トロフィーのその後

先日、エンジンを切っても、キーを抜いてもセルモーターが回り続けて、
バッテリーが完全放電してしまったトライアンフ・トロフィー900。

ブログを見た元ヘリコプター・パイロットのバンクーバーのN氏から、
おそらくセルモーター・リレー(ソレノイド?)が一時的に通電したままになっているんではないか?
ドライバーの柄などでコンコンと叩いたら治るかもよ。
とメッセージを頂いた。

でも、急に完全放電してしまったのがなんとなく気になって、
それ以外に電気系統がおかしいのなら、
売りに出しているバイクといえども、売ってしまった後の後味が悪いので、
プロに診てもらうことにした。


P7260002.jpg
E-PM2 14−42



持って行ったのはSicamousにあるスノーモービルショップ。
Powder Lites

2週間前の土曜日の朝、バイクをトレーラーに乗せて持って行った。
ココのオーナー兼メカニックのデイブはトロフィーを見に来たオジサンの友人だというので紹介してもらった。

話して見ると、昔はカナダ・ホンダのテストライダーだったと。
(問題が生じると彼が乗って、しかもほとんど自分で解決したという)

そしてホンダのメカニックを長いことやっていたが、
その後、スノーモービルのターボ・チャージャー・システムを自分で作って売っているという凄い人だった。


そしてデイブから先週連絡が入り、
いろいろ調べたけど、全く問題ないよということだった。

やはりN氏の言っていたことが当たっていたような気がする。
まあ、それでもプロに見てもらって気持ち的にもすっきりしたので、
これで気持よく売ることができる。

レイバーも良心的に半時間だけのチャージ。
おまけにグリスアップや掃除までしてくれた。
日本的な対応。
普通カナダでは頼んだこと以外は全くやらない。


バイクを引き取りにいった先週の土曜日の朝も、
8時30分の開店と同時にスノーモービルをトラックに積んだ人達が早速来ていた。

今度、時分の手に負えない故障
(めんどくさくてやる気が起きないとも言う(笑))は
ココに持って来ることにしよう。





ポチっと一発おねがいします。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ




[ 2016/03/28 08:02 ] Triumph trophy 900 | TB(0) | CM(2)

信用出来るメカニックに良心的な料金 こんなお店が近くにあるといいですね 私は未だそんなお店に出会わない ジェベルもセルがカチとなるだけで回らない モーター換えてだめ、スタータースイッチ換えてだめ バッテリー換えてだめ 最後はドライバーの柄でコツコツ その後、調子よく電気系統はほんと困ります
早くトロフィー売れるといいですね 
[ 2016/03/29 13:44 ] [ 編集 ]

Re: よっぱらいさん

ドライバーの柄でコツコツ攻撃、結構効くんですね〜。(笑)
[ 2016/03/30 06:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2161-95032766