カスケード・ハイキング・キャンプ#2


朝5時ころ起きたので、トイレに行ったついでに少しカメラを持ってお写ん歩。

少し歩いたらビジターセンターが在った。
このキャンプ場はいつもバイクでは来て泊まっていたけど、
ゆっくり散歩したことがなかった。
こんな立派なビジターセンターがあったんだ。

そこから少し木道を歩いたらビューポイントが在った。

Untitled


左の方のピナクル・ピークを始めとするピケット・レンジの険しい山々。
1963年まで登山家を寄せ付けなかったそうだ。


8時30頃キャンプ場を出てトレールの入り口までクルマで40分くらい走る。
なんだかんだで歩き出しは9時55分。
最初の予定では一周するのを時計と逆回りで歩こうと思っていたのだけど、
レジスターするところの裏のスタート地点を見逃してしまい、
結局時計回りで歩くことになった。

平らな舗装された道を暫く歩き、
山道へと曲がっていく。(10:10)

Untitled


40分ほど急登を登っていくとFrisco Mountainと左下にRainy Lakeが見えてきた。

Untitled


このあたりからはアルパインエリアのハイキングとなるので景色が雄大。

Untitled





Untitled





峠の頂上から歩いてきたトレイルを見下ろす。
峠の頂上についたのが12時30頃。
ここで雄大な景色を見ながらランチにする。
峠の上でもほぼ無風で暖かい。
でもこの暖かさは後からシャワーが来そうな気配がする暖かさだ。

Untitled



ここはこのあたりで一番の人気コースなのでかなりの人が歩いている。
逆回りで歩いている人たちと沢山すれ違う。



反対側の景色。

Untitled

RX100


この日はにわか雨の予報だったせいか、
雲の表情が豊かでいい感じ。

峠の頂上で360度の展望を堪能しながらランチを食べた後は、
反対側に向かって下っていく。


続く



昨日、家でテントトレーラーを掃除しようと、
中腰でハンドルをくるくる回してテント部分を上げて、
組み立てたらまた腰が痛くなってきた。
これって腰痛持ちの人にはやばいトレーラーかも。

今回の腰が痛いのが始まったのもこれが原因。
マジでやばいなぁ。














[ 2019/07/03 06:23 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

カスケード・ハイキング・キャンプ


カナダ・デーの連休に、
US、ワシントン州のノース・カスケード国立公園に行き、
日帰りのハイキングを楽しんできた。
家を出たのは8時前、隣町のたぬきさんのところへ行く。
一路南下。

Untitled



そして、USの国境を越えたのが12時ころ。

US側の免税店。

Untitled




そこから Winthropという西部劇そのまんまのような街を散策してからキャンプ地へと向かう。


Untitled





Untitled



ガソリンスタンドも渋い佇まいで営業中。

Untitled





そしてノース・カスケードの山々が見えてきた。


Untitled




今宵のキャンプサイトは、ニューハーレムという嬉しくなるような、
まるで日本のキャバレーのような名前の集落のところだが、
それは名前だけである。

初日のディナーは自分たちのサイトでチーズ・フォンデュと白ワイン。

Untitled

RX100


翌日はメインイベントのハイキングがあるので早めの就寝。
と言っても11時前。
山の中でもファンヒーターは良く効き、
カミさんも夜中に暑いくらいだったという。
良かった、良かった。

山の中だけど思ったよりも暖かい。




続く。








[ 2019/07/02 07:24 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

Blind Bay Bluffs


日曜日の朝5時ころ雨が降る音で目が覚めた。
この日はHる子女史とハイキングに行く予定。

そのあとまた寝てから目が覚めたのは7時前。
まだ雨が降っているが、
5時ころのような土砂降りではない。

天気予報では基本的には晴れ。
ただし、にわか雨があるよっていうことなので、
後から晴れてくるだろうと予想して出かける準備をしておく。
もちろん雨の中を歩くことを予想してレインジャケットの上下をザックに入れておく。

いつもはベースボールキャップを被っていくのだが、
この日は雨ににれても大丈夫なハットをチョイス。

9時過ぎにHる子女史がウチに迎えに来る頃には雨は上がっていた。
家を出てすぐに真っ黒な雲が上を覆う。
しかし、40分も走って目的地につく頃には青空が広がってきていい感じになってきた。

歩き出しは大体10時頃。

途中いくつか見晴らしのいいところがあり、
写真を撮りながら歩く。

Untitled

X-E3 18-55


約2時間歩いて見晴らしのいい目的地に着いた。

Untitled

RX100



thumbnail_P_20190623_114908.jpg

Hる子女史撮影。


もっと先に目的地があるのかと思っていたのだが、
その後は急な下りになってしまったので、
これはもう一つの駐車場に行ってしまうぞと言うことでまた引き返した。

最後の方にあるビューポイントでお弁当。
いつもご飯ものはあまり持ってこないんだけど、
この日の弁当は助六セット。

DSC04154.jpg


前の日店のスペシャルが太巻きだったので、
材料がそのまま残っていて簡単だったのだ。(汗)


戻っていくと後半(前半?)はダラダラと横ばいのトレイルが続く。
天気雨もパラパラと降ってきたけど濡れるほどでもない。
家のある方向の空は真っ黒でかなり降っているような感じだった。


駐車場に戻ってきたのは2時15分くらい。
約13Kmで4時間チョイのハイキング。
腰のリハビリにはちょうどいい感じだった。

ハイクから帰ってきて少し腰が重い感じだったのだが、
翌朝起きて少ししたら腰が快調になってきた。

今週末はアメリカに行ってキャンプしてハイキング。
同じくらいの距離なのでいい感じかも。
ただし次は標高差がかなりある。



途中に咲いていたウツボグサ(Self Heal)


Untitled

RX100



ファンヒーターの修理に出してあるテントトレーラーが、
ちゃんと金曜日まで治ってくるのか心配だったので、
電話をかけて留守電にメッセージを残しておく。

夕方電話がかかってきて、
遅くても金曜日までには治るから心配するなと。
こういう電話をちゃんとかけてくるところはいいな。
他のところは多分治るまでかかってこない。

カナダ的にはあまり信用出来ないけど、
気をもんでもしょうがないので天に任せよう。









[ 2019/06/25 07:36 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

Reeves Lake Hike


日曜日の朝9時半にウチを出て、
クルマで5分のパーキングへ。
歩き出しは9時50分。


DSC04001-1.jpg


歩きだして少ししたらArnica(ウサギギク)の群生。

Untitled





今の時期、色んな花が一斉に咲きだす時期なので場所によっては一面のお花畑。

Untitled





いつもは向こうの岩肌の上が頂上ということで、
そこでお弁当を食べて帰ってくるのだけど、
今回はその奥にあるReeves Lakeという湖まで行ってみたかったので、
そこまで脚を伸ばした。

頂上を超えてこんなATVトレールのような道を歩いていく。
林間を歩いていくので蚊が多い。

Untitled





頂上から45分歩いて着いたReeves Lake。

Untitled

RX100


こんな山の上にある湖だけどしっかりと魚は居るみたいで釣りもできるらしい。
実際にライズもあった。

今回は他に二人の釣りをしないH女史とT女史が同行だったので、
釣りはしなかったけど、そのうち釣りをしてみてもいいかも。

ただ一人ではこの距離を歩いて釣りには来ないと思うし、
キャステイングできる場所も限られている。

ここにあった筏に乗ればいいかもしれないが、
蚊も凄い。
リラックスして釣りをする環境ではないかな。


また頂上まで登り返してランチを食べて帰ってきた。
駐車場に着いたのは3時50分。
きっかり6時間。

DSC04062.jpg


H女史のトレッキング用のウォッチによれば歩いた距離は20Km、
アップダウンを何度も登り返したりしたのでトータルでの標高差は約2000mだそうだ。

二人とも健脚なのでほとんど休み時間なし。
止まっていたのは写真を撮るときのみという高速ハイク。

うちのカミさんが一緒だったらどうなっていたんだろう・・・。
また、M女史が一緒だったら花がある度に寄り道で時間も食っていたんだろうな~。(笑)


最近のアウトドア仲間は女性ばかりだが、
みんな健脚で男勝りなので助かる。
海外の田舎にいると日本人と遊ぼうとするとどうしても女性が多くなる。
遊ぶときは育った環境が同じ日本というのは通じるジョークや昔のネタで盛り上がれるし。(汗)

日本との繋がりがある都会や観光地だと男性の就く仕事があるのだけど、
田舎に来てしまうとわざわざ日本人である必要もないので、
極端に日本人男性が減ってしまう。

その点、女性はカナダ人と結婚してどこにでも行くのでどこにでも居る。(笑)
その後、離婚する人も結構多いけど・・・。



今回行ったReeves Lakeは前から一度行きたいと思っていたところだけど、
今回行ってみて感じたことは、
それほど景色がいいわけでもないし、
蚊も多いし、一度行けば次はまた頂上まででいいかなということか。

ただ、一度は行っておいてよかった。

家に帰って、ビールとH女史が日本から買ってきてくれた”七賢”で乾杯。
大変美味しゅうございました。










[ 2019/05/28 07:51 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

雲と木

日曜日にクリフに登った時、
頂上手前にいつも気になる木がある。

今回も雲と絡めて撮った。


Tree and croud

RX100





比較的下の方から頂上まで長い標高の範囲で咲いていたSpring Beauty。

Spring Beauty

RX100


友人の話では、グレイシャー・リリーが咲いているまわりには必ず咲いているということだが、
2年前に登った時は見なかった。
そのかわり、今回見れなかった花々がもっとたくさん咲いていたので、
今回は花の時期がまだ早かったようだ。
ということは今年は花のシーズンが遅いということでもある。



日曜日に息子がタイヤ交換したシビックでバーノンまで買い物に行ったカミさんが、
帰ってくるなり「運転してるとガタガタと振動と音がすごいよ」というのでチェックしたら、
右の前輪のナットが緩んでグラグラ。
しかも一本ナットが緩んで落ちてしまっていた。(怖)

息子にやらせたあと、
友人とビールを飲んでいてうっかりチェックしなかったのだ。
やばいやばい。

メカ音痴の息子だが、一度教えて大丈夫だと思ったのだけど、
始めのうちはちゃんとチェックしないと・・・・。

ゲームのコントローラーしか持ったことがないようなやつだから、
これからはもっといろんなことをやらせていかないと、
家のことも何も出来ないヤツになってしまう。


もっといろんなことに興味を持ってくれるといいんだけどね~・・・。









[ 2018/05/09 05:44 ] Hiking | TB(0) | CM(0)