311の津波でさらわれた宮城県のハーレーがカナダに着いた!



http://www.cbc.ca/news/canada/british-columbia/story/2012/04/29/bc-tsunami-debris-harley.html

昨年の311の津波でさらわれたと思われる宮城県のハーレーがカナダに着いた。


4月18日、ピーター・マークさんがATVにのってビーチを走っていたところ、
カーゴ・トラックの荷台の箱の部分だけみたいなものが砂浜に打ち上げられていた。
ドアは壊れていて外れていた。



中にはバイクのタイヤみたいなものが見えたので、近づいてよく見てみると、
錆だらけのハーレーだった。



どうもファットボブみたいだ。

確認できるナンバー・プレートは
「宮城 そ ・4 28」


ハーレーの他にもゴルクラブセットやキャンプ用品などが見つかったということだ。

ピーター・マークさんが最初に思ったことは、
このバイクの持ち主は大丈夫だったんだろうかということだったらしい。

311の津波による漂流物で海岸に打ち上げられたものとしては、
初めての大物ということだ。

これからどんなものが流れ着くんだろう。





↓イイネ!




[ 2012/04/30 17:14 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/125-bd6bbfc8