キャビン泊まり#3

時々、陽の当たっている雪のところを行くと、
スキーの裏に雪が下駄のようにくっつくくらい気温が暖かい。
完全に春スキー。

だけど、新しい雪と快晴の青空で気分は上々。
サイコーの春スキー日和となった。


DSCF6008.jpg



だんだんと気温も上がり、陽も当たるようになって樹に積もった雪が溶けて落ちてくる。



DSCF6021.jpg



2時間ほどトレールを徘徊して、またキャビンに戻りしばし休憩。


DSCF6041.jpg

以上X-T10 18-55



それからまた思いザックを背負って帰路についた。
ほとんど下り坂なのだけど、傾斜の緩やかなところではやはり雪がついて滑りにくい。


家に着いてカミさんが揚げてくれたフライドポテトとビールでみんなで乾杯した。
それとカミさん得意のベーコン・シチューもうまかった。

自分のホームゲレンデとも言えるここのXCスキー場は標高が1000mくらいと低めなので、
シーズンが短いのが難点だけど、
家から20分の距離でこれだけ楽しめるのなら良しとしよう。

このあとXCスキーをするなら標高が1800mのバーノンのXCスキー場に行かなくてはならない。
そこまでは1時間くらいかかるけど、あと何回行けるかな。






ポチッと一発お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ





[ 2017/02/23 07:49 ] Winter sports | TB(0) | CM(2)

まったく羨ましい生活。山小屋で乾杯は最高。
[ 2017/02/24 02:37 ] [ 編集 ]

Re: Ishikawaさん

ガハハ、こういう生活がしたくてカナダに移住したのでやっぱりこっちに来てよかったなあという感じですね。v-221
[ 2017/02/24 07:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2428-c6f8d207