ラスト・ライド

みなさん、こんにちは。

お手数ですが、
まずは↓をポチッとお願いします。









月曜日は朝から晴れ、陽射しが嬉しい。

でも、夜のうちに雨が降って道路は濡れている。

午前中はかみさんと連絡したり、
バンフのメカニックと話をした。

「え!マジですか!?」
 と心の中でつぶやいてしまったよ。

まあ、スバルのことは次回の記事でお話ししましょう。


昼過ぎになり、遅いランチを食べたら道が乾いてきた。
気温は5度。

ラスト・ライドをするべく、
先日はずしたばかりのバッテリーをまた取り付け、
1時50分ころ出発した。



最後に乗ったのは5日の土曜日なので、3週間ぶりのバイクだ。

まさかこんな時期に乗れるとは思ってなかったけど、
強引に乗ってるだけかもしれない。

久しぶりに乗ると、
青い空や後ろに飛んでいく景色が気持ちいい。
それにマシンから伝わる振動。
「生きてる~!」



気温が5度くらいだったら、
腰蓑一丁でフラダンスでも踊ってやるぞ!と思うくらいテンションが上がる。

スワン・レイクへのわき道をそれて写真を撮った。




滑り止めの砂は車のタイヤに押しのけられ、
道路わきに追いやられているので平気だ。
少なくともここまでは。



バーノンの町を過ぎて、カラマルカ・レイクを見下ろせる広い駐車場で、
写真を撮ってから帰ろうと思っていた。

バーノンを過ぎてさらに南下すると小高い丘がしばらく続く。
その辺りに差し掛かると、滑り止めの砂利が増えてきた。

それでも、普通に道を走っている分には平気。

そして、その駐車場へ対向車線をクロスして曲がろうとしたけど、
左折専用レーンは砂利だらけ。

こんなところで100km/hから減速したら、滑ってこけるのが目に見えている。


仕方がないので、次のところで曲がろうと思ったけど、
次の左折レーンも砂利だらけ。


何とか減速して右折できるレーンに入って右折後、
すぐにUターンしてHWYを逆に戻る。

そのときも交差点内が砂利だらけだったので、
加速できず、すぐ後ろに後続車が迫ってきた。

何とか加速できて100km/hで巡航。

そして、例のパーキングに入ろうと思ったが、
ここも砂利がいっぱい。


でも、後続車がいなかったので、
走行レーンで減速してから、
ゆっくりと右折し駐車場に入れた。




駐車場にいるのは自分だけ。






初冬の夕暮れはつるべ落とし。

その後は、順調にHWYを走り、
Enderbyまで帰ってきた。
すっかり夕方になった・・・と思ったけど、まだ3時過ぎだった。

3時15分ころ帰宅。
約100Kmの走行。


今回走ってみたけど、
やはり冬はバイクは冬眠の時期だ。

いくら道が乾いていても、砂利がなくなったわけでもないし、
その砂利が道路に残っていた場合、
前を走る車や、対向車などが石を巻き上げ、
それが車の窓に当たって割れることも多い。

ほんとに弾痕のようになるのだ。

今回も小さな石だけど、ウィンド・シールドにあたった。

そして、春に乗り出したときのスーパーな陽射しがあるわけでもないし、
春特有の気持ちの高揚感もない。

それを実感しただけでもOkかな。

これにて、今年のラストライド終了。








ここ↓をクリック!



[ 2011/11/30 06:05 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/261-735ddce5