バンフ・キャンプ #2


2日めの朝、5時ころに起き出して撮りに行った写真で今回一番のお気に入り。
現地では一時間時差があるので5時だけど、
ここの時間では4時だ。(汗)

Mt, Lawrence Grassiに当たる朝一の太陽光線。

First light

X-E3 50-230



この山があるキャンモアから19Kmくらい離れていたから、
結構遠くの方で小さかったので、望遠を一杯伸ばして撮った。
解像感はイマイチ。


サイトに戻るときにハードマウンテンを木の間からパシャる。
上の方がハートの形をしている。


Untitled


自分たちが帰ってきた翌日の21日、
ここをハイキングしていた(日本的言うなら登山か)21歳の男性が20m近く滑落して亡くなってしまった。
ご冥福をお祈りいたします。



昨日の午後、この町にあるRVショップにヒーターのことを聞きに行った。
ここでは小さなFRP製のキャンピングトレーラーを製作販売しているだけではなく、
色んな種類のキャンピングカーの修理もやっている。

実はここのオーナーのマイクは、
自分が昔持っていたトラックキャンパーを修理に持っていったところで働いていた人だった。
向こうも自分のことを覚えていてくれた。

教えてもらったことを家に帰って試してみたら、
難なくヒーターは作動。

キャンプサイトで一生懸命いじっていたのは冷蔵庫の方だったという事実。(汗)

自分が以前持っていたキャンパーは70年代製。
今回のは99年型ということでちょっとやり方が違っていたようだ。

それとバッテリーを冷蔵庫の方で使い切ってしまっていたので、
ヒーターのファンが作動しなかったこともある。

バッテリー・チャージャーを繋いで充電しつつ、
ヒーターのサーモスタットを入れたら普通に作動したので一安心。

次にヒーターを使う寒い時期のキャンプは秋かな。









[ 2019/05/22 07:44 ] RV | TB(0) | CM(0)

バンフ・キャンプ

古いテントトレーラーを一週間前に買って、
はじめてのキャンプに行ってきた。

土曜日の10時半ころ家を出る。
道中は雨が降ったりやんだりの繰り返しだったけど、
時々薄日が差す。

バンフの先30分くらい先に行ったキャンプ場に着いたのは4時近かったかな。
一時間時差があるので現地では5時くらい。

苦労してトレーラーをバックでサイトに入れて設営。

set up


着いたことを連絡したら、
すぐにバイク友達が二家族やってきた。

dinner.jpg


まるで冬のような気温の中でおでんや、うどん、チーズフォンデュなどを食す。

寒いので彼らはワインと日本酒を飲んで帰っていった。

自分たちはヒーターを点けようとしたが、
使い方がよくわからなかったので、
キャンプ用のポータブル・ヒーターで温める。

キャンプ場に着いてからは雨は降らなかった。



早く寝たので朝早く起床。
ふと外を見ると東の空がピンク。

Untitled

X-E3 18-55



急いで起きて写真を撮りに出かけた。
テントの中でゴソゴソと這い出して着替えて、
またゴソゴソと靴を履いてテントから出るより、
トレーラーだと出かけるのが楽。(笑)


一時間くらい撮って帰ってきてから撤収作業。
ホントは一泊だけで教会に出たあと帰宅する予定だったのだが、
日曜日の夜にも何か教会のイベントがあるらしく、
それにも出たいというので急遽、数日前になってキャンセルを探したら、
バンフの町中のキャンプ場が大きいのでキャンセルが出た。

なのでこの日は教会の礼拝に出たあと、
そちらのトンネル・マウンテンのキャンプ場に移動する。


バンフの教会の駐車場にはトレーラーを引っ張っていっては止められないので、
町外れの方の路上に止めて、
教会まで10分くらい歩く。

教会が終わったあと、ラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べ、
少し写真を撮ってから2時からのチェックインなのでキャンプ場へ。
バンフにもラーメン屋さんができたのが嬉しい。


Untitled



設営をしてたら時間がたったので、
カミさんを友人宅まで送り届け、
その後少し散歩。


実は連休中の国立公園内のキャンプ場では禁酒、禁マリファナ。
マリファナも合法となったカナダでは、
禁酒だけではなくて禁マリファナというお達しも付くようになった。(笑)

カミさんもいなくなるので「Mちゃんのところで飲んでたら?」ということで
散歩の後はMちゃん宅へと飲みに出かけたのであった。

そこでは元号改正記念の伊丹酒造の老松「令和」というお酒があった。
ちょうど日本に帰っていたMちゃんが日本から買ってきたのを振る舞ってくれた。

作ってくれた手作りのおつまみも全て美味しく、
二人も乙姫様もいるのでまるで竜宮城。
玉手箱も開けていないのに、
あっとゆ~まに時間が過ぎ去り、
夕焼けも撮らず、日付が変わってからキャンプサイトに戻る。

晴れていたせいかこの日の夜のほうが寒かったかも。
自分はなんともなかったけど、カミさんは寒かったと言っていた。

ヒーターをチェックしてもらって使い方も教えてもらわねば。(汗)
なんせ今回は時間がなかったし・・・。








[ 2019/05/21 06:21 ] RV | TB(0) | CM(2)

キャンプだホイ



昨日の休憩時間にテントトレイラー用のバッテリー買ってきた。
付けてみたらすぐに中のライトなどが点灯。

時間がなかったのでガスヒーターや冷蔵庫は確認していないが、
これは現地で組み立ててから試してみよう。
もし作動しない場合に備えて、ポータブル・ガス・ヒーターとクーラーは持参。

今朝はここは雨が降っている。
Banffの予報も雨で、最高気温が8℃。寒っ。
明日は晴れの予報だが11℃。
この辺は明日は20℃なので気温差が凄い。

やはりロッキーは寒いのだ。
昔はよくそんな寒いところに住んでいたなぁ。(笑)
今はBC州から引っ越そうと思わない。
遊びに行くところだ。(汗)

帰りは月曜日。
3日休みがあるとゆっくりできる。
いつだと土曜日仕事が終わってから仮眠して、
朝方3時ころ出かけて行き、
礼拝が終わったあととんぼ返り。

でも体力的にきつくなってきた。
土曜日仕事が終わるのも9時くらいなのも辛い。

土曜日休んで行くことにする。
そのためのテントトレーラー。
天気もあまり気にする必要もない。
安いボロだけど頑張ってもらおう。


りんごの木の満開もそろそろ終わりか。
道端にたくさんある野生のりんご。
最初の頃カナダにこんなところがあるとは思わなかった。


Untitled

RX100



では、行ってきま~す。











[ 2019/05/18 07:44 ] RV | TB(0) | CM(0)

満開終了


蒲公英の満開の時期が先週末で終了したようで、
今週は綿帽子が目立ってきた。

こちらは土曜日の満開のとき。

Untitled

RX100 




毎年今の時期に思うのだけど、
日本のブログだと桜などでかなり引っ張っている人達が多いが、
蒲公英でここまで引っ張っている人はいないだろうと変な誇り。(笑)

このあと綿帽子も続く予定。(汗)



予報通り今日は雨。
週末に掛けて雨続きみたいだ。

バンフでは土曜日一泊して帰ってくる予定だったけど、
日曜日の夜も教会のイベントが有ることがわかったようで、
そのため日曜日の夜も泊まりたいというのでキャンプ・サイトを探したら、
連休寸前で結構キャンセルもでてるみたいで、
意外と簡単に抑えることができた。

実は土曜日の夜のサイトを探したときはなかなか見つからなくて、
バンフよりもカルガリーよりに30分ほど行った州立公園のところを抑えた。
しかも最初に予約したところはウォークインと言ってクルマでアクセスできないサイト。
ほんのちょっとだけどクルマは離れたところに止めなければならない。

その直後にテントトレーラーをゲットしたので、
更に少し離れた違う州立公園で予約を取り直した。


そのテントトレーラーもまだ調整が全部終わっていないのだけど、
まずはプロパンタンクを取り付けた。

バッテリーを取り付けようとしてその前に充電したら、
翌日にはもう充電した分がスッカラカン。
どうもご臨終のようなのでバッテリーを買ってこないといけない。

あとはこれが一番面倒なのだが、
組み立てたときにドアの部分にマジックテープで止める部分がピタッと合わない。
一応くっつくのだけど、
このままだとドアとキャンバスの間にちょっとした拍子に隙間が空いてしまう。

どうもベッドの下の板を交換したときに、
金具の取り付けが微妙にずれているみたいで引っ張られすぎ。
これをアジャストしないといけないが今回は時間がないので、
とりあえずテープでも張って凌ごう。

買ってきた日に自分で組み立てて、
意外とボロいのが判ってちょっとがっかりしていたけど、
それが終わればとりあえず十分な働きはしてくれるだろう。
年間の稼働回数を考えればこれくらいの値段で十分だ。



昨日デイブから電話があって、
スプG のオイルシール交換も終わったようなので午後から引き取りに行ってくる。







[ 2019/05/16 06:27 ] RV | TB(0) | CM(0)

ポップアップ



昨日も最高気温28℃で晴れ。
そんなビューティフル・サンデーに、
前から探していたテントトレーラーをケローナから買ってきた。
99年型とかなり古いけど、
写真が売れたお金を元手にして買える程度のものと言うとこれくらいのものになる。
70年代のものでもこれよりはるかに高い値段で売られていることを考えると、
そこそこの買い物だったかなと思う。

Untitled


家に帰ってから改めて自分で組み立ててみると、
写真ではそこそこ綺麗に見えているけど、
実際のボロさ加減がよく分かる。(汗)

ちなみにホイールベアリングは去年の6月にグリースアップしている。


Untitled

RX100



それにしても、
今の時期の安いテントトレーラーの中古市場の売れ行き具合は半端じゃない。
ネットに売りに出すと平日でも2日で売れてしまう。
それが週末だと数時間。(汗)

このトレーラーも昨日の朝、
売りに出たのを偶然発見して、
すぐにコンタクトを取ったおかげで、
一番乗りだったので買うことができた。

自分のあとにすでに4人の順番待ち。
凄い状況。

秋のほうがじっくり選べるのだろうが、
春先のほうが売りに出る数が多い。


自分は10年前にトラックを持っていて、
それに載せるキャンパーを持っていたのだけど、
トラックを売ったので、それも使えなくなったから売った。

003_20190513224255623.jpg



今回も最初はこのトラック用のキャンパーを、
バイクを運ぶトレーラーに載せようと目論んでいたわけだが、
自分のトレーラーでは小さくて、
ヒッチの部分を延長するバーを付けても、
前の部分の出っ張りがSUVの後部に干渉してしまうことが発覚して断念した。
それが先日のプロジェクト中止と書いたことだった。

今回買ったテントトレーラーは、比較的軽くて、
小さなものだと乗用車でも引っ張ることができるし、
たたむと小さいので収納時も場所を取らない。
帰ってきてからバックで駐車場に入れなくても、
まっすぐ入ってきて、
トレーラーを外して人力で押して仕舞える。

こういうことからも人気が高いみたいだ。
でも、毎回組み立て、収納をするので古くなってくると、
キャンバス地から雨漏りが始まったり、
窓の防虫ネットの部分が穴が空いたりと不具合も多い。

昨日買ってきたものも例外ではなく、
こういう不具合もあるのだが、
とりあえず使ってみて数年後にアップグレードしようと思う。


以前持っていたトラックに載せるキャンパーは、
ハードウォールで組み立てもなく手軽なのだが、
個人的には中に居ると閉塞感を感じてしまい、
息苦しくなって落ち着かない。
なので、以前キャンプに行くと、自分は別にテントを張って寝ていた。
(キャンピングカーの意味がないって。(笑))

このテントトレーラーだとソフトウォールなので、
中にいても外の空間の広がりを感じるし息苦しさが無い。
せっかく自然の中にキャンプに行くのだから、
自分はこちらのほうがあっているようだ。

これからの季節かみさんを連れて毎月バンフに行くので、
これを使っていろいろとキャンプをしようと思う。
朝焼け・夕焼け撮影の幅も広がるはず。

そしてもっと写真、カレンダーを売って次のテントトレーラーの購入資金を貯めよう。







[ 2019/05/13 07:03 ] RV | TB(0) | CM(4)