Woodbury Cabin #4

朝日に輝る落葉松も30分もしないうちに輝きが落ち着いてきた。



DSCF8607_20171012133144a5b.jpg






DSCF8623_20171012133143ece.jpg





小屋を掃除した後は駐車場に向けて下山開始。
9:45に出発。

帰りは約3時間ほどで駐車場に着いた。
ここでほかのみんなは温泉に向かって出発していったが、
自分は足の遅いかみさんと、
それをサポートして歩いている息子を迎えに行くのでまたトレイルを歩き出した。

自分の予想だとさらに30分から一時間ほど遅れていると読んでいたから、
かなり歩くことになるかと思っていたけど、
駐車場に着いてヤマアラシ除けのワイヤーを外したりしてるうちに30分くらいは時間がたっていたので、
自分が歩き出して5分くらいで向こうから歩いてきたかみさんたちと遭遇。

結局かみさんたちはみんなから約40分遅れで着いたことになる。
これはかみさんにとっては快挙のスピードだ。

行く前から「遅くなったら自分たちは温泉に行く時間が無くなるぞ!」とハッパをかけていたのが幸いした。
温泉に行きたいために途中で休憩をせずに頑張って歩いて来たんだという。

これからはこの調子で歩いてくれ。


行った温泉は洞窟のあるアインズワース・ホットスプリングス


ここで冷えた体を暖めたあと4時ころに帰路につく。


途中のKasloという町の黄葉が午後の陽ざしに光って奇麗なことこの上ない。
今回は黄葉もタイミングが良かった。


DSCF8650-2.jpg

X-T10 18-55



途中の小さな町のスーパーで簡単な食事を買って、寒いので車の中で食べ、
フェリーに乗って帰って来た。


バーノンの待ち合わせだった場所に着いたのは9:30ころ。
そこには友人のクルマが1台駐車してあったのでそこで解散ということになった。


3週間ほど前に突然思いついた企画だったが、
みんなと一緒に行けて楽しい秋の山小屋泊りになった。


次は冬のXCスキーで小屋泊りかな。










[ 2017/10/13 07:43 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2639-e04c48f5