朝焼け



休日だった今週の月曜日、
朝起きて窓の外を見ると、なんとなく朝焼けになりそうな気配。


というわけでクルマで5分くらいのポイントに行って待機。
家にあったブルーベリー・マフィンとお茶を持って行って飲んでいると雲が色づいてきた。

はじめは思ったほどの朝焼けではなかったけども、
一旦カメラと三脚をしまって帰ろうとしたら、
更に色づき始めたので、
またカメラをセットアップして、
取り敢えず朝焼けが撮れた。


DSCF1897-HDR-Edit.jpg

X-E3 XC15-45





昨日のランチの終わりに、
バレンタインデーのカミさん用に頼んであった花が届いた。

DSC06160.jpg


タイミングがすっかりズレて遅れて届いたけど、
取り敢えずカミさんが喜んでたので良しとするか。




昨日も晴れたので農道往復ロードバイク20Km。
ちょうど1時間。

月曜日に乗ったときは途中から曇ってきたせいか、
まだ気持ちよさよりも寒さのほうが強かったのだけど、
昨日はずっと晴れて春の陽射しが差していたので、
気持ちよく走ることができた。

来月になれば、まさに春の空気の中を快適に走ることができるようになるだろう。

自転車は目に入ってくる景色の移り変わる速度が丁度いい。
歩いたり、ジョギングだとなかなか景色が変わらないし、
クルマだとあっとゆ~まに景色が通り過ぎていってしまう。

自転車で走っているときの、
頬を撫でる風の気持ちよさと、
適度な速度で切り替わっていく景色の楽しさが嬉しい。

しかもジョギングよりも膝や腰への負担も少ない。
そしてカロリーの消費も十分ある。
ジョギングより楽に長く続けられるのがいい。

そろそろ本格的な自転車シーズン到来かな。
ワクワク・ドキドキ。

まあね、春はファームの堆肥撒きのシーズンでもあるので、
ちょっとクチャイ走行ではあるが・・・・。





[ 2020/02/19 08:09 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(2)

Caribou Memory #2


全く踏み跡の無いまっさらの雪原。


DSC06154.jpg

RX100




先週も通った、凍ったLarch Hills Lake。

DSCF1860.jpg

X-E3 XC15-45




そして違うビューポイントに行こうとしたが、
かなり時間が掛かりそうだったので、途中で引き返してきた。



パーキングに帰る途中の景色。
4時過ぎ。
一ヶ月前はもう真っ暗だったけど、
日の入りも5時過ぎになってきたのでまだ夕方の陽射し。


DSCF1866.jpg

X-E3 XC15-45



そしてパーキングに戻ってきたのが4:21分。
丸々6時間半、山の中で徘徊していたことになる。
結構疲れた。

総行程27Km。


それにしても、いつも一緒に行く山ガール、トライアスリートの女子は強い。
そのへんの男より体力がある。
下手をすると煽られてしまいそう・・・。


そして家に帰って恒例のビール飲み。
プハ~ッ!



来週もまだ雪質がいいかな。












[ 2020/02/18 07:01 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

Caribou Memory


昨日の日曜日は” Caribou Memory"へ。
パーキングの横にあるクラブハウス。

DSC06141.jpg

RX100


スタートしたのは10時ちょっと前。
途中のBilbo's Bogに2つのイグルーがトンネルで繋がってあった。


DSCF1856.jpg





DSCF1858.jpg

X-E3 XC15-45




DSC06146.jpg






DSC06147.jpg






DSC06149.jpg





DSC06152.jpg

RX100



当初はCaribou MemoryからMoonshotへのループを行く予定であった。

DSC06153.jpg






DSC06155.jpg

RX100



ところがCaribou MemoryからThe Thicketの入り口はわかったのだけど、
その後のルートがわからず断念。

もと来たルートを引き返し、
途中から先週のルートへ入って帰ってきた。




続く




[ 2020/02/17 20:24 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

春の光芒



先日の休憩時間のハイクのとき、
少しづつ標高が上がって行って振り返ったら、
森の中に流れる霧の中に綺麗な光芒。


DSCF1845-Edit-Edit.jpg

X-E3 XC15-45



静かな森の中を霧がゆったりと流れていく。
聞こえるのは小鳥の鳴き声。
そして 凍った雪を踏みしめる簡易アイゼンを付けた自分のザクッ、ザクッという足音。

いやね、休憩時間にこんな気分を味わえるなんて贅沢かも。



昨日は今年の農道ロードバイク初乗り20Km。

DSCF1851.jpg

X-E3 XC15-45


気温3℃。
走っているとまだちょっと寒い。
道の脇はまだ雪がいっぱいだけど、
道路上には雪はない。

周りの雪を見るとやっぱり今年は雪が沢山降ったんだと言う実感が湧く。
でも、後は溶けていくだけだろう。
早く溶けちまいなさい。








[ 2020/02/16 07:22 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

春空


霧の中から現れたクリフは、すっかり春の青空の中だった。


DSCF1837-HDR.jpg

X-E3 XC15-45




昨日のバレンタインデーに、ネットで花をカミさんにオーダーしておいた。
だがしかし、結局デリバリーされず。

ネットでトラッキングを見ると配達済みとなっているのにである。
チャットで苦情を言うと、お金は返すことはできないが、
再送するかギフトサティフィケートをくれるということだった。
めんどくさいので再送を頼んでおいたが、
配達してほしいときのためにネットでオーダーしたのに・・・。

https://bloomex.ca/index.php




昨日は久しぶりに5Kmジョギング。
そろそろ農道ロードバイクも復活できそうな気配。

明日からの長期予報では最低気温はマイナスだが、
最高気温はプラスの日が続く。

春が近いかな。






[ 2020/02/15 07:27 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(2)

霧を透かして



水曜日の午後にクリフのトレイルに行ってみた。
街中はどんよりと曇った感じだったが、
そこでは青空とクリフの稜線の一部が透けて見えていた。

なんかそれだけでワクワク・ドキドキ。


DSCF1833-2.jpg

X-E3 XC15-45




この後歩いていくと、霧の海の上に出た。
完全な春の光の中に出ると、
気分はもうサイコ~!
ウレピ~!

ウキウキと歩いていった。






今日はバレンタインデー。
夜は忙しいディナーになりそう。

ハッピー・バレンタインズ・デー!







[ 2020/02/14 07:54 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

霧氷


一昨日の夜から霧の中だった。
家の横の木も霧氷になって、
昨日の朝、薄っすらと陽が差してきたときに、
白く光って綺麗だった。

カメラを取ってきたときには陽射しが消えていたが、
取り敢えずパシャる。


DSCF1812-2.jpg





DSCF1813.jpg







午後の休憩時間にはエンダビークリフのトレイルを歩きに行った。
パーキングが近づいて来ると、
周りが明るくなってきて青空が見える。


DSCF1828.jpg

X-E3 XC15-45



霧の中なのは街の中だけだった。

少し歩いていくと霧が晴れて、
爽やかな春の青空と陽射し!
気分が一気にウキウキしてきた。

しばらく太陽を見ていない間に、
もう完全に春の陽射しに変わっていた。

30分ほど春の陽射しの中を歩いて、
パーキングに戻り、
家に向かってクルマで走っていくとまた霧の中に入っていく。

でもなんかとても得した気分。
ルンルン♬

夕方の仕事にも弾みが付く。



先週の火曜日から木曜日までは開店休業状態だったのだが、
今週は普通。
やはり急に冷え込んで、雪が降って、
道が滑りやすかった天気が影響していたのだろうか?
バーノンの知り合いの店もみんな暇だったらしい。



でも今日から土曜日までの天気予報は、
またも雪マークが付いている。

今年の冬はバンクーバーの冬みたいな空模様だぞ。






[ 2020/02/13 07:40 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

日の入り


今日の日の入りは5:10分。
だいぶ日が長くなってきた。
夕方、店がオープンするのが5時なのだが、そのときでもまだ暗くない。

これだけでも気持ちがだいぶ違う。
光というものが人の気持に与える影響は大きい。

カナダの北の方で働いている人は、
冬は"極夜”で、ず~っと暗い中で生活することになるので、
定期的に半強制的に休みを取らされ、
みんな南の方へ降りてくるのだとか。
そうしない気持ちが鬱になっていくのだ。
南の方に来ると昼間はあって光があるし。


後、一月もすればサマータイムに変わり、
日の入りは一気に7時ころになる。
そうなると気持ちも一気に弾んでくるんだが。


こちらはまだ1月中旬の夕暮れ。


DSCF1625-HDR-Edit.jpg

X-E3 XC15-45




昨晩から霧が出ている。
天気予報では晴れで最高気温4℃の予報。

バンクーバーではクロッカスなどの花が咲き始めている。
こちらも今月下旬には咲き始めるだろうか。






[ 2020/02/12 08:12 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

Moonshot #2


Moonshotのビューポイントの近く。
数日の雪が木々に積もっている。

DSC06137.jpg

RX100



スキーで進んでいく時も雪が柔らかくて気持ちがいい。


P_20200209_140248.jpg



それほど景色がいいわけではないビューポイントだったけど、
とりあえず過程に満足。

P_20200209_133440.jpg

(はるぴ~にょの携帯で撮影)
ホワイトバランスがかなり違う・・・。





先週の木曜日に店のキッチンの洗浄機近くから水漏れ。
古い洗浄機のときに使っていた、
これまた古いお湯のブースターから水漏れ(お湯漏れ?)だった。

6年前に新しくした洗浄機は、
基本的にお湯の温度を上げるブースターはいらないタイプ。
なので木曜日以降は配電盤の電源を切って洗浄機を使っていたのだが、

それでも昨日、また水漏れしたので、
配管屋のブルースに頼んで、
ブースターのお湯の配管をバイパスしてもらった。
余計な部分を通らなくて済むようになったので、
洗浄機のお湯の温度も快調。
洗浄機を新しくしたときから外してしまえばよかったか。
シンプル・イズ・ベスト。






[ 2020/02/11 07:08 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

Moonshot


昨日はラーチヒルズXCスキー場の中の、
”Moonshot"と言うトレイルに行って来た。

家を出たのは10時ころ。
そしてパーキングをスタートしたのは10時半ころだった。

いつものCec's Cabinへ向かうコースを行き、
途中からLarch lake loopへと右折。
Mapはここをクリック。
オレンジ色のコースがすべてバックカントリー。
バックカントリーのコースが、
こんなに多いXCスキー場は見たこと無い。


DSC06125.jpg


そしてMoon walkに入る予定であったのだが、
やはり年末年始のときの重い雪が降ったときの影響で、
倒木多数のため違うコースから行くことに変更。


DSC06126.jpg


いつもの400mBogルートの出口のところから入って、
すぐに右の方にそれてLarch lakeの方に行く。


DSC06127.jpg


レイクを右に行くと正規ルートなのだが、
クリークが溶けて水が出ていたので、
レイクをそのまま突っ切って森に入り、
Deer trackにトラバースする独自のルートで進んでいった。

Sidehill Salmonへと登って行くはるぴ~にょ。




ここはオープンスペースで気持ちがいい。
晴れていたら最高なんだけど。
南西の方を振り返る。



DSC06130.jpg




DSC06136.jpg

この後はCreacut Connectionと合流した。
ここも多少の倒木はあったけど、
なんとか許容範囲内。

そしていよいよMoonshotを右に折れてビューポイントへ。


DSC06138.jpg

RX100


20200209_133417.jpg

携帯(Galaxy S5)での自撮り。


Moonshotは林道のような道であったが、
その終点がビューポイント。
Shuswap Lakeが見えていた。

ここで軽くスナックとドリンク休憩をしたけど、
風が吹いていて、雪も降っていたので10分ほどして帰路につく。
1:45分頃。

帰路も来たルートを戻る。
そして400mBogの出口に合流してLarch lake loopへと出てバックカントリーのルートは終了。

パーキングに戻ったのは3:45分。
総距離約21Km。

雪質がとても良く、
フカフカで気持ちのいいバックカントリーだった。


家に帰ってから美味しいビールで乾杯。
楽しい日曜日のバックカントリースキーが終了したのであった。

今度の日曜日もコンディションが良ければまた行こう。



 

[ 2020/02/10 07:29 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)