オートバイ歴

自分がバイクの免許を取ったのは、大学2年生のときである。
最初に買ったのはカワサキZ400LTD。
この頃はハーレー・ローライダーにあこがれてたので、
デザインが一番それらしいこれにした。
なんといきなり新車であった。
それから、ず~っとバイクローン地獄が続く。

そして、2回目の大学2年生のときに9回目で限定解除!
ついに大型車へ。

最初の大型車は中古で73年型スズキGT750。
ワイルドセブンの影響か。

そのあと、やはり2気筒車への思いが強く、73年型ヤマハTX650へと続く。
W1のキャブトンを付けてブイブイ言わせていた。

これはかなり気にいってたけど、蔵王エコーラインで転倒小破し、売却することに。

その後は少し、手伝っていたバイク屋さんの中古を何台か乗せてもらい、
数ヵ月後に、またも新車で出たばかりの82年型ヤマハXV750Eを購入。
これはとても乗りやすかったけど、
TX650のあとがまとしては、面白くないバイクだった。

大学の友人がみんなドカやBMW、モトグッチに行く中、
なんと自分はマイナーなイタリアのラベルダ1000 3Cを購入する。

78年型で、これが今まで自分で乗ったなかで最高のオートバイ。
この型は日本に20台入ったかどうかということを聞いたことがある。


写真は自分の物ではないが、ネットから拝借した。

自分のはエメラルド・グリーンだった。

ず~っと乗っていようと思ってたけど、カナダに移住のため、やむなく売却。
かなり気にいってましたね、これは。

地味な外観からは想像できないかもしれないが、やはり官能の国イタリアでしょう。
3気筒という構造が、2気筒の鼓動と4気筒の速さを兼ね添えた、
非常に味のあるオートバイだった。音もすんげえ良かった。
しかも、3気筒なのに180度クランク!
両側2つと真ん中ひとつが交互に動く。

参考までに、これは右チェンジ、左ブレーキであった。

今でも3気筒には興味がある。

それ以外にもカブ、モンキー(75ccにエンジン載せ換え)
XL250なども所有したこともある。

オートバイを降りてから、もう20年もたつ。
[ 2008/08/26 13:55 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/1369-2a5b1dd0