Kalamalka Lake 南端


月曜の休みは、午前中バイクに乗り、
帰ってから、ランチを食べた後、
Kalamalka Lakeの南端にあるOyamaというところでKayakに行って来た。

Oyamaまでは家から車で約60Km弱。

途中で買い物とかもしたので、漕ぎだしは4時半頃。
まずはWoods Lake側の湖畔からスタート。

Klamalka LakeとWoods Lakeは道路一本分くらいの幅の土地で区切られている。



そしてその道路の下の水路をくぐる。



ジェットスキーとかも通るけど、極低速でないといけない。




湖岸は民家や果樹園などが並ぶ。




水は晴れていたら、もっときれいにエメラルド・グリーンなのだけど、
今日は蒸し暑い曇天なのでこんな感じ。



水はやはりきれいなほうが気持ちがいい。



いろんな家も建ち並ぶ。



個人の家の庭が半島のようになっている。




水上飛行機も止まっている。
カナダは湖が多いので、水上飛行機があれば、どこにでも行ける。
フライ・イン・フィッシングってやってみたいなあ。
人が行かないところで釣りするとバカ釣れするんだろうなあ。



湖岸にあるRVサイト
別荘として長期滞在する人もいるようだ。




1時間半ほどパドリングして帰還。
またこの水路を通る。



このときの気温は25度くらいだったけど、
なんかとても蒸し暑い日だった。
帰ってから飲むビールがうまい。








[ 2011/06/29 00:23 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

フィッシング・ネット

自分が最初、カナダに来たとき、
ログの仕事を少しだけしたことがある。

そのときからの縁で北海道出身の友人がいる。

彼は、はじめからログ・ビルダーになるという夢を持ってきていて、
そして今はもうなくなった、伝説のアラン・マッキーのログ・スクールに行った。

それからずっと20年以上、カナダでログビルダーとしてやってきた。
ブログはこちら


しかし、ここ数年はログの売れ行きも芳しくなく、
仕事がなくなってきたらしいので、
その木に対する情熱を、
趣味であるフライフィッシングに使う、
ランディング・ネットの製作販売に注ぐことにしたらしい。

釣り好きな方はぜひホームページをごらんの上、
よかったら彼にご一報を。

Mazda Wood Craft
http://mazdawoodcraft.web.fc2.com/index.html



カナダ在住のベテラン・ログ職人が作る、フィッシング・ネット。




自分も一本、購入することにした。
皆さんもぜひ!

釣りをしない方には
キャンプに行ったとき、
ざる蕎麦やそうめん、
パスタのざるとしても使えますよ。(経験あり) 









[ 2011/06/28 23:12 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

子猫


引越しの手伝いに行った日の夜のこと。

夕方、MTBで30Km走ったこともあり、
11時くらいからベッドに入ってうとうとしてたとき、

開けた窓から、ミャン、ミャン、ミャンと一定のリズムで鳴く子猫の声で目が覚めた。

しばらくそのまま、うとうとしてたけど、
どうも目が冴えてきてしまった。

鳴き声はまだ続いている。

どこで鳴いてるんだろうと思い、窓に耳を近づけたら、

車を停めてる近くから聞こえてくるような気がする。

車の下にでも潜り込んでるのかなと、
階下に下りてキッチンの横のドアから出てみた。

そしたらそのドアの開く音を聞きつけたのだろう。
鳴き声は止んでしまった。

しばらく外にたたずんで、車の周りや下、
それから隣の公園の辺りを見回すけど、子猫らしい姿は見えない。

少ししたら、また一回だけ、ミャンと声がした。
でも、それっきり。

どこで鳴いてるのかは特定できなかったので、
また部屋に戻ってベッドに横になった。

10分位したら、また鳴き声が始まったので、
また、階下に行き、今度はそ~っと静かにドアを開けて、
外に出る。

そして耳を澄ますと、
どうも、車の中からくぐもった声がする。

もしかして・・・・。

家の中からクルマのキーを取ってきて、ドアを開ける。
もちろん、ここには居ない。

それから、ボンネットのオープナーを開けて、
懐中電灯で照らしながら、エイッとボンネットを開けると・・・、

居ました。
エンジンの上に小さく丸まった、子猫ちゃん。
いつ、どこから入ったのかな。

子猫ちゃんも、突然ボンネットを開けられて一瞬びっくりした様子で固まってたけど、
懐中電灯でお尻をちょんとつついたら、
すごい勢いで走り去っていった。

まさか、引越しの手伝いに行ったとき、
隣町からエンジンルームに入って来たわけでもないだろうけど、
夜中になってもエンジンのところが暖かくて入って来たのかね?








先週の火曜日の夕やけ。


そういえば、先週の火曜日のデイナーのとき、
このブログを見たという人が店に食べにきてくれた。
ありがとうございます。


お客さんが帰るときに、かみさんが「どちらからお越しですか?」
と聞いたところ、約85Km離れた
「Kelownaからヤフーのブログを見てきました。」ということだったらしい。

お客さんが帰ってから、かみさんに知らされたんだけど、
このブログを見て、店に来てくれた人は初めてかな。
早くわかってたら、デザートでもご馳走したんだけど・・・。

もし、これを見てたら、次回は最初に言ってくださいね。




今日の日の出 4:46
日の入り 21:14

日の出はもうすでに遅くなり始めている。









[ 2011/06/28 00:41 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

築90年!?


友人が家を買った。

築90年くらいの古い家だけど、とてもきれいに手入れされている。

トレーラーを引っ張って、日曜日に引越しの手伝いに行ってきた。




絶好の引越し日和。



子供が遊ぶためのツリー・ハウスもある。



友人の長女も嬉しそうだね。
手にしてるのはTimbits(丸いドーナッツ)



「はが、しゅごいね~。」
「”は”って、な~に?」
「ちく~って、さすやちゅ~。」
「それは、蚊っていうんだよ~。」

子供には癒されるわ。


ちなみに彼女の名前は「あんじゅ」という。
弟が生まれたら、ぜひ「ずしおう」と名づけてくれと頼んでおいたのだけど、
生まれたのは、また女の子だったので、
あんじゅとずしおうというすばらしいネーミングの姉弟は誕生しなかった。
かなり期待してたんですが・・・。


朝8時前から始めて、昼頃には大物や、
重いものは大体片付いたので、
”引越しピザ”のランチをご馳走になり帰ってきた。

オマケに北海道出身の友人の嫁さんの両親が、
お手伝いに来てたので、
お土産までいただく。

実は大好物でした。




帰宅後、ビールを飲んで、しばし、昼寝。


夕方、MTBに乗りにいく。


約30Kmの走行。


今日の日の出 4:45
日の入り 21:14
最高気温24度

夏至を過ぎて一分、日没が遅くなった。
午後9時14分だ。

今週、うちの店は連休で明日も休みだ~。
気温は28度だってさ、
何して遊ぼうかね。









[ 2011/06/27 13:09 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

5cmの積雪


水曜日は、今年初めて30度を越えたと喜んでいたら、
木曜日からはとても涼しい。
最高気温は16度。

金曜の朝はシルバースター・スキー場で5cmの積雪だと。




この日からサマー・シーズンのオープン日だったのに・・・。



夏の間はリフトにMTBを載せてもらって、
上からスキー場を一気に駆け下りる、
MTBのダウンヒルがここの売り。


よろいのようなアーマーを身に着けたMTBライダー達が、
フルフェイス・ヘルメットを被って駆け下りる。


こういうMTBって高いんだよね。
何千ドルもする。

カナダ人てクルマはボロボロのに乗ってたりするけど、
遊び道具は、高いスッゲ~いいやつを持っていたりする。

最初、カナダに来たときはなんか不思議な感じだったけど、
遊びに主体を置くカナダ人ならでは。











[ 2011/06/26 01:25 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

ウィリス・ジープ


先日、チョッパー・ショップでワンオフ・パーツを作ってもらってる時に、
そこのショップに誰かが乗ってきた、ウィリス・ジープ。


これ、めっちゃかっちょええ~!







も、新車みたいな感じ。



う~~わ~~。
クラシックなジープ、かっちょええ~!


しかも、街乗り使用。



これがチョッパー・ショップを兼ねている、鉄工所の正面。






後でチョッパー・ショップのホームページを見たら、
1947年のウィリス・ジープをスクラップの状態から再生したと書いてあったので、
恐らくこれのことだと思う。


いろんなクラシック・カーを見てきたけど、
これは、ちょっと欲しいかな~って思っちゃったりした。







[ 2011/06/25 14:42 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

スルメ


水曜日、なぜだかこの日だけ気温が上がるらしい。

朝から快晴。

仕事中に必死に足りないものを探す。

むむ、ホウレンソウとズッキーニを買っておいたほうがいぞ。
あ、ショウガもない。

しょうがねえなあ・・・・。

午後の休憩時間に隣町まで買い出しに出かける。



気温は28度。日本と違って湿度なし!
爽快!

買い物はさくっと終了。

あとはのんびりと走るのみ。

いつもあまり行かないところを走ってみた。
久しぶりに来たな、Grandview Flats Rd。



こういう景色を見ながら、こういう道を走るのはたまらんすよ。



きっもちいい~。




ハンドルを換えて、高さを調整してから2度目の走行。
いや~、いいっす!

もう、この気持ちよさ、たまんないね~。



いま、ここに断言しよう。

モトグッツィ・カリフォルニアはスルメだ!
噛めば噛むほど味が出る。

あるいは、こうも言える、
「バイク界のシーラカンス!」

自分が昔乗ってた70年代のバイクに比べても、負けず劣らずの乗り味。
いや、もっとおいしいかも。

それが現代のバイクで味わえるんだから、
まさしく、これはシーラカンスでしょう! 
 ←ちょっと違うか。


ちなみにカナダでは、
まだ新車でカリフォルニア・ヴィンテージが買えます。




ハンドルの調整が終わってからは、
軽く流して走ってるのに、このコーナーの気持ち良さは一体なんだ?

あまりにブリブリと気持ちよくって、
恍惚の表情をして、よだれを垂らしながら走った・・・。

もうね・・・、逝きそうでした・・・・。




帰ってから見たら、
かみさんに頼まれて買ったスィーツも、
よほど楽しかったとみえて、
トップケースに入れた、
ケーキの紙箱の中で踊ってたみたいです。







5時頃には、今年初めて気温が30度に達したようだ。
・・・・やっと30度だよ。
今年は涼しいなぁ・・・・。







[ 2011/06/24 12:37 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

ワックス


ハンドル調整も済み、スポーツ・クルーザーとして
いとおしさが増した我がカリフォルニア・ストーン。
チョッパー・ショップでよさそうなワックスがあったので、ついでに買ってきた。

実は今までワックスをかけたことがなかった。


ワックスもここ20年くらい買ったことがなかった。


リターン・ライダーになって、水洗いも初めて。


もともと、あまり磨いたりしない人なので・・・。



で、買ってきたのはこれ。



缶に書いてある使用法。
1、缶をよく振る
2、日陰に停める
3、汚れを取る
ここまでは普通。
4、自分の好きなラジオ・ステーションをセットして気分を盛り上げる。


5、以下普通。

北米らしい。



さて、久しぶりに行水したカリフォルニア・ストーン。
水をふき取ってからワックスをかけてみた。


おお~っ!

この輝き。タンクの黒に深みが差す。
メッキパーツも眩しくて目がくらむ。



写真ではよくわからんかもね~。



完全に自己満足の世界。



この後、かみさんと息子は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新作を見に行くというのだが、
映画館で長時間座ってるのが嫌いな自分はMTBに乗りに行った。



カナダ田舎式、新しい電話帳の配達方法。



各家の入り口のところにぽつんと。


ビニール袋に入れて、土地の入り口に置いてあるだけ。

この時、雨がポツポツ来てたんですが・・・。

自分のところは先週、普通に配達してくれた。
でも郊外の家は道から家までかなり距離があるので、
一軒、一軒回ってたんでは効率が悪いということか。

これで苦情が来ないのもカナダの田舎。
いや、来てるかもしれないけど・・・。



今日の日の出 4:44
日の入り 21:13

しばらく、この数字が変わらないということは、
夏至なので、これが一番遅い日没時間かな。

朝も3時過ぎたら薄明るくなってくる。
鳥達もうるさいし。








[ 2011/06/23 00:28 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

Custom FX Choppers


昨日、ライザーのスペーサーを製作してもらった鉄工所ベースのチョッパー・ショップ。

マイクのフレームから作り上げたチョッパー。


これ、うちの店がオープンする頃は黒かったんだけど、
自分で塗装もしたんだって。
赤のメタリックできれいになってた。








このハンドルも彼の自作。
もし、気に入ったハンドルがなかったら作ってやるよって言ってた。



壁にはプーラー・セットが。



ドリル。



旋盤。


自分の欲しい部品が見つからないときは、
彼に頼めば何でも作ってくれる。
これはとても心強いなあ。


彼自身が、バイクが好きではじめたサイドビジネスなので安心できる。

バックステップも作っちゃおうかなと思ったけど、
新しくなったポジションは、下半身との兼ね合いも悪くないので、
このまま様子を見ることにする。








ここ↓をクリック!



[ 2011/06/22 00:20 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

ハンドル調整


ハンドルを交換して、ポジションは気に入ったんだけど、
スイッチ・ボックスがタンクに触れるのが難点だったので、
ライザーを付けるか、なんかしないといけなかった。

ポジションもコーナー自体はかなり切れるような感じだけど、
ステップなどを含めた下半身との兼ね合いを考えると、
どうもチグハグ感がぬぐえない。

最初試乗したときは、戸惑ってしまって、
ノーマル・ハンドルに戻そうかななんて気持ちも起きたくらいだった。

2回目に乗ったときに、やはりこういうハンドルのほうが走ってて気持ちいかなと思い、
それなら、ライザーを付けて、ハンドルの高さを少しだけ上げて、
タンクとスイッチ・ボックスとの距離を空けないといけないかなと。

そして、先週、Salmon Armのヤマハのディーラーに行ったけど、
なかなか見つからないみたいで、返事が来ない。

ならばと、今日、月曜日で自分の店が休みだったので、
数年前にも一度紹介した、近くのチョッパー・ショップに行ってみた。

お目当てのものはカタログで見つかったんだけど、
えれえ~高い!
ハンドルが115USドルだったのに、
ライザーが250ドル位してしまう。

やはり1-1/4"のハンドルバーは少ないのか、あっても非常に高くつく。

それなら今のハンドルを売って、違うハンドルを買うかとハンドルを探してもらったけど、
このサイズのハンドルでスポーティーなものはない。

「どうすっかな~。」と思って、
「ホンのちょっとハンドルを上げるだけなんだけど、
なんか、スペーサーみたいなものをはめられないかな?」って聞いたら、
時間があるなら、ちょっと見てみようかということになった。

ハンドルをはずしてみたら、
純正のライザーは、中にボルトが入ってるタイプのライザーだった。

これなら長いボルトを入れたら、
スペーサーを作れるよということで、
ワンオフで作ってもらうことにした。

ここのチョッパー・ショップは、もともと鉄鋼所なので、
何でも部品は作れるのだ!


部品製作中のマイク。



できた部品を付けてみたら、それでもまだタンクに当たる。
作ってくれたのは3/4"のライザー。

でも、タンクに当たらないようにするには2インチくらいにしなきゃ駄目だなということで、
また違うものを作ってくれることになった。

駄菓子菓子、それに合う長いボルトがない。

そしたら、マイク。
なんと長いまんまのねじの棒を切って、
頭にナットを溶接し、ボルトを作ってしまった。
恐るべし、鉄鋼所。

そして出来上がったそれを付けてみたら、
スイッチ・ボックスも当たらず、バッチリ!


なんだかんだと1時間半くらいかかったけど、
いい感じになったので、
支払いを済ませ、早速走りに出かけてみた。


以前のようなカミソリ的なコーナーの切れは影をひそめたけど、
その代わりに、長距離を走っても疲れない、
コンフォータブルなポジションを手に入れることができた。

純正のハンドルに比べれば、それでも十分すぎるほどスポーティー。

純正ライザーのしたの黒いアルミの円柱が作ってもらったライザーのスペーサー。







かな~り、いい感じになりました~。



West side roadをブリブリとした鼓動に揺すられながら走り、
Kelownaについてからランチを食べる。

ここのテラスでいただきました。



目の前には水上飛行機が飛んできたり、



ヨットハーバーがあったりと、とても気持ちのいいテラス。



目の前の遊歩道を、上半身ビキニのお姉さんが歩いてたりする。


日本全国のビキニファンのために、写真を撮ろうと思ったんですけどね、
たのんだハンバーガーについてきた、
フレンチ・フライ(フライド・ポテト)にケチャップをかけようとしたところ、
暑い陽射しに暖められたケチャップのスクィーズ・ボトルから、
ケチャップがドゥワ~~っと出てきて、
テーブルがケチャップの海になってしまい、
それどころではありませんでした。



1時間ほどまったりして帰路につく。


あとはミラーが届けばバッチリさ!

でもカナダの郵便局がストに入ったので、
台湾からの品物はいつ着くのだろう?




今日の日の出 4:44
日の入り 21:13

今が一番日没の遅い時間かな?
午後9時13分!







Ride Safe






















[ 2011/06/21 14:55 ] Category: None | TB(0) | CM(0)