朝の光

久し振りに朝に散歩に出る。
少し山火事の煙が流れてい来ているので太陽が黄色い感じ。


DSCF7665.jpg







川辺にアオサギが佇んでいた。



DSCF7670.jpg

X-T10 50-230





カルガリーから30年来の友人が今年もキャンプしに来た。

ワイナリー巡りと浮き輪での川下りが目的。

夜、営業が終わった後、久し振りに飲み会。

彼女は自分達が結婚する前、同じスキー場で働いていた。
それが今は3人共同じカナダに住んでいるという面白い事実。
そのスキー場で働いていたもう一人の友人もカナダに移住してしまった。

不思議ですなぁ。(笑)

日本の窮屈な生活に適応できなかった人間たちである。(汗)




今週は毎日暑い。
今日の予報は34℃。
ここ2週間が今夏で一番暑い2週間だという予報。
しかも来週の金曜日の予想最高気温が39℃!

マジで溶けそう・・・。





[ 2017/07/29 05:48 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(2)

ポチッと一発!

好きな写真家の一人に野村哲也氏がいる。
今、ナショナルジオグラフィックのPeople's chhoice賞を、
インドのフォトグラファーが撮ったハチドリの写真とトップを競っている。

8月1日まで各自毎日一回の投票が可能なのだそう。

是非、投票してあげてPeople's Choice賞を取らせてあげたい。

ぜひ皆さんもポチッと一発お願いします。

http://travel.nationalgeographic.com/photographer-of-the-year-2017/gallery/peoples-choice-all/15




16265739_1218435508252950_2171821123828947865_n.jpg

野村哲也氏



数日前に今年の夏は山火事のせいで店が暇だと書いたら。
今週から爆発したように忙しくなった。
”そこまで忙しくならなくても・・・・”
という感じだけど、水商売は稼げる時に稼いでおかないとね。
ふ~っ。


新しく2日前から始まった山火事は家から約70Km、クルマで一時間弱のところ。
道路脇から始まってるのでタバコのポイ捨てが原因じゃ無いかな。

とにかく乾燥してるのであっという間に燃え広がる。

先日もお隣のアルバータ州から来た人がキャンプファイヤー禁止を知らなかったのか、
キャンプファイヤーをして1000ドルの罰金とニュースに出てた。

天気予報の長期予報を見ても当分雨が降る気配はない。
普段は鬱陶しい雨だけど、こうなると雨を恋い焦がれる気持ちにもなってくる。


ただ雷雨だと、雷から山火事が発生するのでそれもどうしたものか。






[ 2017/07/28 06:33 ] Beautiful Nature | TB(0) | CM(0)

ニュー・オブジェ

去年、工事が終わった和賀町のメインストリートだが、
何やら変な柱がたったなと思っていた。

昨日、久し振りに夕焼けになったのでパシャリに行ったところ、
その変な柱の隙間が光っていた。
へぇ~、こんな仕掛けがあったんだ。


DSCF7687.jpg

X-T10 18-55


色とりどりの光が煌めいていて綺麗。
こんな田舎町でも粋なことをするぢゃないか。




昨日の最高気温は36℃。
半分溶けかかった・・・。

夜中に吹いた風で多少暑さは飛ばされたようで、
今日の予報では32℃。

30度位までならなんとか生きていけそうなんだが・・・。



一昨日、バンクーバーからN氏が来てくれた。

今回は奥方様付きなのでバイクじゃなくてクルマでだが。
バンクーバーは夏でも気温が25度位と過ごしやすいので、
バンクーバーのクルマはエアコンのついてないのも多い。

N氏のクルマもエアコン無しだと言っていたが、
さぞかしこの暑さを楽しんで帰ったことだろう。(汗)






[ 2017/07/27 08:33 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

練習車

息子の免許取得のための練習車を友人より購入。

とてもマメに手入れをしている友人がちょうど買い換えるようなことを言ってたので、
半年前倒ししてもらい、古い方を譲ってもらった。

2002年型 ホンダ・シビック

P7210003.jpg



彼を信用してたので、試乗もせず購入を決めたのだけど、
乗ってビックリ。
30万Kmに達しようとするのに乗り心地はかなりいい。
エアコンも春先に直したばかりでギンギンに効く。
スノータイヤは去年新調したばかり。
夏用のタイヤも2年前の新品。

こちらではよくあるフロントウィンドウの割れもなおしたとか。
体のでかいカナダ人が乗っていたわけではないので、
シートのヘタリもない。

とてもいい買い物でございました。


カナダでは学科テストが受かれば隣に10年以上の経験者さえ乗っていればすぐに公道を走ることができる。
それで練習を積んでから路上テストと相成るわけだ。

木曜日に納車して、金曜日の午後の休憩時間に早速Mable Lakeまで練習に行ってきた。
往復約70Km。
アイスクリームを食べて帰ってきた。

行きはかなり怖かったけど、
帰りはだいぶ慣れたようで多少良くなったみたい。




P7210005.jpg



ここのビーチのリゾートはいつもだとお隣のアルバータ州からのビジターでいっぱいなのに、
今年はスカスカ。

今年は最初は洪水、そしてすぐにその後山火事。
しかも山火事に関しては州政府が非常事態宣言なんて出しちゃったものだから、
観光客が少なくて何処でも経済が良くないらしい。

昨日のニュースでも言っていたけど、
他の週の人たちはBC州全体が山火事というイメージをもっているらしい。

実際に7月に入って山火事が始まり、
非常事態宣言が出された後、
ウチの店もまるで冬のように暇になってしまった。

地元の人達が夏のバケーションで他所に行った分、
他所から観光客が来るというのがいつものパターンなんだけどなぁ。

いわゆる風評被害ということなんだろうか?

あまり忙しすぎるのは嫌だけど、
これから盛り返すことを期待したい。






[ 2017/07/26 06:26 ] Car | TB(0) | CM(2)

山上の花

山の上に向かって登っていくと、季節が逆行していくのが花でわかる。


ウェスタン・アネモネ
歩きはじめて少しして出てきたのは咲き終わりの綿帽子のようなブラシのようなこんな状態。


P7230011_20170725231034912.jpg



更に登っていくとまだ花が咲いた状態になってくる。


P7230027-2_20170725231034b41.jpg



そしてもっと上の方に行くと雪渓が溶けた脇のほうにまだつぼみの花が。


P7230107_201707252310369bf.jpg





家の側では4月に咲くグレイシャーリリー(カタクリ)もまだ咲いていた。


P7230028_20170725231037688.jpg

E-PM2 12-32




ここ一週間ばかり25℃くらいの過ごしやすい気候が続いていたけど、
明日からまた30℃超えの毎日が続くようだ。

暑さに弱い息子は今からゲンナリしている。(笑)









[ 2017/07/25 06:18 ] Flower | TB(0) | CM(0)

Twin Lakesハイキング

日曜日はいつものトライアスリートの女性たちとその友人たちとハイキング。
10数年ぶりにTwin Lakesに行ってきた。

家を7時20分頃でてM'女史の家で合流し、
その後、さらにKelowna から来る友人たちとCherryvillのガススタンドで9時過ぎに合流後、
トレールヘッドまで更に悪路を一時間半くらい走る。
トレールヘッドのパーキングで標高1800m

ビフォー

20258054_10154717094476027_3718325697314320810_n.jpg



最初にいきなりの急登が続いた後、すぐにアルパイン・メドウズを歩くようになる。



P7230014.jpg



一時間半くらいでTwin Lakesに着いた。
そしてこの後、右の方に見えている岩山まで約30分掛けて登っていった。


P7230041.jpg






P7230072.jpg





P7230075.jpg



帰りは雪渓を滑って楽しむアスリート系の女性たち。



P7230090.jpg

E-PM2 12-32


駐車場に戻ったのは3時15分頃。
クルマに積んで置いたビールで乾杯。

その後M女史の家で軽い夕食を食べて帰ってきた。


上の方では息が白くなるくらいで15度位だったのに、下に降りてきたら暑い。
暑い夏は標高の高いところで遊ぶに限る。
というかそういうところでは今の時期しか遊べない。(笑)






[ 2017/07/24 07:14 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

Larch hills traverse

先週の日曜日、冬にXCスキーをしているところからSicamousという町まで、
MTBで約35Km シングルトラックのトレールを走ってきた。

朝9時にウチに集合し、まずは終了地点に行って自分のクルマを置いてくる。
それからLarch hillsのXCスキー場に向かい、10時40分にスタートした。

山火事の煙が前夜からの風に運ばれてきてすごく煙っている。
下から見たときはまるで雨雲のようだった。

クルマをおいてきた終了地点のSicamousは空が煙のせいでオレンジがかっていたほど。


冬はXCスキーをするトレイルも夏はこんな感じだ。

P7160013.jpg



1時間と10分くらい走るとようやくシングルトラックの入り口。
ここからが本日のメインイベントだ。


P7160015.jpg






P7160017.jpg





やっぱりシングルトラックは楽しい。
ここ10年ほど、トレールはほとんど走っていなかったけど、
昔は一人でよく走った。

友人たちが去年からMTBを始めたので、
今年はちょうどいい機会になってトレイルライドが復活できたのはとても嬉しいことだ。

ファイヤーウィードが咲き誇るシングルトラック。

P7160030.jpg




途中にたくさん熊の糞が落ちているので、熊よけに大声でわめきながら行く。


途中で7人のバイカーとすれ違う。
この日はおそらく自分達とこの7人だけここのトレールを走っていたんだと思う。


P7160024.jpg






P7160034.jpg






P7160033.jpg






P7160027.jpg



途中で見晴らしのいいところに出たけど、
ここを終了地点のあたりだと思っていたが、
後から地図を見たら見当違いのところでMara Lakeのところだった。
終了地点はまだまだ先だったのだ。(汗)


P7160046.jpg



20Km位走った頃から疲れが出てきて登りが辛くなってきた。
バランスを崩してしまい登りきれない。
悔しい。
次回はなんとか登りきれるように頑張ろう。


一緒に行った二人も疲れているみたいで時間がかかっているので、
待っている時間が良い休憩になったかな。


そして急登が続いたあとはスイッチバックの最後のダウンヒル。
これは楽しい!

あっとゆ~まに終了地点へ。
4時40分。
予定通り約6時間かかった。


P7160048.jpg



ちょっとヨレヨレ感のアフター。(笑)


P7160051-2.jpg



そして止めてあった自分のクルマにバイクを3台積み、
出発地点のところに彼らのクルマを取りに行き、
その後自分のウチで夕食をして打ち上げ。

途中から携帯で連絡しておいたので、
カミさんが美味しい料理を作って待っていてくれた。
あんがと。


P7160052.jpg

E-PM2 12-32


とても楽しいシングルトラックだった。
是非また来年もやりたい。

6月中旬から7月中旬までがいい時期かな。
それ以降になるとトレールにまわりから草が覆いかぶさってきて地面が見えなくなるようだ。
今回もギリギリ地面が見えたくらい。

今回は殆ど水溜りは無かったけど、早い時期だと雪解けの水たまりがあるようだし。



この日は前日から強風が吹いたせいか23℃くらいで涼しくて走っていても快適。
途中何回かにわか雨が降ったけど濡れるほどでもなくてよかった。
天気予報では雨とは全く言ってなかったんだが・・・。

今週末からまた30℃以上の世界に戻る予報。





[ 2017/07/21 06:24 ] MTB | TB(0) | CM(2)

サタデー・ライド・フィーバー

先週の土曜日、午前中の涼しいうちにバイクに乗ろうと思って、
朝のうちに店の仕込みを済ます。

日曜日はMTBに乗る予定だったので、
壊れて取り替えなければいけないハイドレーションパックのマウスピースを買いに行くのを兼ねて。

用事を済ませランチを食べにKるの店に寄り、
プーティーンを食べ、帰りに軽く遠回りの予定が家とは反対方向に走り出し、
気がつくとしっかり暑くなってしまった時間まで走ってしまった。


P7150002.jpg

E-PM2 12-32



この日はかなり暑かったけど、山火事の煙も少なく快適。
この夜から風が強くなり涼しくなった。


日曜日は朝起きたら寒いくらい。
ものすごい黒い雨雲かと思ったら、
遠くから風に運ばれてきた山火事の煙であった。

今現在、155箇所がBC州で山火事が猛威を奮っている。
焼け出された人達は大変だ。


先月までは洪水で雨が降らないように願っていたのに、
今度は山火事のために雨が降ることを願っている。
両極端なんだよなぁ。


山火事のせいで隣のアルバータ州からの観光客が少ない。

昨日隣町まで用事で行ったのだけど、
普段なら今の時期、街の中はクルマが沢山で駐車するスペースを探すのも大変なのに、
メインストリートもガラガラで難なく駐車できた。
今年の夏は暇な夏かも。






[ 2017/07/20 07:44 ] Triumph Sprint 900 | TB(0) | CM(2)

Tofino Kayaking 2017 #5

トフィーノの街から帰って夕食後、

最後の夕焼け撮り。

季節的に太陽が海に沈むのではなくて、
浜辺の森のなかに沈んでいくのが個人的には残念だったけどまあいいでしょう。



DSCF7632-HDR.jpg







今回は結局3時間くらいしかカヤックには乗ってないけど、
最近、家から出かけなくなったカミさんと一緒に出かけてこれたので良しとしようか。

もっとも、最近一緒に遊ぶメンバーがアスリート系なので、
カミさんがハイキング等のペースについて来れないのもあるのだが・・・。



DSCF7518.jpg

X-T10 18-55




今度はフェリーに乗らなくてもいいバンクーバー近辺でカヤックしようかねぇ~。


おしまい。




[ 2017/07/19 12:32 ] Kayak | TB(0) | CM(2)

Tofino Kayaking 2017 #4

強風の吹き荒れる海はカヤッカーにとってはうざったいものではあるが、
サーファーなどにとってはウェルカム。

この日も沢山のウェットスーツを着たサーファーがボードを抱えて砂浜を闊歩していた。


ウィンド・サーフィンも風がないと始まらない。


DSCF7562.jpg



そしてカイト・サーフィンも同様。


DSCF7612.jpg




水が冷たいのでウェットスーツを着ないで水に入るのは寒中水泳のごとし。
この女の子たちもジャブっと浸かったらすぐ上がってきて震えていた。(笑)


DSCF7591.jpg

X-T10 50-230




この後、いちどキャンプ場に戻り夕食後夕焼け撮り。


続く








[ 2017/07/18 07:19 ] Kayak | TB(0) | CM(0)