ポーラー・ボルテックス


Polar Vortex。
極渦とか極循環と呼ばれるもので、
極地の冷気が下がってきて冷え込む。

プレイリーのあたりはマイナス47℃くらいになるとか。

BC州はそれほどでもないみたいだけど、
暖冬で甘やかされ続けている今年は寒さが身にしみる一週間となりそう。

日曜日の夜から冷え込んでくるみたい。

白鳥たちにとっても厳しい一週間となるのかな。


Untitled

RX100


ジョギングした火曜日以降はまたドン曇りの連続。

暖冬だとは言っても、春はなかなかやって来ない。







[ 2019/01/31 07:44 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

白鳥


冬はいつも白鳥が川に飛んでくる。

だがしかし、一番のお気に入りの場所は畑みたいで、
畑の中にに沢山の白鳥がたむろしている。

そしてたまに川に出没してるようだ。

昨日の午後5Kmジョギングの帰りに橋の上からパシャる。

Untitled

RX100




来週はもしかしたら今季一番の冷え込みになりそうな予報。
と言っても最高気温はマイナス4度くらいみたいなので、
まだまだ屁の河童。

東の方のトロントあたりはことしの冬はかなり寒くて、
昨日は降雪記録を更新したそうな。

西側はエルニーニョのおかげで暖冬が続いている。
エルニーニョ様様だ。






[ 2019/01/30 11:46 ] Animals | TB(0) | CM(0)

ラーチヒルズ・サミット・トレイル


昨日は朝の9時ころに家を出て、
いつものラーチヒルズXCスキー場に行き、
そこから今回初めてのサミット・トレイルを一周するオフセット・トラックコースを行ってきた。

駐車場を出たのは9時45分ころだったか。

いつものようにCec's Cabinまで1時間ちょいかけて進んで行きそこで小休止。

Untitled


以前泊まったときより、薪ストーブが新しくなっていた。

Untitled



そこから North hubという分岐点に行き、
Caribou memoryというトレイルに入っていく。

DSC03316.jpg






Untitled


それから分岐でSummit shortcutを行く。

DSC03320.jpg


そしてSummit trailを行き、一応頂上近辺についたけど、
頂上もなだらかなのでどこが頂上なのか分からないくらい。


途中で数日前に写真をアップしたBastion Mountainを右上方から眺める。


Untitled



さてここから下りに入るわけだが、Summit conectorを行くと狭い急な下りとなり、
あたふたと降りていくが、後ろの二人の友人達はかなり苦労していたみたい。

DSC03342.jpg

RX100


そして次の分岐点でLarch Ledgeを右に折れ、
更に下っていくけど、
この辺りから雪質が悪くなってきてクラスト気味。

後ろでコケまくっているらしいが、
箸がこけても可笑しい年頃は、
もう数十年前に終わってるはずのM女史の笑い声が森のなかに響き渡る。
H子さんも「脚が攣った~」といいながらもなんとか下りてきている。

そしてSidehill Salmonというトレイルに降りてきてようやくきつい下りは終わった。
そこでまたNorht hubからキャビンに戻りH子さんが持ってきたビールで喉を潤す。

30分ほどの休憩で疲れも回復したので、
後は普通の圧雪されたコースを普通に駐車場に戻り、
自分の家でビールで乾杯。

家に着いたのは5時くらいだったかな。
約6時間ちょいのツーリングとなった。

このトレイルは下りがきついのであまり人を連れて行けないと判明。(汗)
行った道を引き返すならOKかな。
でも面白いのはいつも行ってるBog's Trailのほうが上だ。


次はまた違うTrailに行ってみよう。










[ 2019/01/28 07:50 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

夕空と凍った湖


今朝の最低気温はマイナス1℃。
まるで春みたいな気温だ。

今日はXCスキー場のオフトラックセットのコースを行ってくる、
プチ・バックカントリー・スキー。

一応頂上まで行くコースなので春スキーを楽しんでこよう。



最近は霧、もしくは曇天ばかりなので、
少し前のMt, Idaの写真を。


Untitled

X-T10 18-55





帰る頃には暖かくなってスキーの板の裏に雪がくっつきそうな予感。
友人は重い山スキーで来るようだけど、
自分はいつもの軽ツーリング用の板で行こう。




[ 2019/01/27 08:02 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

スポットライト



昨日の写真の少し後にパシャったもの。

Untitled

X-T10 18-55



陽差しが雲に遮られ、
まだらに山に当たっていた。


昨日の午後は久しぶりに5Kmジョギング。
まだ体は本調子ではないみたいだけどだいぶ復活。

そうなってくると休みの日はじっとしていられない性分。
今度の日曜日はオフトラックのスキーツーリングにでも行ってこようか。






[ 2019/01/25 07:53 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

Bastion Mountain



昨日の隣町への買い出しの後、
夕日に部分的に光るBastion Mountainをばパシャる。


Untitled

X-T10 18-55



この直後に夕日は雲に隠れてしまい、
夕方の太陽の光は消えていった。







[ 2019/01/24 07:56 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

桟橋の袂


桟橋の袂を振り返って見た。
こちらの空もピンク色。


Untitled

X-T10 18-55




今日も店の買い出しで隣町まで。

今年の1月もやっぱり変だ。
去年の11月の”なんか変だ”がまだ続いているようだ。

11月も1月も「年間二大暇々月間」なのに・・・。
ま、いいことなんだけどね。
あまりにいつもと違いすぎるんで・・・。








[ 2019/01/23 22:33 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

Mt,Idaと黄昏空



日曜日の夕暮れのMt, Ida(マウント・アイダ)
隣町サーモンアームのランドマーク。
昨日の写真を撮ったところで後ろを振り向くとこんな感じ。


Untitled

X-T10 18-55



今朝は久しぶりに除雪。
昨晩5~6cmほど積もった。


風邪もようやく治ったようだし、
雪と天気の状況を見て、
今週末か来週末、バックカントリー・スキーに行ってみようかと思っている。

と言っても本格的なものではなくて、
先週末にロペットが行われたラーチヒルズXCスキー場のバックカントリーだ。
一応トレイルの分岐等に標識があるのでわかりやすい。

最近はAvenza Mapというアプリでスキー場のトレイルの地図がダウンロードできるので、
まだ使ってはいないのだけど、
自分のガーミンe-Trexよりも使いやすいんじゃないかなと思う。

最近はガーミンのGPSはほとんど使っていない。
画面が小さいしイマイチ、バックカントリーで細かいところがわかりにくいからだ。


ガジェットは年々進化していくね。
30年前は殆ど無かったものだ。

無くてもなんとかなるけど、
あると便利。
そんなものが今の時代には沢山ある。

でもそのために必死で働かなくてはいけなかったり、
モノに振り回されるのは嫌だなぁ。

といいつつ、便利なのでつい自分も買ってしまうのだが・・・。





[ 2019/01/22 08:44 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

桟橋


日曜日は天気予報では晴れだったのだけど、
一日中、霧の中。

前日に病み上がりで17KmのXCスキーロペットにでて体も疲れていたので、
家でダラダラ日曜日。

夕方流石に飽きてきたので、
霧が薄くなってきた頃合いを見計らって散歩に出たけど、
すぐに霧が濃くなってきたので、
隣町に夕焼けを撮りに行く。

エンダビーを出て坂を登っていったら霧が晴れて青空が見えた。
でも薄っすらと雲が広がっている。

隣町サーモンアームの桟橋に着く寸前で長い貨物列車に踏切を塞がれて立ち往生。
こちらの貨物列車は100両以上はあるので気長に通り過ぎるのを待つ。

踏切が開いたら桟橋はもうすぐ。


Untitled

X-T10 18-55




ここなら皆既月食も見れそうだったけど、
病み上がりで寒い中何時間も外には居たくないしといったところだったので、
陽が沈んだあとすぐに家に帰る。
家に帰る寸前、坂を下っていくとまた霧の中に入っていった。



夜はもう月食はパスしようと思っていたけど、
FBに友人たちが赤い月が凄いという投稿が出てくるにつれて、
とりあえずひと目だけでも見ておくかと思い、
ついでなら赤い月の写真も撮るかと、
キャノンFD400mmも持って9時半ころ出かけていった。
Xマウントに付けると換算600mmになるのかな。

夕方と違ってXCスキー場への坂を登っていくと、
上の方で突然星が見えた場所があったので、
道の脇に車を止めて降りてみた。

赤い月はどこかな~と見回すとかなり天頂に近いあたりに赤い月が見えた。

写真を撮ろうと三脚をセットし、
キャノンFD400mmを付けようとしたら、
他のFDレンズにアダプターがついたままだったみたいで結局使えずじまい。

しょうがないのでXC50-230mmをつけて撮ろうとしているうちに、
また霧なのか雲なのかが流れてきてジ・エンド。

少しクルマで移動しようとしたけど、
余計霧が深くなってきたので諦めて帰宅。

一応、赤い月は見れたので良しとする。


帰宅後、かみさんに髪を切ってもらう。
風邪を引いたりして髪を切る予定が長引いていた。
久しぶりにサッパリ。

そんな1月の日曜日であった。






[ 2019/01/21 07:36 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

XCスキー・ロペット


昨日の朝はXCスキー・ロペットに出てきた。
登録したのはいつも出ている「レクリエーショナル17Km」というカテゴリー。

去年より一時間スタートが遅くなったので、
朝余裕ができた。

友人たちが家に迎えに来てくれたのが9時前。
ウチからスキー場までは20分。
駐車場に付いたら出場する人のクルマですでにいっぱい。

まずはゼッケンを貰いに行く。
そして準備をし、スキーを持って、
デイロッジでトイレなどを済ませ、ギリギリまで中で待機。

10分前になって板を付けてスタートラインに行く。
10時からカテゴリーごとに少しづつずらしてスタートしていく。


DSC03292.jpg


そして10時10分、自分たちのカテゴリーがスタート!
ことしは病み上がりなので、無理をせずにマイペースで板を滑らせる。

気温がスタートの時点でマイナス4度だったのだけど、
すぐにプラスに変わると思って赤のグリップワックスをチョイス。
いい感じでグリップしてくれている。

そしてまあまあの感触で14Km地点を過ぎた辺りから、
陽が当たってるところではワックスが合わなくなってきた。
少しの上りでもスカッと後ろに板が抜けてしまう。

これが一番体力を消耗するので、
上りでは逆ハの字型に板を開いて歩いて登るが、
病み上がりのせいで体力が続かなくなってきた。

陽の当たっているゆるい上りで、
友人のY嬢に抜かれてしまった。
まあ、今日は病み上がりなので仕方がないなとマイペースで進んで行ったら下りで彼女が見えてきた。
彼女の板はスケール(ウロコ状のもの)付きなのでワックスは要らないが、
下りではスケールが抵抗になってスピードが出ない。

なのでまた彼女を抜いて一分前にゴール。


DSC03294.jpg


あとから聞いたら陽の当たってるところで、
急にスピードがブレーキが掛かったようになって、
前につんのめるように3回コケたんだとか・・・。




M女史も今年は去年よりも11分早くゴール。

DSC03297.jpg




自分のタイムは去年よりも14分遅かった1時間49分。
今までで一番遅かったけど、
今回は完走が目標だったのでまあいいでしょう。

まず自分はデイロッジに行って、
汗の書いた服を、置いていた服に着替え、
汗で体が冷えないようにしておいた。


そしてゴールの後の恒例のビーフサンドイッチを食べる。

DSC03301.jpg

RX100


このビーフサンドイッチのために、
毎年、牛を一頭殺してサンドイッチにするのだそうだ。
そのためまだエイジ(熟成)が効いてないのでビーフが少し硬い。


そして家に戻り、
店の仕込みを彼女たちが手伝ってくれて、
自分は店があるのでそのまま残ったけれど、
彼女たちは隣町のレクリエーションセンターで無料のホットタブに入り、
これもまた無料の赤ワイン、白ワインとスナック類を食べて家に帰ったそうだ。



汗をたっぷりかいたせいか、
デトックスになったようで体調がいい。
今朝は一気に風邪が快方に向かっているのがわかるような気がする。

あまりイベントのない冬のいいイベントの一つだ。
来年もまた出ることになりそう。







[ 2019/01/20 08:42 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)