松茸狩り #2


先週、自分たちがキャンプしながら行ってきた松茸狩りに、
Banffに行っていて参加できなかったカミさんが、
どうしても一回は松茸狩りに連れていけと言うので、
今年2回めの松茸狩りに日帰りで行ってきた。

折しも黄葉真っ盛り。


DSC05488-HDR.jpg





DSC05493.jpg



先週と同じところで松茸発見。

DSC05526.jpg






DSC05523.jpg

RX100



自分はもう松茸は十分採ったので、
発見したものは全部カミさんを呼んで採らせた。
結局、先週の倍くらい採れたか。

これでカミさんも満足したようで、
今年の松茸狩りも終了だ。




[ 2019/10/14 18:33 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

行けなかったハイキング


日曜日のハイキングの行き先はモナシ-レイク。
M女史宅に9時集合で出かけていった。

約一時間後にHwyから折れてトレイルの入り口に向かっていこうとしたが・・・、

DSC04408.jpg




なんと、道が陥没していて通行止め。

DSC04409.jpg




行き先変更を余儀なくされた。
しかし変更後の山はあまり人が行かないところらしく、
トレイルヘッドまで行きつけなかった。


キーファー・レイク

Untitled



仕方がないので、近くのリゾートのある湖を見てから、
バーノンの近くまで戻り、低山ハイクと相成った。

午後3時ころになってようやくハイキング開始。(汗)


DSC04424.jpg



約40分ほど歩いたら、もう頂上に着いた。

DSC04427.jpg

RX100



ここでランチを食べてから、
M女史宅に戻り、ビールとおつまみで夕食。
そのまま飲んでいたら10時過ぎになったので帰宅。

なんか不完全燃焼のハイキングだったけど、こんなこともあるさ。




後からネットで調べたら、去年の5月から道の陥没のため通行止めになったままだった。
この道は以前も陥没して途中で通行止めだったのだけど、
その時はトレイルの入り口から1Km手前だったので、
そこにクルマを止めて歩いていったことがある。






[ 2019/07/15 06:56 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

カスケード・ハイキング・キャンプ#3


ランチを食べてから峠の反対側に向かって降りていく。

Untitled


こちら側のほうが雪が沢山残っている。


左を向くと遠くの山々が見えていた。

Untitled






滑らないように気をつけながら歩いて行く。

Untitled





しばらく行くと、反対側の稜線を登っていた時に見えていたレイク・アンがまた見えてきた。

Untitled




前方の空には黒い雲が広がってきている。
にわか雨の予報が当たりそう。


Untitled





いつもならかなり遅れがちのカミさんも、
今日は少し待っていると追いつく程度。

Untitled





レイク・アンを見てると魚がライズしている。
こういうシチュエーションでフライ・フィッシングしたいね。
そのうち釣りをしに来てもいいな。


Untitled




林間まで降りてきてから、
雨がポツポツ来たけどそれっきり。

駐車場に付いたのが3時05分。
約5時間で12Kmのハイキング。

Untitled





2日めのディナーはタヌちゃんずのサイトで、
ソーセージやビーフ・ブロッコリーを食べながらビールを飲む。
風がかなり強いので雨が振りそうだねと話しながら飲んでいたら、
大体食べ終わる頃本格的に雨が降ってきた。

急いでタヌちゃんずのキャンパーの中に移動。

テントだけだと雨が降ると何もできなくなるけど、
キャンパーがあると中でくつろげるリビング・スペースがあるのがいい。


Untitled

RX100


その後も引き続きビールを飲んでいたけど、
心地よいハイキングの疲れが体を包んできたので、
ビールの後に予定していた赤ワインはパスしてお開きにして、
自分たちのサイトに戻って寝た。

雨は止んだけど、夜のあいだずっと強風が吹いていた。
夜中にトイレに起きて空を見上げたら満天の星。

その後また寝て、朝起きたら風は止み、
快晴の空が広がっていた。


またビジターセンターに山の写真を撮りに行き、
一度来た方向と反対に30分ほど走っていってガソリンを入れてくる。


9時ころにはキャンプ場を後にして帰ることに。

途中のウィンスロップの町でランチを食べ、
カナダに帰国。


家についたのは7時ころであった。

前から行きたかったハイキングに行けて楽しい連休だった。
次は今月末にバイク・ツーリングでモンタナだな~。
ワクワク。







[ 2019/07/04 07:32 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

カスケード・ハイキング・キャンプ#2


朝5時ころ起きたので、トイレに行ったついでに少しカメラを持ってお写ん歩。

少し歩いたらビジターセンターが在った。
このキャンプ場はいつもバイクでは来て泊まっていたけど、
ゆっくり散歩したことがなかった。
こんな立派なビジターセンターがあったんだ。

そこから少し木道を歩いたらビューポイントが在った。

Untitled


左の方のピナクル・ピークを始めとするピケット・レンジの険しい山々。
1963年まで登山家を寄せ付けなかったそうだ。


8時30頃キャンプ場を出てトレールの入り口までクルマで40分くらい走る。
なんだかんだで歩き出しは9時55分。
最初の予定では一周するのを時計と逆回りで歩こうと思っていたのだけど、
レジスターするところの裏のスタート地点を見逃してしまい、
結局時計回りで歩くことになった。

平らな舗装された道を暫く歩き、
山道へと曲がっていく。(10:10)

Untitled


40分ほど急登を登っていくとFrisco Mountainと左下にRainy Lakeが見えてきた。

Untitled


このあたりからはアルパインエリアのハイキングとなるので景色が雄大。

Untitled





Untitled





峠の頂上から歩いてきたトレイルを見下ろす。
峠の頂上についたのが12時30頃。
ここで雄大な景色を見ながらランチにする。
峠の上でもほぼ無風で暖かい。
でもこの暖かさは後からシャワーが来そうな気配がする暖かさだ。

Untitled



ここはこのあたりで一番の人気コースなのでかなりの人が歩いている。
逆回りで歩いている人たちと沢山すれ違う。



反対側の景色。

Untitled

RX100


この日はにわか雨の予報だったせいか、
雲の表情が豊かでいい感じ。

峠の頂上で360度の展望を堪能しながらランチを食べた後は、
反対側に向かって下っていく。


続く



昨日、家でテントトレーラーを掃除しようと、
中腰でハンドルをくるくる回してテント部分を上げて、
組み立てたらまた腰が痛くなってきた。
これって腰痛持ちの人にはやばいトレーラーかも。

今回の腰が痛いのが始まったのもこれが原因。
マジでやばいなぁ。














[ 2019/07/03 06:23 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

カスケード・ハイキング・キャンプ


カナダ・デーの連休に、
US、ワシントン州のノース・カスケード国立公園に行き、
日帰りのハイキングを楽しんできた。
家を出たのは8時前、隣町のたぬきさんのところへ行く。
一路南下。

Untitled



そして、USの国境を越えたのが12時ころ。

US側の免税店。

Untitled




そこから Winthropという西部劇そのまんまのような街を散策してからキャンプ地へと向かう。


Untitled





Untitled



ガソリンスタンドも渋い佇まいで営業中。

Untitled





そしてノース・カスケードの山々が見えてきた。


Untitled




今宵のキャンプサイトは、ニューハーレムという嬉しくなるような、
まるで日本のキャバレーのような名前の集落のところだが、
それは名前だけである。

初日のディナーは自分たちのサイトでチーズ・フォンデュと白ワイン。

Untitled

RX100


翌日はメインイベントのハイキングがあるので早めの就寝。
と言っても11時前。
山の中でもファンヒーターは良く効き、
カミさんも夜中に暑いくらいだったという。
良かった、良かった。

山の中だけど思ったよりも暖かい。




続く。








[ 2019/07/02 07:24 ] Hiking | TB(0) | CM(2)