悠久の時


夜明け前のヴァルハラのGwillim Lake。


DSCF0426-HDR-Edit.jpg

X-E3 18-55

当初はこの構図での朝焼けを期待していたのだが・・・。





自分たちが行ったのと同じルートを行った人の動画があったのでご紹介しよう。








昨日の日曜日は一日中雨だったので、
家でメニュー改定などしてうだうだと過ごす。

最近のカナダの物価の上がり方は尋常ではない。
そのうちバブルが弾けるんじゃないかと思っている。

30年前に日本から来たときは物価が安いなあと思ったものだけど、
最近は家の値段も含めて日本のほうが物価が安いなあと思うようになってしまった。
野菜や魚も値上がりが激しいので、
以前より店が忙しくなっても利益はあまり変わらない気がする。
というわけで値上げしないとやっていけない。
食べ物は確実に日本のほうが安い。



夜は鍋を食べ、その後、ダン・ブラウンの「オリジン」を読む。
実は夏前に読み始めたのだけど、
夏が忙しかったので途中で読むのが止まっていた。

でもダン・ブラウンの本は、
間が空いてもそのまま普通に読み進める。
翻訳者も上手なんだろう。


穏やかな日曜日であった。





今日はクルマに新しいウィンタータイヤを取り付けてくる。
まだ今年は温かいけど、
いつもの年なら雪の便りが届き始める頃だし、
10月に入るとウィンタータイヤ装着でないと走れないHwyが出てくる。
隣町に買い出しに行くときもウィンタータイヤを履いていないと、
法律違反ということになってしまう。

ちょうどスミトモ・タイヤがセールだったようで金曜日に聞きに行ったら、
自分のサイズが4本だけ在庫があった。
滑り込みセーフ。









[ 2019/09/16 07:52 ] Back packing | TB(0) | CM(2)

花とリフレクション



ヴァルハラに行った時の写真から、
花と湖面に映る山のリフレクション。


DSCF0441-HDR-Edita.jpg

X-E3 18-55



今日は昨夜からの雨が続いている。
先週も雨の日曜日だった。

もう秋の長雨が始まったのだろうか?
松茸にはいい雨なんだろうけど。







[ 2019/09/15 09:20 ] Back packing | TB(0) | CM(2)

リフレクション


ヴァルハラの朝のリフレクション。
朝日があたった岩肌が黃金に輝く。


DSCF0447-HDR.jpg

X-E3 18-55





一昨日、休憩時間に20Km自転車に乗った。

その後、自力整体をしていたら、
背骨がポキポキと音がして、
緊張していた背中が弛緩した感じ。
思わず「ふ~っ」と長い息を吐く。

バックパッキングから帰ってきてから、
背中が変な感じだったのがこれで元に戻った。

やはり適度な運動と体操は健康維持に欠かせない。









[ 2019/09/07 06:57 ] Back packing | TB(0) | CM(2)

薄光


先日のヴァルハラ・バックパッキングでのお気に入りの写真。

クッキングエリアで夕食を食べていたら、
山の一部がほんのりと赤く色付いてきたので、
走ってテントサイトに戻り、
慌てて撮った一枚。
7時33分。


DSCF0373-HDR-Edit.jpg

X-E3 18-55


一日の最後に薄く光る夕日にほんのりと染まった山々。
この光はこの一枚っきりで消えていってしまった。
走って行って良かった。
ふ~っ。


ちゃんと撮れているかどうか微妙な色だったけど、
なんとか撮れていて良かった。



今日がおそらく今夏最後の30℃。
まだ浮き輪で川下りを楽しんでいる人が多いけど、
それも明日までかな。








[ 2019/09/06 07:28 ] Back packing | TB(0) | CM(0)

ヴァルハラ州立公園バックパッキング #2


2日目の朝、朝焼けを撮ろうと6時前にテントを出て準備。
夜の間曇っていたせいか、それほどの冷え込みではない。

三脚とカメラを持って歩いていく。
ポイントについて三脚とカメラをセットして朝焼けを待っていたが、
残念ながら朝焼けにはならず。


DSC05157-HDR-Edit.jpg





DSC05166.jpg




少しGwilim Lakeの周りを歩きながらパシャってからテントに戻ると、
ふたりとも起きていたので朝食を食べにまたクッキング・エリアに行く。


朝食はハッシュブラウンとスクランブルエッグにソーセージと野菜が混ざったもの。
あまり期待していなかったのだが、意外と美味しかった。

DSC05167.jpg



今回のフリーズドライフードの中では一番のヒット。



DSC05168.jpg






DSC05171.jpg




この後はテントを撤収し、
ザックをサイトに置いたまま、レイクの反対側の流れ落ちる沢のところまで行きたいということで、
そこまで歩いていった。


DSC05174-HDR.jpg






DSC05180-HDR.jpg

RX100






DSCF0458-HDR.jpg

X-E3 18-55



そこから更に先に行ってレイクを一周し、
テントサイトでザックを背負い、
前日に来たトレイルをパーキングまで戻る。

帰りはほとんどが下りということもあって2時間で着いてしまった。

今までは途中のWicca Lakeのキャンプ場に泊まって、
そこから翌日にココまでハイキングしていたのだけど、
それだと3日かかるけど、最初に一番上まで行って泊まると2日で済む。

以前はカミさんも重い荷物を背負って長い距離を歩くのが嫌そうだったけど、
最近はだいぶなれてきたみたいなので、
次回からは2日で来よう。


駐車場に着いてからはHwyまで戻り、
その後、New Denverという町にあるニッケイ・センターに寄っていく。

ココは第二次大戦中に日系人が強制収容された施設のメモリアルの施設があるので、
Yぷうと娘さんが見たいということで行った。
自分は今回で3回目。


そしてバーノンのM女史の家に着いたのが5時ころ。
ここで夕食をご馳走になり帰宅。


これで今年の夏のイベントは終了だ。
今年も疲れた体に鞭打ってよく遊んだ。

今年の夏も悔い無し!(笑)






[ 2019/09/04 07:45 ] Back packing | TB(0) | CM(0)