桟橋

昨日からまた雪模様。
今年の1月はまるで上信越の冬のような天気。
今年はスカッとした晴れの日が少ない。
気分もスカっとしない毎日。

カナダでは、特にバンクーバーは冬が雨季なので冬季鬱になる人が多いと聞く。

このあたりのオカナガン地方は他のカナダほど寒くもなく、
またバンクーバーのように雨や曇天が少ないいい感じの冬のはずなんだが・・・。

気温が中途半端に暖かいので、雪がすぐに大根おろし状態になってしまい、
ジョギングするのにもビチョビチョ。

春が恋しい毎日。


先日、隣町に行った時、
北米で一番長い木製の桟橋を先端から逆に撮る。


Wharf

X-T10 18-55


マウント・アイダが奥に聳えている。



今日は3℃、明日は5℃まで気温ががるんだそうだ。
いっそのこと、雨で雪が全部溶けてしまえばいいのに。


今週末は条件が許せばトラックセットのないバックカントリー・スキーに行きたい。
圧雪車が治って途中までのコースが整備されていたらいいなぁ。






[ 2018/02/02 08:10 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2729-5bbcd296