クマラッチ

数日前にMTBに乗った時、
家から1kmくらいのところで道路を黒い動物が横切っていった。
近づいて右の方を見たら熊だった。


P5290026.jpg



距離にして約30m。
こちらを気にしながらキョロキョロしている。

それから茂みの向こう側を走り出した。



P5290032.jpg

E-PM2 12-32


そして暫く先に行ってから、また道を横切り、左側の方の茂みへと入っていった。
まだ成獣ではない感じもあったので、左側の茂みの中に母熊が居たのかも。


基本的には熊は人間が嫌いですぐに逃げて行く。
見通しの効かないトレイルの曲がり角などで鉢合わせしない限りは熊の方から遠ざかっていくのだが、
唯一、危険なシチュエーションは小熊と母熊の間に入ってしまうこと。

今回は最初に写真を撮ったときはもしかしたら、
道の反対側に母熊が居た可能性もある。
でも、この熊がまだ独り立ちしていたかどうかが微妙な大きさだった。



そしてこの後、家から8kmくらいの地点で止まって写真を撮り、
再び走り出したら木の枝みたいなものがタイヤに絡みついてカシャカシャとうるさいので、
止まって枝を取ったら、バラのトゲのようなものがタイヤに刺さっていたみたいで、
シュ~っと音を立ててタイヤから空気が抜けていった。

「あ~あ、パンク修理か~」
面倒だからチューブごと替えてしまおうと思ったが、
いまはレースに出る準備のため、
いつも付けているリアキャリアをバッグごと外してあったのを思い出した。(汗)

「しょうがない、かみさんに電話して迎えに来てもらおう」
と思った瞬間、携帯を持ってきていないことを思い出し顔面蒼白。


この時点で腹をくくって、せっかくの好天だし、
MTBを押して歩きながらこの好天気を楽しもうと気持ちを切り替えて歩き出した。
時間は3時過ぎ。
店の夕方のオープンは5時からなので、それまでには間に合う。

そうして景色を楽しみながら歩いてきて、
家まであと2.5Kmくらいのところで、
農家のおじさんが「壊れちまったのか?」と声をかけてくれたので、
「パンクしちゃったんだよ」と言うと、「直していくか?」と言ってくれたのだが、
治すために止まっているのがかったるく思われたので、
「あともう少しだから家に帰って治すよ」と断り、
そのまま歩いていった。

そしたら今度は家から2kmくらいのところで、
トラックのおじさん(と言っても自分と同じくらいの歳だと思われる)が
「街まで行くけど乗っていくかい?」と声をかけてくれたので、
こちらはありがたくお願いすることにした。

トラックの荷台には自作のMTB用キャリアが備え付けてある見たいだったので、
聞いてみるとやはり彼もMTBに乗っているんだという。

たまたま自分の家の近くのところまで用事で行く途中だったみたいで、
彼がトラックを駐車した場所から家までは1分もかからないところで助かった。
家に着いたのは4時15分頃。
シャワーを浴びる時間もあった。


今までこの街に引っ越してきて8年間、
常に予備のチューブ、パンク修理キット、工具を持っていたときは、
走っててパンクは一度もしたことがなかった。

俗にいう”マーフィーの法則”って云うやつだな。(汗)

翌日からは背中に工具やパンク修理キットを担いで走っている。





[ 2017/06/01 10:06 ] Animals | TB(0) | CM(0)

ハ~ックチョン

結局雪による事故でHwyが閉鎖になってしまったため、
Banff行きはまたも断念。
今月2回めである。

昨日夕方から薄らと雪がつもり始めたので嫌な気がしていたので、
仕事が終わる頃、ネットでニュースをチェックすると、
ウチから40分位行ったところで事故のため双方向とも閉鎖で、
復旧の見通しが立っていないという記事。

まあ、雪の夜に走って行きたくなかったのでいいかなと。
カミさんはがっかりしてたけど。


ロッキーの写真でも載せようと思っていたけど、
蔵出しで白鳥の写真など。

冬になると毎年このあたりに飛んでくる。

雪がないときはなぜか畑が根城。
恐らく畑に虫がたくさんいるのだろう。
でも畑に群がる白鳥ってなんか違和感。(笑)
このときは川に浮かんでいたが、
冷たい水が寒そう。
は、は~っくちょん!


DSCF5688.jpg

X-T10 50-230


ちょうど寒さが少し緩んでこんな氷が見られた頃だ。


DSCF5719.jpg

X-T10 18-55



雪も降ったことだし、
今日は午後からXCスキーに行って来るか。




ポチッと一発お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




[ 2017/02/26 07:28 ] Animals | TB(0) | CM(2)

鷲のなる木

毎年、春の今頃の時期になると白頭鷲が集まって留まっている木が何本かある。

そのうちの一本はいつもMTBで走る道沿いに合って、
昨日もたくさんの白頭鷲が留まっていた。


名称未設定-2260027
E−M10  14−150




名称未設定-2260035
E−M10  14−150




今週はずっと晴れていたのだけど、
昨日から雲が広がってきた。

まだMTBに乗り出した午後2時半ころまでは薄日も差していたのに、
走りだしてしばらくしたらどん曇りになってしまった。


なので火曜日の青い空をバックにした”鷲のなる木”


P2230003.jpg
E−M10  14−150



昨日の夜中から雨。
週末は相変わらず雨の予報だ。

雨天に映える風景でも探しに行くか・・・。





ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ





[ 2016/02/27 07:33 ] Animals | TB(0) | CM(0)

ビッグホーンシープ

ロッキーの帰り道、
道の真中で道路をペロペロとなめていたビッグホーンシープ。


名称未設定-2080234
E-PM2 14−150





名称未設定-2080232
E-PM2 14−150



カナダでは道に巻かれた融雪剤(だと思う)を塩分補給としてペロペロ舐める野生動物がよく見られる。

融雪剤を舐めて体にいいのかどうかはわからないけど、
とりあえず塩分補給にはなるのかな?





ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




[ 2016/02/20 22:50 ] Animals | TB(0) | CM(4)

エルク

寒い冬に冬眠する動物としない動物がいる。
熊は冬眠するので、夏の間はちょっと気にしながら歩く山道も、
冬は熊の心配はしなくてもいい。

ただし、クーガーや狼は冬眠しないのでそちらは注意が必要。

人間だけでなく鹿なども狼やクーガーに襲われないようにしないといけない。



早朝のMt, Rundle。


名称未設定-220005-2
E-PM2  14-150



よく見ると凍った湖の下になにか食べる物でもあるのか、
エルクの群れが盛んに何かを食べている様子。


名称未設定-220003C
E-PM2  14-150


以前はかなりエルクが多かったのだけど、
少し移住させられたとか。


15年以上前このバンフの隣町、キャンモアに住んでいた時も家の庭にまでエルクが入ってきたこともある。

クルマのエンジンを温めておく電源のコードを脚に引っ掛けて引っこ抜いていきやがった。(怒)

翌朝は問題なくエンジンが掛かったから良かったけど、
マイナス30度くらいになるとエンジンオイルが固まってしまい、
セルモーターが回らないこともあるので、
カナダの寒いところでは死活問題になってしまう。

今済んでいるところはロッキーに比べると暖かくていいところだ。
リタイヤした人達が引っ越してくるのがよく判る。






ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ






[ 2015/11/26 09:55 ] Animals | TB(0) | CM(0)