一人です。

今日の朝から、かみさんと息子がバイブル・キャンプへと出かけていった。
来週の日曜日まで帰ってこない。
ずーっと一人である。

一人は気楽でいいなんて若いときは思ってたけど、
だんだん年を取ってくると、一人というものは寂しいものだ。
別に家族が家にいたからどうってわけではないけど、ただ居るというだけで、
寂しくないのである。

年を取るとともに、体力だけではなく、気力も衰えてくる。
特に今は体調を崩して、ビジネスを売ったりして、
体調回復を計っているときであるせいもあろう。
次のビジネスも思うように進んでいない。
先行きの不安もある。
早く、ビジネス始まって安定しないかな。

今日は寂しさを紛らわすために、MTBに乗りに行った。
いつものコースである。
川を渡るところで、数人の若者が橋の上でたむろしてた。
見ると、まだ上から何人か固まって川下りをして楽しんでる。
いいなあ、若い頃は。


人生に不安なんて無い時期だね。

自分もつい2~3年前まで、「今が一番最高」といってきたけど、
体調を崩すと、そんな気持ちはどこかへ行ってしまった。
体力、気力は元どうりになるのだろうか。

人間50年、
下天のうちをくらぶれば、
夢幻のごとくなり、
ひとたび生をうけ、
滅せぬもののあるべきか。
[ 2008/07/27 13:40 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/1392-7f0ef067