超巨大雹


月曜日の夜に1cmくらいの雹が降った記事を書いたけど、
その日、隣のアルバータ州とサスカチュワン州では、
なんと、野球ボール大の雹が降ったんだって!


ゴルフボール大の雹なんて、
これに比べたらかわいいもんだ。


これは当たり所が悪ければ、下手をすると命取りになるな。




こんなのがドカンドカンと振ってくるところを見てみたい気もする。

集中砲火を受けてるようなものだろうか?










[ 2011/07/22 00:12 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

夏仕様・ウィンド・シールド


最近はウィンド・シールド無しで走っている。

100km/hを超えたら風圧がきついけど、
歪んだ景色を見なくて済むし、涼しい。

でも、一番の理由は、ハンドリングが軽快になること。
ウィンド・シールドは片手で持てる程度の重さだけど、
これを付けただけで、
低速でも、コーナーに入りこむときのハンドルの切れ込み方が違う。

ウィンド・シールド無しだと、
とても素直に寝てくれるハンドリング。
はずしてみて、初めてわかった。

先日、長距離を走るので、付けてみたら、
また、ハンドリングが変わった。

ツーリングの後、またはずしてある。

しかし、家を出たらどの方角に行くにしても、
家を出てから、遅くとも5分後には90~100km走行になるので、
やはり、胸に当たる風圧は軽減させたい。


そこで、これ。
夏仕様、ウィンド・シールド
このときは、まだちょっと左右がアンバランスだけど、走ってきてから調整しよう。


実はこのシールド、
XSを買ってすぐのころ、
あのでかいカウリングをはずすつもりでいたときに、
バイク屋で中古で20ドルで売ってたのを買っておいたもの。

先月、カリフォルニアの純正のでかいウィンド・シールドをはずした後、
付けようと思ったけど、
アタッチメントが7/8"用で
XSには問題なく付くんだけど、
カリフォルニアのハンドルバーは1-1/4"なので合わない。

そこでネットでアタッチメントだけを探す。

こんなにネット・ショップがあるのに、一軒だけこのサイズを持ってた。

送料込みだと中古で買ったシールドより高い24ドル。


でも、背に腹は変えられない。
マイアミから発送。
途中、カナダの郵便局のストライキなどがあって、2~3日前にやっと届いた。

昨日、とりあえず付けてみたのが、上の写真。

試乗しようと走ろうとしたら突然雨。


あわててバイクをしまうと、また晴れた。
おちょくられてるのか!?

また、バイクを引っ張り出し試乗。

走ってみると、
胸に当たる風圧は減ったけど、
その分の風がヘルメットに来る。
乱気流みたいになって、ヘルメットごと頭をぶるぶるゆすられる。

眼にはいるものがすべて2重、3重に見える。



今日、また買い物を兼ねて試乗。

昨日はヘルメットのシールドが完全に閉まってなかったみたいで、
それをパチッと閉めたら、何とかいける。

何より、胸に当たる風圧がほとんどなくなったし、
でかいシールドよりは解放感があって、ハンドリングも軽快。

秋まではこれで行ってみよう。

買い物のあと、思いっきり遠回り。


これだと体はまだ風に当たるので、メッシュジャケットでも涼しいだろう。
あれは風が当たらないと暑そうだし。
なんて暑さの心配してるけど、今日の最高気温24度。
ほんとに7月は涼しいまま、終わってしまいそう・・・・。



今週末、また今年も国境超えツーを計画中。



楽しみ、楽しみ。







ここ↓をクリック!



[ 2011/07/21 11:12 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

初収穫


月曜日の休みは、朝から雨。
晴れそうもないので、バイクに乗るのもあきらめ、
用事を足しにVernonまでクルマで出かけていって、
ついでに最近食べてなかった、ベトナム・レストランでフォーを食べる。

このころから青空ものぞいてきたので、
帰ったら、少しバイクにでも乗るかと思ってたけど、
かみさんの買い物に付き合ってたら、もう夕方になってしまった。

かみさんに引きずりまわされてクタクタ。
買い物は駄目だ。


帰り際に道端のさくらんぼを収穫しに行く。
日曜日にMTBに乗ったときに確認しておいた。

道端でさくらんぼの木の枝の下にもぐって収穫してると、
蚊がすごい。
ほっぺたに蚊が止まって、ちく~っと刺すのがわかるけど、
両方の手がふさがってるので、ペチッっと蚊をつぶすことができない。

さくらんぼを取らなければいいんだけど、
今の任務はさくらんぼ収穫作戦。
優先順位が違う。

短パンできたので、足元を見ると、片方の足に5~6匹、蚊が止まっている。
収穫の合間にペチペチとつぶすけど、数が多いので効果なし。

かみさんはクルマから虫除けスプレーを持ってきてかけてるけど、
すでに何箇所も刺された後でかゆいらしく、
「もうやめようよ。」と言う。
30分くらいで、自分達が食べる分くらいは取れたので、
終わりにすることにした。

自分は虫除けスプレーは使わなかった。
べとつくし、刺された後、
最初の15分くらいガマンしてポリポリ掻いていたら、そのうちかゆみも収まる。



アメリカン・チェリー初収穫。
涼しいせいか、去年より3週間ほど遅い。
甘さも薄め。



家に帰ってから、昼寝をする。
っていっても、もう夕方6時ころになってたけど。


その後、ネットを徘徊しながら外を見ると夕日がきれいなので、
写真を撮りに出た。8時40分ころ。



岩肌も輝いている。



カメラの電池が切れたので、急いで家に戻り、
また写真を撮りに出る。
今度は橋から反対側を見ると二重の虹だ。8時55分。



町全体が茜色に染まっていった。



う~ん、マンダム。



こんな自然の織り成す景色を見てると、
訳もなく幸せになる、単純なBANであった。


夜中にまた雨。
今年の夏は気温が低い割りに湿気が多い。
それでも日本から見たら、湿気は少ないと思うけど・・・。

月曜日の最高気温は24度。
今年はそういう意味では過ごしやすい。



今日の日の出 5:08
日の入り 20:58
もう、日没が9時前になってきた。
20分くらい日没が早くなってきてる。




ここ↓をクリック!








[ 2011/07/20 01:12 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

カー・ショー #8


アップする自分が飽きてきたけど、
まだ面白い車がたくさんあるから、とりあえずアップしておく。


今回からはScicamousで開催されたカー・ショー。
ジャガーとトライアンフだけはアップ済み。

まずはサンビーム・アルパイン。
これもこちらでは異色の英車だ。



このころの英車のオープンてかっこいいんだよね。
コクピットっていう言いかたがふさわしいダッシュボード。



シビレル・・・。



プリムスGTXか。



こういう尻上がりのマッスル・カーって中学生のとき憧れたな。
自分の中でいかにもアメ車って言う感じだ。







やっぱりカッコイイ、マスタング・マッハ1




ガラッと変わってクラシック霊柩車。
"Gentle Last Ride"の文字が泣かせる。



しつこく続く。

サービス・ショット。










[ 2011/07/19 02:23 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

うひょ~!


日曜日のちょうど真夜中12時ころ。

突然、窓の外が光りだした。

と同時に轟く雷鳴。
それから突然吹き出す、一陣の風。


しばらくしたら、ものすごい音ともに
直径1cmくらいの雹が降ってきた。

屋根を通じて雹が当たる音がバラバラとすごい。

外に出て写真を撮ってみた。
ちょうど稲光
が光ったところだったので、空が明るい。
地面にも降った雹が見えている。



こんなのバイクに乗ってるときに降ってきて欲しくないな。



今年はいつになったら、天気が安定するんだろう?


しばらくしたら、雹から雨に変わり、それほど長い時間降らずに止んだ。









[ 2011/07/19 01:49 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

Sturgis North Motorcycle Rally #2


ものすごい人出のショー・アンド・シャインを抜けだし、
ダウンタウンに行ってみると、
道をクローズして、スタント・ショーをやっていた。

ローカルのスタント・チームなので、そんなに目を見張るものではないけど、
ジャックナイフとかは実際に見るとたいしたもんだ。

そんな彼らのマシン



タイヤは一回のショーで使い切っちゃうんだろうな。



この通りは友人の店のある通りなんだけど、
このために道が閉まってるのでド暇らしい。
他の店は閉めちゃってるところもあるという。

町興しもいろいろとあるので考え物だな。

このバイカーのイベントはヘルス・エンジェルスのことも不安要因のひとつらしい。
BC州とアルバータ州のヘルス・エンジェルスも来るとか・・・。

周りはサンデー・エンジェルスだらけだったけどね。

かたぎの人たちが、インスタント・タトゥーを付けてチョイ悪ファッションでやってくる。
映画の「ワイルド・ホッグ」だな。
自分はどうもサンデー・エンジェルス・ファッションは好みじゃないけどね。



自分達の町では、ソフトボール・トーナメントが町興しとして行われるけど、
やはり、皆キャンプだし、町のビジネスにお金はあまり落ちないみたいだ。
参加費などは自治体に行くんだろうけど。


このスタントショーを見て、友人と話した後、
何気なく空を見たら、一天にわかにかき曇り、
真っ黒な雲に覆われつつある。
急いで帰ることにした。

半分以上来たところで、大粒が降りだす。
先日も降られてるので、
今日はすぐにカッパを来た。

大粒だけど、それほどすごい降りではない。
雷が鳴っているのが、バイクに乗っててもわかる。


ハーレーの半カップのヘルメットの人たちは、
雨粒が顔に当たって痛いらしく、
左手で顔を覆いながら走ってる。
ジェットのシールドつきでも、
あごの辺りに雨粒が当たって痛い。


でも、自分の町に帰ってきたら、また陽が差してきた。
ほんとに不安定な天気だ。

夕方店のオープン時にまた、真っ暗になり、大粒が降りだす。

外ですることがなくなったのか、
店はそこそこ忙しかった。

やっと夏の忙しさがやってきたような今週の店であった。





ここ↓をクリック!




[ 2011/07/18 00:58 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

Sturgis North Motorcycle Rally


本来のスタージス・ラリーはアメリカのサウスダコタ州の小さな町。
スタージスで開催されている、ハーレー乗りの聖地だ。

普段は人口5千人くらいの町に、その一週間の間に約5万人のライダーが訪れるのだという。

それにあやかった町興しを隣町のSalmon Armが開催することになった。

名付けて、Sturgis North Motorcycle Rally
http://sturgisnorth.com/

去年まではSummer Stompという名で開催されていたんだけど、
今年はグレードアップして、名前も変わった。

メインはミュージック、フェスティバルで
なんと、あのイージーライダーの映画のテーマをうたった、
ステッペンウルフも来る。

ミュージックフェスティバルは自分は仕事があるので、
見に行けないけど、
ショー・アンド・シャインは見に行ける。

土曜日の午前中に、店の仕込みを終わらせて、プチツーがてら見に行ってきた。

いや~、バイク走ってる、走ってる。

会場のモールに入ろうとしても、なかなか前の車が動かない。
入る車、バイク、出る車、バイクでごった返している。

8割くらいはハーレーだけど、それ以外にもいろんなバイクが居た。
モトグッツィは自分のだけ。



ショー・アンド・シャインに参加しているバイクよりも
ギャラリーのバイクのほうが圧倒的におおい。
ショー・アンド・シャイン自体はたいしたことなかった。




なんだかまったくわからないバイク。







もしかして、エンジンも自作?もしくは汎用エンジンの流用?



フェンダー・マシーン。







これはギャラリーの乗ってきたノートン。







このときはこんなに快晴。
駄菓子菓子、向こうの空に入道雲が発達中。


この会場のHWY沿いのところには、
去年も見た、モトクロスのフリースタイルのジャンプ台が作られていた。

ショー・アンド・シャインはたいしたことなかったので、
ダウンタウンに向かった。


続く。



ここ↓をクリック!





[ 2011/07/17 07:30 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

Motusってバイク、知ってます?

ここ数日、毎日雷雨。



水曜日なんて夕方、雹混じりのすっげ~土砂降り。
キャッツ・アンド・ドッグっていうやつだ。
なんで土砂降りの雨のことをキャッツ・アンド・ドッグって言うのかはわからないけど・・・。

短い時間だったけど、
そんなすごい降りだったので、
自分の古い家はお決まりの雨漏り。


オマケに、店の前は30分ほど湖状態。

ウチはそうでもなかったけど、
他のところはベースメントが浸水してしまったところも結構あったみたい。

最高気温は20度。
涼しい。

水曜日、豪雨の合間にでた晴れ間にバイクで買い物にでかけたけど、
帰りにガッツリ降られた。


長期予報でも当分天気は安定しない模様。

今年の夏はどうした!

夏が恋しい。
「あちぃ~」って言ってぐったりしたい、そんな気持ちを持ってしまう最近のBANです。
梅雨があけて、毎日暑い日本の皆様、ごめんなさい。




というわけで、
新しい、アメリカのバイクメーカー、Motus。
アメリカながらスポーツ・ツアラーである。

2012年から販売開始予定らしい。
ちょっと、面白そう。

Motus Motorcycles

最近はVFR800なんて興味が出てきちゃったりしてるので、
これは面白いかも。
Motus MST


V4、1645ccのスポーツ・ツアラー。
スポーツ・ツアラーというと、みんな下のほうまでのフルカウルで重々しい。

でも、これはアッパーカウルだけで、下のほうが解放されてて軽快感もある。


いいなあ。
自分はスポーツ・ツアラーでもBMWのRTみたいな重い、高級志向はいらない。
軽いのがいい。
これは乾燥重量、240Kgだって。
手ごろなサイズ。

MT-01にパニア・ケースがつけばいいのに、なんて思ったりもして・・・。








アメリカ人だから、カナダ人だからといって、
みんなハーレーに乗りたいわけではないのだ。










[ 2011/07/16 01:44 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

カー・ショー #7


スポーツカーじゃなければ、次に気になるのはピックアップ・トラック。






ん?
オイル・フィルターがエア・フィルター?




外観は旧車でも、、エンジンは最近のCummins Diesel (ダッジのディーゼル)に換装されている!







ダッジ・ダート











これでEnderbyのカー・ショーは終わりだけど、
Scicamousのカー・ショーの分が、まだたっぷりある。










[ 2011/07/14 14:17 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

ロリポップ・ミラー交換

先月の中旬にポチってあったバックミラー。
カナダの郵便局のストライキのせいで少し遅れたけど、
先週届いた。

早速交換。

これが純正のロリポップ。

どっかのモトグッツィの掲示板に書いてあったけど、
ロリポップってペロペロ・キャンディーのことだよな~。



これがe-bayでポチッた、台湾製の安いミラー。
左右セット、送料込みで27ドル。



後ろの青いゴミ箱で後方視界をチェック。

思ったほど、後方の視界がよくなったわけではないけど、
ロリポップよりは大分いい。



なにより、かっちょいい。



早速、試乗してみる。

120Km/hくらいで走ると、右のミラーが振動で向きが変わる。
帰ってきて、向きを少し変えて、ねじを増し締め。

また、走ってみたけど今度はOK。


しかし、今年の天気はどうしちゃったんだろうね~。

たまに夏っぽい日が来て、これでいよいよ夏本番かと思うと、
また涼しくなる。

長期予報を見てもず~っと最高気温が23度前後が2週間ほど続くみたい。
一応、晴れだけども、安定せずにシャワーがあるんだって。

ま、過ごし安くていいんだけどもね。

でも、レジャー客が町にやって来ないし、そうすると店も夏の忙しさじゃない。

今年は、どうも店の景気はよくないまま終わりそうな予感。



せっかく買った、
メッシュジャケットの出番は来るのか!え?




いつもなら、この時期はチューブ(浮き輪)で川下りする人達で川面が埋まるくらいなのに、
今年はほとんど見かけない。

川下りしていった人たちを、下流で拾って上流まで連れて来てくれる、
チューブ・タクシーも商売上がったりだろう。



やっぱり、暑くて「あちぃ~」っていうのが夏だよな~。


おかげでこの辺の自然災害である、山火事はぜんぜん起きていない。

ビキニの発生率も非常に低い。重要 




ここ↓をクリック!



[ 2011/07/14 00:44 ] Category: None | TB(0) | CM(0)