ロッキー日帰り行 #2

帰路についた後、Hwy1 に平行して走るHwy1Aを通っていくと、
制限速度も60Kmくらいだし、どこでも止まって写真を撮れるのでいい。

つい止まって写真を撮ってしまうのが難点だけど。


道端からキャッスル・マウンテンを望む。


Castle






少し行くと角がたくましいエルクが道端で木の葉っぱを食べていた。


Elk

X-T10 50-230


写真は#3に続く。



2週間前のMTBのレースに向けてE-bayで買ったタイヤがやっと届いた。
結局、レースには間に合わなかったけど、まあいいでしょう。


ここ数年間、MTBといえども実態は農道スペシャルバイクと化していたので、
ロード用のタイヤを付けて走っていたわけだが、
またトレイルにも復帰したので、
普段農道を走るときはトレイル用のタイヤは使いたくない。

というわけで、なぜかM女史の家に余っていたMTBをもらったので、
ホィールだけ外してそれにロード用のタイヤを組み、
週末トレイルを走るときだけホィールごとトレイル用タイヤに替えて走るつもりでいる。

でも、それもめんどくさい(汗)ので、
更にM女史の家に余っている古いロード用のバイクを貰おうかとも考えている。
かなり古いけど、使えるには使える。

そしたらホィールを替えることもしなくていいし。

ただ、このあたり農道と言っても、かなり舗装状態は悪い。
ロードレーサーの細いタイヤじゃ凸凹でパンクしやすいんじゃないかという懸念が残る。

高校生の頃、スポルティーフというタイプの自転車で通学していたときも、
函館の市電の線路を乗り越える時に何回パンクしたことか・・・。

まあ、今度乗ってみて体に合うサイズだったら貰おうかな。







[ 2017/06/20 07:04 ] Canadian rockies | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2537-35e5a05a