新居兼職場

カナダの住宅ブームが終わり、新しく始めたビジネスにも影響があるため、
急遽、路線変更して、また、レストラン経営をすることにした。

今回はヘリテッジ・ハウス(1904年築)で一階がレストラン、2階を自分たちの住居にする。
前オーナーはただレストランとしてだけ使ってたようで、2階に自分たちが住むためには、
小さくてもいいから、キッチンを取り付けなければいけない決まりがあるそうだ。
それで、2件の業者から見積もりを出してもらっている。
来週には両方の見積もりが出揃うはずなので、どちらかに決めて工事に取り掛かってもらおう。





こういうときにいつも思うのは、カナダののんびりしたところである。
日本のように、びしびしと事が進んでいかない。
逆に言えば、こののんびりしたところが好きで、カナダに移住したのもあるのだけど、
基本的に自分は心配性みたいで、気にしなくてもいいところまで心配してしまって、
体にストレスをためるようだ。
ここ数年、自分で自覚してきた。

少しは妻を見習ってのんきに構えてみるか・・・ってできないんだよなあ。
あんなふうには・・・。
年を取るにしたがって心配性になってきた気がする。
いろんな借金がかさんできたこともあるのだろう。
若いときは貧乏だったけど、心にゆとりがあった。家のローンなんてなかったし。
今は生活に追われる日々かな。
今は昔のゆとりのある生活を取り戻すべく、生活改善中。

去年までは仕事が忙しくて、毎日時間の過ぎ去るのがとても早いのだと思っていた。
でも今年になって何もしていなくても、時間の過ぎ去るのは早い。
要するに、年をとるとともに時間の経過は早く感じるということであって、
仕事の忙しさには関係ないのだということがわかった。
光陰矢のごとし。

せっかく夏に時間がたっぷりあるのに、野暮用やらなんやらで落ち着かない毎日を過ごしている。
でも、基本的に毎日、時間はゆったりと流れているのだ。
気持ちだけ、焦ってもしょうがない。
休養のためにビジネスを売ったのだから、ゆっくりすればいいではないかと、
自分にい聞かせる毎日である。
カヤック・ツーリングなども行けないかもしれないな。
釣りキャンプもダメかも。
バックパッキングもかな。
とりあえず明日からのバンフ行きで楽しんでくるか。
[ 2008/07/19 02:16 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/1397-7153aad9