし、
飲料水も蛇口から出る!水を使える。

もっと驚いたのは、
実はこのキャビンの下に湖からの水を使った水力発電装置があるので、
一年中、こんな山奥なのに電気がある!!

だから冷蔵庫もあるし、
蛇口をひねるとお湯も出る!!

しかも水洗トイレ!
空いた口が塞がらなかった。

居心地が良すぎてどこかのリゾートに来てるようだった。
自分にはちょっとくすぐったい・・・。(笑)


10時以降はクワイエット・タイムということで、
他に10人くらいいた人達はベッドルームに行って休んだみたいだったので、
自分たちも持ってきたビールやワインを飲んだあと、
10時半位にベッドにはいる。

明日は氷河を望むハイキングだ。


続く。





ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ






[ 2015/07/09 06:55 ] Back packing | TB(0) | CM(2)