Last off track ski

日曜日に行ったオフトラックのXCスキーがおそらく今期最後。

気温はマイナス2℃だけど快晴の春の日差しを受けてスキーの下にべっとりとくっつく雪。
それでも日陰のところは雪もつかずに快適に進むことができた。


P3190044-2.jpg






P3190053-2.jpg






P3190059-2.jpg




今回行ったコースを順番に。


P3190029.jpg


最初はスノーシューとコースを共有してたので、
硬い雪と相まってちょっと急な下りが怖かったけど、
コースが分かれてからは楽しく行けた。


P3190030.jpg




P3190038.jpg




P3190062.jpg


以上E-PM2 12-32



さて、次からは春の遊びだ。
そういえばKayakという手もあったな。

クルマを替えたのでルーフラックのアタッチメントを替えないといけないけど。
Kelownaまで行けばすぐ手に入るし。
あとは暖かい天気さえあればモウマンタイ。




[ 2017/03/22 17:34 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

オフトラックXCスキー

昨日の朝は、もうバックカントリースキーに行くことはないかもしれないなどと書いてみたが、
土曜日はランチの営業がないのをいいことに、
早めに店の仕込みを済ませ、
サクッといつものXCスキー場に行ってみた。

P3110001-2.jpg






重い湿った雪が降りしきる中、
スキーの板の下に雪が付くのを気にしながら進んでいくと
Tom's Shelterに着いた。


P3110006-2.jpg






P3110009-2.jpg






P3110008-2.jpg

E-PM2 12-32




新しいブーツとバインディングの安定感は段違い。
これでテレマークターンを楽しもうとするとまた話は変わってくるけど、
ツーリングに関しては申し分なしかな。


P3110003-2.jpg


今までだと新雪の中を行くとブーツとバインディングの間に雪が挟まったりして鬱陶しい感じがしたのだけど、
そういう感じは全くなしで快調。

しかも、バインディングのレールにブーツが収まるときに、
今までのブーツだとすっと入らずに、
端の部分が当たってからムギュって入る感じがあったのだけど、
それも皆無。
(ただし自分の場合、左足だけだったので足の癖の影響が有るかと思われる)
ツーリングで歩く分には全くストレスなし。





今日から夏時間が開始だけど、
朝早起きしてXCスキーレースに出てきた。
だけど無謀にもスケーティングで出てしまったので、
クラシックと違う筋肉を使うこともあって後半バテバテ。
爺サマ、婆サマに抜かれてシオシオノパーの日曜日であった。




[ 2017/03/12 13:59 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

吹雪

昨日は山上にあるXCスキー場に行って来た。
気温はマイナス6℃。

行く途中から雪が降り出し、結局一日中降り続いた。


P3050013.jpg








途中にある休憩所。

P3050038.jpg



こちらはトイレ


P3050041.jpg


E-PM2  12-32




約26~27km、スケーティング・スキーを楽しみ、
その後スキー場の目の前にある友人のコンドミニアムにてキムチ鍋とビールで乾杯。

それからジャクジーに入って温まってきた。

家に帰ってきたら夜中過ぎ。
思いっきり充実した日曜日であった。






[ 2017/03/06 08:17 ] Winter sports | TB(0) | CM(2)

キャビン泊まり#3

時々、陽の当たっている雪のところを行くと、
スキーの裏に雪が下駄のようにくっつくくらい気温が暖かい。
完全に春スキー。

だけど、新しい雪と快晴の青空で気分は上々。
サイコーの春スキー日和となった。


DSCF6008.jpg



だんだんと気温も上がり、陽も当たるようになって樹に積もった雪が溶けて落ちてくる。



DSCF6021.jpg



2時間ほどトレールを徘徊して、またキャビンに戻りしばし休憩。


DSCF6041.jpg

以上X-T10 18-55



それからまた思いザックを背負って帰路についた。
ほとんど下り坂なのだけど、傾斜の緩やかなところではやはり雪がついて滑りにくい。


家に着いてカミさんが揚げてくれたフライドポテトとビールでみんなで乾杯した。
それとカミさん得意のベーコン・シチューもうまかった。

自分のホームゲレンデとも言えるここのXCスキー場は標高が1000mくらいと低めなので、
シーズンが短いのが難点だけど、
家から20分の距離でこれだけ楽しめるのなら良しとしよう。

このあとXCスキーをするなら標高が1800mのバーノンのXCスキー場に行かなくてはならない。
そこまでは1時間くらいかかるけど、あと何回行けるかな。






ポチッと一発お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ





[ 2017/02/23 07:49 ] Winter sports | TB(0) | CM(2)

キャビン泊まり#2

2日めの朝、あいにく夜明けのときは曇りで朝焼けは撮れなかった。
夕焼けも残念ながらダメだった。

7時過ぎに寝袋から這い出す。
まだ燻っていた薪ストーブに薪を足して火を燃やす。

その上にパンとソーセージを乗せて焼き、それとお茶の簡単な朝食を食べてると青空が広がり快晴になった。


DSCF5996.jpg
X-T10 18-55



今日行くのはオフトラックのルートでコースがけっこう大変なので、
貴重品だけ持って重いザックはキャビンに置いていく。


赤い矢印のあるところからスタートし、
400m Bog→200m Bog→150m Bog→Log roller→larchhills Rdでキャビンに戻ってくる。
Bogとは沼のこと。
夏の間は沼が点在するところらしい。


DSCF1216-2.jpg




前日の雪と昨夜の雪でフカフカだ。


DSCF1223-2.jpg






DSCF6017-4.jpg

X-T10 18-55


みんな慣れないオフトラックなので転んだり、
雪に突っ込んだりして叫び声が林間にこだましている。(笑)

童心に戻ったような楽しさ。

気温は暖かいので雪が時々板の裏にくっつくけど、
思っていたよりも楽しい雪だった。





ポチッと一発お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




[ 2017/02/22 08:10 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)