有朋自遠方来 不亦楽 2019


去年の春は4月の下旬にやってきたバンクーバーのN氏。
暖かくなるとその機を逃さず現れる。
今週は木曜日から27℃くらいになるので、
そのあたりかなと思ってはいたけど、
それよりも早くやってきた。

いつものようにワインと寿司を食べてとんぼ返り。
帰りは自分が日曜日に走ったWestside roadをクネクネして帰ると言ってたけど、
9:15頃に無事帰宅の連絡があった。

当年とって73歳のN氏は今年も元気だった。
ただ奥方が乳癌の恐れもある、
しこりの摘出手術を受けたらしいので、
早期の回復をお祈りしておこう。


59714167_10219329895944775_530111144577204224_o.jpg



N氏が帰った後、
スプGをトレーラーに積んで35Km離れたSicamousの主治医のデイブのところまで運んでいく。
Fフォークのオイルシール交換がメインなのだけど、
ついでにいろいろとチェックしてくれるというのでいくつか細かいことも頼んできた。
カウリングを交換した際にボルトも一つ足りなかったのだけど、
メトリックのネジなので、隣町まで行かないと在庫がないのでそれも頼んでおく。




夜は週末並みの忙しさ。
気温が上がってきて店が忙しいときは、
息子は食欲がなくなるようで、
これからは晩飯抜きの日が増えるかも。
昨日は夜中にざるそばを食べていたようだが。



Untitled

X-E3 18-55



上は逆光に光るArrowleaf Balsamroot。





[ 2019/05/08 07:51 ] Bike | TB(0) | CM(2)

Silk 700S


久しぶりにバイクネタ。

自分は中学生の頃、73年にバイクに興味を持ち始めた。
なぜ具体的に覚えているかと言うと、
その年から月刊モーターサイクリスト誌を買い始めたから。

そして増刊号が出るたびにそれも買っていた。
そのうち月刊オートバイや、ヤングマシンなども買うようになり、
新しく創刊されたミスターバイクなども買うようになった。

あの頃はお小遣いをほとんどバイクの雑誌に使っていたかな。
そして長い間全部保管していた。

というわけで、自分では世界中のバイクはほとんど知っていると思っていた。
詳しく知らなくても、名前を聞いたり写真で見て姿形をわかっていたり。

先月バンクーバーのN氏より雑誌の切り抜きが送られてきた。

N氏が言うには、
英国のほとんどのバイクは知っているつもりだったけど知らないバイクがあったと。

記事を見たら、自分も全く聞いたこともないバイクだった。

この頃、モーターサイクリスト誌の年に一回の増刊号で、
世界中のバイクの写真と簡単な仕様諸元を書いた本が売りに出て、
当然それも毎年買っていたわけだが、
それでも覚えていない。


SILK 700S 1978年型

1200px-SILK_700S_01.jpg

Wikipediaより拝借。


なんと水冷2ストロークの2気筒。
英車で2ストロークというのも珍しい気がする。

自分が大学時代に乗っていたスズキのGT750も水冷2ストロークだったけど、
あれは3気筒で重量約250Kgの重量級。
このSILK 700Sは排気量は100ccしか違わないのにたったの140Kgだと。
超軽量級。


ちょっと乗ってみたい気もする。

でも、自分が2ストロークのGT750 に乗っていたのにもかかわらず、
あまり2ストロークのエンジンは好きではない。

確かに同じ排気量ではパワーが出るのだろうが、
あの音と煙、そして後ろを走っていると飛んでくるオイルの飛沫。
あれがイマイチ好きになれないんだなぁ。

GT750は水冷だったせいで、
エンジンフィンの共鳴する2スト独特のギャンギャン言う感じがなかったので乗っていれた。

1980年ころの自分とGT750

IMG_0002_20181207012732642.jpg


大学時代行きつけだったバイク屋の裏で。
普通の古い民家を使ったバイク屋だったので、
一見、とてもバイク屋には見えないが、
自分の後ろにGX750 も見えている。
ドラム缶はオイル交換をしたときの廃油入れ。


やっぱり4ストの重厚な排気音が好きだったね。



今朝は久しぶりに晴れでマイナス6℃。
薄っすらとだが、朝焼けが出たのでパシャリに行ってきた。
これから晴れると朝焼け夕焼けが綺麗な時期。






[ 2018/12/06 09:08 ] Bike | TB(0) | CM(0)

テントガレージの外側交換

2~3年前からなんとかしようとしていた、
今年の秋で9年目になるバイク用テントガレージ。


DSC01720.jpg


去年の夏にハードウォールの小屋を買ってはいたのだが、
基礎をつくるのが面倒で友人に譲ってしまった。

で、自分はテントガレージの外側のテント部分のリプレースをゲット。

日曜日に何故かやる気が起きたので朝からやってみた。(笑)

最初は関係ないけど家の前の花壇の草取り。
それをやってから、テントガレージ内のバイクやMTB、タイヤなどを外に出す。

9年の間にやれはてて穴だらけ。
雪や雨が侵入するだけではなく鳥や虫や猫なども侵入する。


DSC01721.jpg






DSC01722.jpg


中のものを全部出してから、
少し前からせり上がってきた床下のチェック。

石かなんかが冬の寒さで地面が凍ってせり上がってきてたのかと思ったけど、
はたしてその正体は成長してきた木の切り株であった。

その部分を斧で削り、平にしてからまた床板を敷く。

DSC01724.jpg



それから外装剥ぎ取り。

DSC01725.jpg




息子に手伝ってもらいながら新しい外装を取り付ける。


DSC01726.jpg


最後に外に出しておいたバイクやMTB、タイヤなどを戻して出来上がり。
土曜日の朝にケローナの友人のところからもらってきた机を部品置き場として搬入。
整備中に工具とかを置くところもなかったのでちょうどよかった。


DSC01727.jpg


文にしてしまうと簡単だけど、これでも3時間近くかかったかな。
これで鳥にシートを突っつかれて穴が開くこともないだろう。

これが終わったのがちょうど昼頃だった。
このあとたぬきさんとMTBに行った。








[ 2018/06/25 17:06 ] Bike | TB(0) | CM(0)

XS650

Banffから友人が冬の間にレストアしたXS650でやって来た。

自分も日本で73年のTX650 Ⅰ型に乗っていたのでこのバイクの良さはよく分かる。

マフラーがテーパーコーン型に変えてあったけどジェントルで品のある良い音だった。


DSC01465.jpg


カナダのトロントにXS650専門のサイトが有るようで、
消耗品などはリプロ製品なども豊富にあるので人気のほどがわかろうというもの。


シートも平らなものに自作し、アメリカンから普通のバイク仕様に変更している。

このエンジンの造形美はトップクラス。
美しい。

大学時代、なぜかもう一つあったエンジン単体を部屋に飾っておいたこともある。



DSC01468.jpg



昨日の夜は1時過ぎまでバイク談義。
楽しい時間はあっとゆ~ま。

今朝は自宅へと向けて走っていった。


DSC01469.jpg

RX100


お気をつけて~。



今日は昼ころからBanffに向けて出発。
天気も良さそうなので良かった。

行ってきま~す。






[ 2018/05/19 08:54 ] Bike | TB(0) | CM(0)

有朋自遠方来 不亦楽 2017 #2

先月に引き続き、
バンクーバーからN氏がやってきた。

ここのところめっきり涼しくなってきて、最高気温も15℃くらいだったのだけど、
今週だけ金曜日まで20℃超え。

こういうチャンスは逃さずしっかりとモノにするN氏。


P9270001.jpg


9月に入り日没も7時くらいと早くなってきたので、
N氏の登場もいつもより早め。

寿司を食べてサクッと帰路に。


P9270002.jpg


今年はさすがにこれが最後かなぁ。

また来年、お待ちしております。





昨日の休憩時間にMTBに乗った時に見つけた数少ない紅葉。


Autumn leaves and cliffs

E-PM2 14-42EZ



いつもより黄葉、紅葉が遅いけどだんだん周りが秋色に変わってきた。
あと2~3週間するとうちのメープルの落ち葉拾いだなぁ~。





[ 2017/09/28 20:41 ] Bike | TB(0) | CM(0)