リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ


リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ


http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/



>自分が大学時代から思っていたことをネットで見たので転載させていただく。
>転載元は↑



ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。
ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。
しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億~80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?
なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?
マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

 私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?
このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。
現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。
ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。
このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。
石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。
昔の賢明な方々、エピクレオ、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。
国の代表者としてリオ会議の決議や会合をそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、1300万頭の世界でもっとも美味しい牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。
私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。
そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。
転載終わり。



[ 2012/07/31 00:32 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

Mt,Beaven 未登・・・・・

日曜日の今日は、
今年最初の山登り。

の予定だったが、
道路ががけ崩れで消えてたりして、クルマで最後まで行けないので、



一時間半以上、余分に歩いて、
やっとトレールの入り口について、
沢を渡ろうとしたら、


この写真をとった直後、
かみさんがバランスを崩して滑って丸木橋から落ちて、
手首を複雑骨折。


すぐに引き返すことに・・・・。
沢の水で全身びしょ濡れ。


手首が変なふうに曲がってしまったので、
その辺の木を拾い、当て木にする。

ファースト・エイド・キットの包帯で腕を釣り、
痛みと寒さを我慢してクルマまで引き返す。


始めの頃は気分が悪いというので、
自分が背負って歩いていたが、
すぐに気分が落ち着いてきたというので、自分で歩くことにするという。



このあたりのトレールは人が入っていないので、
その分、面白いのだが、
トレールも整備されていないので荒れている。
日本の登山道からは想像もできないようなところだ。

去年もかみさんは転びまくっていたし、
今年はもっと整備された、人がある程度入っているトレールにしたほうが良かったかな。

同じように1時間半、自力で歩いてなんとか戻り、
クルマで病院の救急病棟まで。


Vernonの病院のエマージェンシーに行くと、
レントゲンの結果、
緊急手術する事になって一晩入院になった。


なんでも、骨が裂けているので、
プレートとボルトを入れなければならないらしい。
そのプレートとボルトは入れっぱなしになるんだという。

これで、かみさんもバイオニック・ジェミーだ。
殴られたら、遙か彼方まで飛んでいきそうだ。


店の営業は、
かみさんは歩けるのだが、
物を持ったり、書いたりできないので、
息子がかみさんの手足となってヘルプだな。

頼むぜ~!息子!



キッチンはおとっつあんが頑張るからよ~。







[ 2012/07/30 14:11 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

ショートライド 7.27

金曜日の午後、バイクに乗る。

Mable Lakeまで。
気温30℃。

この道も適度なクネクネで楽しい。
時間もちょうど往復一時間。

休憩時間のためにあるような道だ。


川もだいぶ雪解けが落ち着いたみたいで、濁りが取れてきれいな水だ。



Mable Lake手前の川も綺麗な色。



夏の入道雲がモクモクしていたが、
あとからこういう雲にウチも覆われてしまったに違いない。



この日の夕方、とんでもないサンダー・ストームに襲われたのが、
前の記事。

我町の排水設備が古くて、水が十分捌け切らないみたいで、
今年、アップグレードする話が出ていたんだけどどうなったのかな。
うちは大したことなかったので良かったけど・・・・。

古いウチも多いので、
みんな雨漏りが大変だっただろう。








[ 2012/07/29 07:27 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

どぅわ~~!

金曜日の夕方7時前から急に空が暗くなってきた。
日没で暗くなってきたわけではない。
今の日没時間は早くなってきたとはいえまだ8:45分

雷雲で暗くなってきたんだ。
外に出てみると、稲光とゴロゴロという雷様の雄叫び。
ちょうどお客さんが帰って店には誰もいない。
しかし、まだ一件予約がある。

7時くらいに突然の暴風。
そして雷様がさらに騒ぎ出す。
雹がバチバチと音をたてて降ってきたかと思うと、
さらにバケツならぬ、たらいをひっくり返したかのような豪雨。
道の反対側が見えないくらい。


店のトイレの前と皿を入れてある戸棚のあたりからものすごい勢いで雨漏り。

戸棚の下にはラジカセ本体や電話などが置いてあるので、
かみさんと二人で必死になってどける。


少し小ぶりになったので、表を見たら、

マ、マジですか・・・・。

これは、どこの湖ですか・・・・?


こういう状態になると、1時間くらいしてからじわじわとベースメントに水が染みこんでくる。






それでも、この雨の中を予約の人は食べに来てくれた。
あんがと。グラントさん。
表からは入れないので、裏口から入ってもらったさ。

これは雨が止んで、だいぶ水が引いたあと。



こちらは向かいの歯医者さんのガーフィールドのオフィスの裏側。
ベースメントは水浸しだろう。
コルベットは大丈夫かな?


たった30分だったけど、ものすごいサンダーストームだった・・・・。













[ 2012/07/28 15:55 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

成長具合

今年は5月に天気が良かったのと、
6月の多雨のお陰で、
野菜などの実りがいい。

ただ、果実の中には、
6月のほぼ一日置きの雨であまり良くないものあるという。

水曜日にMTBに乗りながら、道端に生えている野生の果実の実り具合をチェック。

これは野生果実のホームラン王、プラム。
野生果実の中では唯一、売ってるものと味、大きさ共に変わらない。


鳥や虫もあまり食べない。
プラムは9月に入ったら食べられるな。よしよし。

こちらはリンゴ。
リンゴは売ってるものに比べると小さいし、甘さもいまいち。
虫や鳥に好かれるみたいで、かなり虫食いになってしまう。
自分では好んでは採らない。


野生のリンゴはそこらじゅうに生えてる。




そして、洋梨。
自分が知っている限りでは、
この辺の野生梨はこの木だけ。
コレも売ってるものに比べると、小さいし、味もちょっと落ちる。
1個か2個採って齧ってみるくらい。






今年はこの町はギリギリで洪水にはならなかったけど、
地下水脈もいっぱいだったみたいで、
いつもは毎日畑に撒かれるスプリンクラーが活動していない。

それだけではなく、地下水脈からあふれていた水が畑に溜まっていた部分では、
野菜が根腐れを起こして枯れてしまっている。


道を挟んだ畑の反対側も同じようになっているので、
地下水脈が見えるようにわかる。


夏の入道雲がモクモク。


この日も雷様が騒いでおったが、雨は降らなかった。


夜は相変わらず暇。
昼間はまあまあなのにね。

皆さん、もう川の水も普通ですよ~。
チューブの川下り楽しいですよ~。
帰りに日本食食べて帰りましょう~。
って、カナダ人は見てないか・・・。














[ 2012/07/27 01:33 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

日曜日のXS

日曜日は一日中雷雨の予報。

で、朝のうちは晴れているけどキッチンの掃除。

ランチを食べたあともまだ快晴。

バイクで走りに行こうとして、XSを引っ張りだし、
2階に着替えに行ったら、
睡魔に襲われたので、うかつにも昼寝をしてしまった。

1時間半くらい夢うつつ状態。
ふっと気がつくと外で友人の声がするので目が覚めた。
寝ぼけ顔で応対し、
30分ほどして友人が帰っていったあとで、
4時ころからやっとバイクに乗りに行く。

久しぶりのMable lake。
すでに4時半。


久しぶりのXSは楽しい。
でも、シートの高さはアンコを足したカリフォルニアとあまり変わらないような気がした。
あとはステップとハンドルの位置の違いか。
でもXSのほうがポジションが楽なのは変わらない。



ここの駐車場に入ってくる道がこんなふうになってた。
先日の大雨の影響だな。


この後、すぐ帰路についたが、突然、黒い雲が広がってきた。
なんとかウチまでは降られずに済んだけど、
その後、雨が降ってきたが、それほどの雨でもなかった。


夕方は、前の店で働いてくれていた女の子が東の大学に行く事になったので、
その送別会に参加。
こちらではしばらく働いてから大学に戻ることが結構多い。

帰り道はものすごい雷と土砂降りの中を帰ってきた。


隣町の洪水と川の増水の風評被害なのか、
夏なのに相変わらず、観光客は少ない。
以前の夏とはまるっきり変わっちまったな。
う~む・・・。













[ 2012/07/26 10:06 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

果物トラック

月曜日から涼しい。
月曜日は最高気温が18度。

今、火曜日の午後3時ころで22度。

過ごしやすいっちゃ~、過ごしやすいんだけど、
夏はやっぱり、「あじぃ~」って言ってるのが、
夏だよな~。

明日は27度って言ってるので、
夏復活か。
暑くなったらなったで、
「早く涼しくなんないかな~」なんて言うのは目に見えてるんだけど・・・・。

人間ていうのは勝手なもんだね。



さて、こちらの観光ファームやフルーツ・スタンドではお決まりのクラシック・トラック。

Davsion Orchardにもしっかりとあった。


古い自動車って、なんでこう趣があるのかね?

愛嬌のある顔してんなあ。


若い頃はこういうクラシックなトラックを所有したかった。
日本にいたら、乗っていたかもね。







↓ポチッとね




[ 2012/07/25 07:04 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

燃えるオト~コの~

いや~、昨日の桃はうまかった~。
でも、日本の果実に比べると大したことないか。
日本の果実は高いけど、それなりの美味しさはある。

週の後半から店の客足も盛り返しつつある。
このままいってくれると嬉しいんだが・・・。


さて、Davison Orchardの中では、
古い農機具なども展示してある。
特にトラクターは歴代のものがズラリ。







Jhon Deerが多いみたいだ。





フォード。






自分が小学生の頃のクルマって、こういうクランクでエンジンを掛けてたのがあったな。
知ってる人いるかな?
人間セルモーターだった。










古い機械の造形美に惹かれてしまう。





↓ポチッと
一発お願いします。



[ 2012/07/23 00:24 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

桃買いプチツー

土曜日は快晴。

朝、ジョギングを5Kmほど。
約28分。

その後、店の仕込み。

それから、昼過ぎてから、
桃を買いにVernonの農場まで行く。

FBによれば今週初めから甘い桃が取れ始めているらしい。

この農場は観光ファームにもなっていていろんな催し物がある。

Davison orchard






ちょうどファーム・ツアーが始まるところだった。
トラクター・ドライバーがサムズ・アップでポーズしてくれた。






ず~っと続く果樹園


ファーム・ツアーが走っていった。
客席は果実収穫用の箱を改造したもの。


桃を買いに中に入って行くと、頭の上をファーム・ツアーと同じ模型が走っていた。


美味しい桃を買って、この景色のBellavista rdを走っていく。
こういう景色の中のクネクネを走るのは爽快!




それからKim beachでちょっとBikini watching。 



ホントはビキニをガン見
したいのだが、
チラ見しかできない意気地のない自分が情けない。
時間があればもっとゆっくりBikini Watchingできたんだが・・・。
夕方は仕事があるし・・・。



でも、夏の一番のアクティビティだね。




帰りも農道クネクネコース。
いや~、ブリブリ感と相まってとても楽しい。

4気筒を所有したことがないのでわからないけど、
4気筒に換えてもこういう恍惚感てあるんだろうか?

カリフォルニアって、やはり麻薬かな・・・。


桃は4日たってから食べてくださいという。

しかし、一個はかなり熟していたので、家に帰って早速食べる。


ジュルジュルで、
あま~い!

いや、実は果実の中で、桃が一番好きなんですよ。
4日後が楽しみじゃな~。


<追記>
こぶりな桃が7個入りで$4.99。
日本円にしたら400円くらいでしょうか?







[ 2012/07/22 15:14 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

午後のShort ride 7.19

木曜日の午後、2時過ぎにKるがブルルンとやってきた。

彼女は今日も休みなので、前日のオイル交換に続いての登場だ。
まだバンフから引っ越してきて、
この辺のバックロードがよくわからないので
一緒に走って欲しいとのこと。

農道探索家の自分としては教えてやらないわけにはイカないので、
なるべくHwyを走らずにブリブリと行ってやろうと思う。

2時半過ぎに家を出た。
走りだしてすぐに感じるブリブリの心地よさ。
「ム、今日は体調いいな。」
ポジションも違和感なし。

カリフォルニアに乗ると、
自覚していない体調を感じることができる、
健康バロメーターにもなっている。


Hwyから曲がってすぐにあるちょいクネも気持ちがいい。
いつもの農道を行くと工事で迂回。

でも、すぐに違うところから復帰。

Salmon river roadをブリブリと走っていると、荷物を満載したハーレーが走っている。
ちょうどこの日からSummer stompが開催されている。
にわかキャンプ場にしつらえられた野原に沢山テントが並んでいる。
これから3日間、みんなでLiveをみたり、
ショー&シャインがあったり、
Poke runがあったりと楽しむんだろう。

時を同じくして、去年はSalmon armで開催されていたSturgis North
今年はVernonに場所を変えて始まる。

でもなぜかこういうのってハーレーとかクルーザーばっかり集まるんだな。

バイクの種類はなんでもいいと書いてあるんだけど、
やっぱり、クルーザーに乗っている人たちと、
スポーツ系のバイクに乗っている人たちは、
違うニオイが漂っている。
面白いね。

スポーツバイクとかの集まりはとても少ない。
というか、この辺では何年か前にあったNoroton Commandのミーティングぐらいしか見たこと無いな。



その後も快調にクネクネをブリブリと快調に走っていたけど、
ブログ用の写真はしっかり撮っておく。

いつもここで写真を撮るのはちょうど楽しいクネクネが終わったところだから。






それからSalmon armの町中を通らずに郊外を迂回。
そしてHwy97に入ってすぐに違う農道へ。

写真を取るためにバイクを止め、エンジンを切ったら、
突然の静寂。ほかにクルマ走ってないし・・・。
ハイキングで山に登っている時のような静けさ。


約一時間半、メーター読みで54マイル走ってきた。
換算して86.4Km
仕事の休憩時間にこれだけ走れたら、文句はないだろう。

それからまた夕方の仕事だ。
先週、今週とちょっと暇な日が続いていたけど、
この日はちょっと回復。

洪水や川の増水のせいで川下りをする観光客が来ない。
洪水の影響でビジネスをまだ再開していないハウスボートの会社や貸し別荘もある。
去年は冷夏で観光客が少なかったのに、2年続けて夏が暇だとしたらイタイな。








[ 2012/07/21 00:19 ] Category: None | TB(0) | CM(0)