Road Trip to USA #10

初めの予定では朝、テントを撤収してキャンプ場をチェックアウトした後、
湖をみてそのまま出かけようと思っていた。

朝、6時半ころ目が覚めた。
外を見るとようやく空が白んできたところだったので、
朝のきれいな景色が撮れるかと思ってかみさんを起こし、
テントはそのままにして、まずは湖を見に行くことにした。

P9130395.jpg

E-PM2 14-42EZ



キャンプ場は国立公園に入ってすぐのところにあり、
湖はそこから10~15分ほどクルマで走ったところにある。

ちょうど外輪山の部分に着くと、
見えた見えた、クレーターレイク。
今朝もうれしいことに山火事の煙はない。


Morning light in Crater lake



カルデラ湖なのでまさにクレーターのような景観。
ちょうど外輪山の一部に朝日が当たってきたところだった。

この湖はアメリカで一番深い湖で世界でも9番目に深い。
その深さは592m。
水の透明度も44mと世界トップレベル。


本来なら外輪山に沿ってクルマで一周できるのだけど、
道路工事のため一部は通行止め。
時間もそれほどあるわけではないので、
ロッジの周りを歩くだけにしておいた。

最初の駐車場に止めて歩いていくと、クレーターレイクロッジが見えてきたので、
中に入ってモーニングコーヒーを飲む。


DSCF8219.jpg







DSCF8222.jpg






DSCF8198.jpg


自分はいつも通りアメリカーノ。
というか普段、自分はコーヒーを飲まないので日本茶ばかりなのだけど、
出かけた時だけアメリカーノを飲む。
最近ではカナダやアメリカのカフェでも緑茶や玄米茶もあるようになってきたけど、
たまにハーブの混ざった変なお茶もあるので、初めてのカフェではあえて冒険はしない。


少しづつ日が昇ってくる。
右のほうから山火事の煙が入り込んできている。


Morning trees






DSCF8234.jpg

X-T10 18-55


この後、キャンプ場に戻り、
テントを撤収後、ギフトショップでお土産を購入。
と言っても自分たちのものばかりだが。
お土産というより記念のTシャツとか。


そしたら、突然日本語で若い女の子から話しかけられた。
九州から一人旅で来ているそうだ。

昨日着いたらしいのだが、クルマの中にキーをつけたままドアをロックしてしまい、
昨日はここのキャンプ場にあるロッジに泊まったんだとか。

Kramath Fallから友人がクルマのキーを持ってきてくれるの待っていると言っていた。

その子と別れてからまた北上するのだけど、
やはり山火事の影響でHwyの一部が通行止め。

ほんとはHwy62からHwy230を北上して、
Hwy138を西に行ってI-5に乗りたかったのだけど、
Hwy62を南下してHwy234 からGold hillでI-5に合流という回り道を行くことになってしまった。
約100Kmの遠回りになる。

ギフトショップを出たのが11時半だったか。


I-5にさえ乗ってしまえばExitを見間違わない限り一本道。
ポートランドに差し掛かったころには5時くらいになってしまっていたので、
帰宅渋滞に巻き込まれ、街を抜けるのに40分くらいかかってしまった。

ポートランドのロープウェイが渋滞でノロノロとしか動かないHwyから見えた。


P9130404.jpg





今宵のキャンプ場はMt, St HelensのそばのSeaquest 州立公園である。
着いた時にはすでに管理者は帰宅した後だったので、
セルフレジストレーションでレジスター。

そしてテントを設営する。
さらに静かなキャンプ場だった。


P9140409.jpg

E-PM2 14-42EZ


走行距離約620Km。

翌朝はMt, St Helensのビジターセンターに寄ってから一週間ぶりに帰宅だ。





続く







[ 2017/09/26 08:25 ] USA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2623-b2e0f5d8