Woodbury Cabin #2

朝、早くから隣でごそごそと寝袋をしまうかみさんの音で目が覚めた。
でも、まだ暗そうだし朝焼けもまだだろうと思ってそのまま寝袋にくるまって寝っ転がっていたら、
一度外のトイレに出て行ったかみさんが戻ってきて「朝焼けになってるよ」と言うので、
ごそごそと服を着て下に降りていく。


寒いので防寒をしっかりしてからカメラを持って出て行った。



小屋を出ると夜明けの空にまだ月が光っていた。


DSCF8579.jpg






DSCF8567.jpg






反対側を見ると地平線のあたりが赤くなっている。


DSCF8569.jpg

X-T10 18-55



この小屋のある辺りは標高2000m。
朝焼けも下のほうに見える。



まずは数枚パシャってからトイレに行きふんばる。
少し前に風で屋根が飛ばされてしまったらしく中は雪が積もっている。

ふんばりながら眺める朝の空は奇麗であった。
昨夜は星も奇麗であった。


DSCF8563.jpg



この後、陽が昇ってくるまでロケハンをしながらポイントを探して歩く。



続く






[ 2017/10/11 07:29 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2637-156e38a0