虹とハナダイコン



日曜日の夕方出た虹とハナダイコンのコラボ。



DSCF2570-Edit.jpg

X-E3 XC15-45



この写真を撮った後、虹はス~ッと消えていった。



昨日はテントトレーラーのバッテリーを買ってきた。
去年の秋に買った中古のテントトレーラーは、
全体的な程度はいいのだけどバッテリーがほとんどご臨終状態。

今週末に使うので、他にもいろいろとチェック。
冬の間ヘビーデューティのタープをかけておいたので、
氷雪による雨漏りもなくいいコンディションのまま。

久しぶりにテントトレーラーを開けてみた。
室内のRV特有のニオイを嗅ぐと、
今年もこの季節が来たかと嬉しくなる。

去年の秋にこれを買った後、
一回だけ使ったときは冷蔵庫は使わなかったので、
動作確認の為に家庭用電源に繋げて冷蔵庫のスィッチを入れておいた。


DSC06536.jpg

RX100


走っているときはトレーラーのバッテリーも充電されるのでそれを使い、
そして現地について電源がないときはプロパンガスで作動する。
今まではクーラーを使っていたけど、
これがあれば氷の心配もいらない。

後で冷え具合をチェックしてみよう。



今、BC週の一日の新規コロナ感染者の数はかなり低い数字が続いている。
10人とか20人くらい。
死者数はゼロが続いているようだ。

それを受けて、今月下旬か来月くらいにはフェイズ3に移行する予定みたいだ。
そうなると相変わらず、ソーシャル・ディスタンスは保たないと行けないが、
ほとんど以前と変わらない状態に戻り、50人以上の催し物だけが禁止ということになる。

ただ、アメリカの北西部ではかなりの数の感染者が未だに出ているので、
アメリカとの国境は当分オープンしない模様。
鎖国は続くということだ。
でも、北の方のアラスカとの国境はどうなっているんだろう?

レストランは相変わらず元の席数の半分ということなので、
オープンしているところは少ない。
消毒に手間がかかるので、レストランによっては消毒用の人を採用しないと行けない。

ウチはテイクアウトのオーダーが多くて、
消毒の方まで手が回らないし、
消毒用に人を雇う余裕もないので、
このまましばらくはテイクアウトだけで行こうと思う。






[ 2020/06/09 06:05 ] RV | TB(0) | CM(2)

タイニー・ハウス



先日自転車でMable lakeまで行ったときに、道の脇にこんなトレーラー・ハウスがあった。


DSC06439.jpg

RX100




最近こちらのネットでよく見かけるタイニー・ハウスだが、
必要最小限の空間で、経済的にも自由に生活しようと言う感じなのかな。

うちのかみさんもこういう家に住まわせて、
断捨離の練習させたいところだが、
超ド級ハイパークラスに頑固なかみさんの場合だと、
庭中がガラクタで溢れてしまいそう・・・。(泣)

今回トイレット・ペーパーの売り切れでも全く困らなかったのはいいとしても、
どれだけ在庫を持ってるんだというかんじだ。

おそらく、色んなものがキャンプ場のグロサリーよりは在庫があるはず。

昔はきれいなカッコいい山小屋風の家に住みたいという夢もあったが、
結婚して5年くらい経ったあたりから、
どんなに素敵な家に住んでも、
家の中は倉庫状態になってしまうことがわかったので、
家に対する執着をすっかり捨てられたので感謝するべきかも。(汗)


その御かげで家に住むためだけにローンを払っているのが馬鹿くさくなり、
今の住居兼店舗という形態に換えた。
これだとローンの殆どが店舗用で、
住居は2階の少し狭い部分なのでまだなんとか納得がいく。

相変わらず2階の廊下の片側部分には、
トイレットペーパーやティッシュ・ペーパーが壁を作っている。
戸棚の中はカットバンやら、ハンドクリームやら、
歯ブラシやら何から何までが売るほどぎっしり詰まっている。

それでも一階の店舗部分は流石にそんなことはなくスッキリしているので、
自分の精神的にもなんとかバランスは取れている。


自分で選んだ妻なので、
今生ではなんとか頑張って添い遂げるつもりだが、
次回生まれてきたときは絶対近づかないようにしよう。(キッパリ!)






[ 2020/04/24 06:45 ] RV | TB(0) | CM(2)

松茸キャンプ #2



朝方、トイレに行くためにトレーラーを出たら満天の星。
天の川もはっきり見えていた。

ただ、雲が全く無くなっていたので朝焼けは無いなと朝寝。

7時過ぎてトレーラーのベッドの脇のチャックを開けると、
快晴だがやはり朝焼けはなし。

それでも朝のきれいな景色の中でお茶を飲みたくなったので、
ぬくぬくと温かいトレーラーから、
キリッとしまった朝の空気の中に出る。


DSC05414.jpg



お湯を沸かしてお茶を飲む。
それからキャンプ場内を散歩。


DSC05417.jpg

RX100




DSCF0700-HDR.jpg

X-E3 XC50-230





DSC05426.jpg






DSC05425.jpg






DSC05427.jpg






DSC05428.jpg



一周りして帰ってきたら、お腹も空いたので、
朝からカップラーメンを食べる。

友人たちは昨夜の鍋の残りもの。

そしてトレーラーをたたんで待っていたら、
日帰り組の友人たちがやってきて合流。


DSC05431.jpg



本来、キャンプ場のチェックアウトタイムは11時なのだけど、
誰も来ない時期なので、
松茸狩りに行っている間置かせてもらうことにして10時くらいに出発。


昨日と打って変わって日本晴れ? の空の下、
松茸を探して苔むした森の中を歩く。


DSC05451.jpg


1時間半くらいやってみんなそれなりに取れたところで、
場所を移動する前に腹ごしらえ。


DSC05441.jpg



クルマの後ろの部分が凄いことになっている。(汗)



DSC05440.jpg



そのあと場所を変えてまた少し採り、
2時過ぎにフェリーが再開されるので、
それに乗って帰る。

この小さなフェリーは、最初に乗ったフェリーと違って、
12時15分から2時15分まではお昼休みで動かない。(笑)

乗ってる時間も5分くらいの小さなフェリーで、
地元の人の渡し船、はしけ?のような存在。

お昼時間は動かなくても全く問題はない。

おそらく今の松茸の時期だけ利用者が増えるんだろう。
それでも1台か2台しか乗らないことがほとんどだけど。
誰も来ないときは動かない。(笑)

フェリーが出てすぐにクルマが着いたら、
戻ってきてくれるというなんともヒューマンチックな運営。
それでも公営なので問題なしだ。



帰りにまたキャンプ場に寄って、トレーラーを連結し、
最初のフェリーに向けて走る。



6時半ころバーノンの友人たちを降ろし、
自分の家に着いたのは7時ころ。

こうして楽しい松茸狩りは終了したのであった。
松茸自体はそれほど沢山採れなかったけど、
この他にシャンテレール(アンズタケ)がたくさん採れた。
こちらのほうが料理のつぶしは効くので、
バターソテーやパスタに入れたりして楽しむことができる。

当分の間、すべての料理にきのこが入るきのこづくしの食事が続く。


DSC05460-2.jpg

RX100



この時、Banffの教会に行っていたかみさんが、
松茸狩りに行きたがっているので、
来週の月曜日のサンクスギビングデーに、
また日帰りで行ってくることになりそう。(汗)








[ 2019/10/08 07:00 ] RV | TB(0) | CM(2)

松茸キャンプ#1


土曜日の昼頃から友人宅に集合し、
松茸狩り兼キャンプに行ってきた。


急遽キャンプ泊まりに決まったので、
来年の春にやればいいかなと思っていた、
ホィールベアリングのグリスアップを、
金曜日に無理を言って、
いつもお世話になっているカーショップのシェーンに頼んでやってもらった。

前のオーナーは、いつやったか覚えていないと言うので気がかりだった。

トレーラーの管理の中では重要なホィールベアリングのグリスアップ。
これをやっておかないと、
走っているときにベアリングが焼き付いてしまって走れなくなる。
これで不安なく走っていける。



出かけるときは快晴だったのに、
現地に近づくにつれ雨が降ったり、
また晴れたりの不安定な天気。
フェリー乗り場に着いたときは土砂降りだったけど、
待っている間にすぐに止んだ。


DSC05393.jpg



フェリー乗船中。

DSC05395.jpg



ちょっとヒッチとの高さが合っていないみたいで、
トレーラーの前部が少し下がっている。
以前のヒッチバーがちょっと高すぎたので、後ろのほうが少し下がっていた。
そこで今回ヒッチバーを替えたのだが、
今度は低くなりすぎてしまったようなので、
次回は上下を逆さまにして使ってみよう。

フェリーを降りたら20分ほどでキャンプサイトに着いて、
トレーラーをセットアップし、
自己申請で登録したあと、
また少しクルマで走り、
もう一つフェリーを乗って着いた先で
4時過ぎから松茸狩り。

去年採ったあたりではじめるとあったあった。
かわいい白い松茸。


DSC05403.jpg



1時間ちょいでかなり採れたので、
その後温泉に行く。
日本と違って水着着用の温泉だけど、
硫黄の匂いもするちゃんとした温泉だ。


温泉でしっかり温まって、暗くなってからキャンプ場に戻り、
採ってきたばかりの松茸を入れた松茸鍋。


DSC05407.jpg



飲めや食えやの宴会。


DSC05411.jpg


その後少し冷えてきたのでトレーラーの中に移動し、
引き続きの宴会。

今回は電源付きのサイトに泊まったので、
ヒーターを使うことでバッテリーが切れる心配もなく、
もう一つの電気式のファンヒーターも持っていったから、
外は冷えてきても中はぬくぬくと快適。


DSC05398_20191007235856ae8.jpg

RX100

11時くらいになって食料をクルマに移し、
クマが寄ってこないようにしてから就寝。

この日、キャンプ場に泊まったのは結局自分たちだけだった。
完全貸切。

静かな夜。



続く





[ 2019/10/07 08:01 ] RV | TB(0) | CM(2)

朝日に光る霧



先日は雷雨があった夜の翌朝ということもあって、
珍しく山に霞がたなびく光景を目にすることができた。

朝焼けを撮った後、
太陽が登ってきて、霧を光らせていたところをパシャる。


DSCF0562-Edit.jpg

X-E3 XC50-230




昨日、テントトレーラーが売れた。
リスティングして一週間。
RVの中古の売れ行きは凄まじい速さ。


自分たちのキャンプスタイルにあっているかどうか、
トライする意味もあって、
春に安いものを買ってみたのだけど、
結構自分たちのスタイルにあっているみたいだったので、
夏が終わり、みんな再び売り始める時期を見定めて、
少し程度のいいテントトレーラーと入れ替え。

春先は選んでいる時間がないくらい動きが凄まじいけど、
秋はまだ少しは選んでいる時間がある。

今度のものは1オーナーが新車から19年間使っていたものだ。
ここ4年間は子どもたちが大きくなって、
家族でキャンプをしなくなって使っていなかったと言うことだった。
今までのものよりちょっと重いけど、
当分使っていけそうな程度の良さ。


ただ、それを手に入れた直後に、
一番欲しかったAフレームというタイプのものが近場で売りに出たので悩ましい。
値段も手頃。
これだと一生モノなんだが・・・。











[ 2019/09/10 08:14 ] RV | TB(0) | CM(2)