クリスマス・イブはスノーシューイングだっ!!










今までは自分ひとりでスノーシューイングをしてきた。
でも、みんな興味があるらしく行きたいと言う事なので、店のスタッフとともにクリスマス・イブに
行ってきた。
みんなほとんど初体験。
凍った湖の上や、林の中の木の間を抜けてみんなわいわい言いながら歩く。
この浮遊感覚がいいんだよね。
最初の林間ですぐ後ろをN嬢が歩いていたので、後ろを振り返り、となりの木に肩でショルダー・タックル。
そして、いそいでパタパタと数歩前へ。
すると、少し間をおいてからN嬢の頭の上に木に積もった雪がどさどさっと落ちてきたので、
みんな大笑い。
けけっ。大成功!
N嬢は「ばかっ。」と言いながらも楽しそうである。
長崎出身の彼女はこういう遊びはしたことがないようである。

その後はみんな自分のデスマスクのようなものを、雪上に作っていた。
はたから見てると、顔を雪に突っ伏して数秒待ち、顔をあげる。
まるで、イスラム教徒がアラーの神にひれ伏しているようで、不気味であった。
昔、凍傷になったことのある自分はそのようなことせず、みなの痴態をふふふと笑っていた。
その後は、H氏宅で忘年会で、飲めや食えやの大宴会となった。
幸せであった。

[ 2006/12/27 09:44 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

スノーシュー






先シーズンの冬から始めたスノーシューだが、実は今までやっていたクロスカントリー・スキーよりもはまっている。
歩く感じが冬山やバックカントリー・スキーと同じ感じがするからだ。
クロスカントリースキーでトラックセットされたところを行くのも、ジョギングのようでそれはそれで楽しく、いいエクササイズなのだが、自分的にはどうもスノーシューがあってるような気がする。

先週も総勢4人で行ってきた。他の人たちは初めてのスノーシューイングだったが、それぞれに楽しんだのではないだろうか。
その3日後にまた、今度は一人で行った。
前回も吹雪だったが、今回は途中からそれにもまして凄い吹雪となった。
初めて少し行ったところで動物の足跡発見。
写真では見にくいと思うが、これはどうもクーガーの足跡ではないかと思う。
形は猫の足跡のようだが、自分の拳近い大きさがある。
これを発見した跡は時々後ろを振り返りながら、しばらくの間ちょっとびくびくしながら歩いた。
以前ロッキーに住んでいたときに、バンフで起こった事件なのだが、クロスカントリーをしていた女性が後方の木の上からクーガーに襲われ、後ろ首をかまれて即死したことがあったからだ。

それでもまた少し行くと、その足跡のことなどコロッと忘れ、楽しいスノーシューを楽しみ帰ってきた。
また今週も行こうと思う。

[ 2006/12/17 01:50 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

知人のログハウス


知人が今、Valemountというところにログハウスを建てている。
自分で基礎工事をやり、自分で周りから木を選別して建ててるそうだ。
外側はほとんどできたので、後は内装ということらしい。
一番太いログ材は直径42インチ(107cm!)だと。

自分も昔から山小屋で働いていたこともあり、山小屋風の家にいつか住みたいと思っている。
そのうち夢を実現しよう。

[ 2006/12/03 01:53 ] Category: None | TB(0) | CM(0)