夏至と満月

70年ぶりに訪れた夏至の日の満月。

前日は10時前のまだ薄暗い空に登ってきた。
そのつもりで月曜日も早めに9時半過ぎから出かけて行ったら、
なかなか登ってこない。

あぁ、そうだった。
太陽と違って月は毎日の時差がデカイんだった・・・。(汗)


普段使っていない古いVivitar 80-200mm f4.5の試し撮りをしながら月の出を待つ。
待ちくたびれて立ってるのが億劫になり、
スバルの後ろのゲートを開けて座って待つ。

すると少ししたらトラックが走ってきて停まった。
遠くから見たらボンネットを開けていたように見えたらしく、
故障してヘルプが必要なのかと思い、
わざわざ駆けつけてくれたそうだ。

田舎のカナダ人はとても親切。
数年前、MTBで100Km 走った時、同行者のタイヤがパンクして道端でパンク修理していた時も、
近くの人が通りすがりに止まってくれて、
「うちのガレージ使ってもいいよ。工具も揃ってるし」
と嬉しい申し出をしていただいたこともある。



結局月が登ってきたのは10時15分位だったかな。


名称未設定-2063
X-T10  Vivitar 80-200 f4.5



重いけど、思っていたよりこのレンズ悪くないかも。
今度はキャノンFD100−200mm f5.6も使ってみよう。


蚊にボコボコに刺されながら数枚撮ってから帰る。




ポチッとな!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




[ 2016/06/22 05:43 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2231-55bb3c75