USA Glacier 国立公園ツーリング #1

アメリカのモンタナにあるグレイシャー国立公園に2泊3日でツーリング。

友人達が住むカナディアンロッキーのキャンモアで待ち合わせのため、
自宅を出たのは4時7分。

今回は日曜日の朝にBanffを通って行くんなら、
教会までバイクの後ろに乗せていけというかみさん付き。(汗)

DSC01920.jpg


朝方の峠越えは寒いので冬用のジャケットに手袋を準備させた。
帰りはバスで帰ってくる。


すでに東の空は白んでいたので、
30分位するとだいぶ明るくなってくる。

Banffの教会に着いたのが9時ころだったが、
現地時間では一時間時差があるので10時。
礼拝は終わっていたが、礼拝後の交わりの時間には間に合ったみたいで、
その後お茶をしてバスで帰ってきたんだそうだ。


Banffに着く頃にバイクのタンクがリザーブになった。
ちょうど400Kmくらい。
普段だと大丈夫だと思うのだが、二人乗りだったのでちょっとは燃費が悪いかも。
リザーブのまま25Km離れた隣のキャンモアまで走っていく。

待ち合わせのガススタンドに着き、友人達と挨拶しつつガソリンを入れる。
と思ったが、財布が見つからない。(汗)

ちょっとパニクったけど、家に財布を置いたままだったのを思い出し、
一瞬目の前が真っ暗になったが、
パスポートと両替したUSドルはある。
友人達がお金は貸してくれると言うのでなんとかそのまま決行することに。(滝汗)

ここまでの距離は424Km。
家を出たときは103828Km。


DSC01924.jpg



今回はいつもの2人の友人たちの他に、
更に2人の日本人ライダーが途中まで参加し、
一緒にランチを楽しんだ後、彼らはそこから帰る。


カナダでも珍しいゼファー750。

DSC01929.jpg



Z1氏から譲り受けた初代のニンジャ。

DSC01930.jpg



いつものZ1氏、
毎回どこかがアップグレードしている。
今回はリアスイングアームがスズキGSXの角型アルミスイング・アームに代わっていた。
高速コーナーでの安定性が格段に向上したということだ。

DSC01932.jpg



前回までカタナで参加していた友人は、
今回ブラックバードを長距離ツーリング用に増車。

DSC01933.jpg



そしてキャンモアからHwy1、そしてHwy40を約180Km走ったロングヴューでガソリンを入れた後ランチ。

DSC01938.jpg


カフェの名前はリトルニューヨーク・ビストロ。
こんな小さな町なのに今までカナダで食べたハンバーガーの中でもトップクラスの美味しさ。
バーガーソースを使っていないのに塩味だけでこんなに美味しいもんなんだ。

当然財布を忘れた自分はZ1氏が立替えておいてくれた。
しかも、この後今回のツーリングの間中、彼にお金を立替えてもらうことになった。(汗)



美味しいランチを食べた後はゼファー氏、ニンジャ氏と別れ、
Hwy22を南下し、一路国境超えをするべく走っていく。

ピンチャー・クリークでカナダ最後の給油。
その後いよいよ国境を超え、5時半ころモンタナに入る。


DSC01945a.jpg

RX100



そして続く






[ 2018/07/25 08:28 ] Triumph Sprint 900 | TB(0) | CM(2)

どうしてカワサキ車は人気なんでしょうね それにしても海外の方のほうがカスタムが上手
[ 2018/07/25 11:50 ] [ 編集 ]

Re: よっぱらいさん


Z1氏はもともと整備士なので工具さえあれば何でもできるし、
あとは個人のセンスでしょうか?
Z1は止めるたびに色んな人から話しかけられます。
自分たちより上の年代の人がほとんどですが。(笑)
[ 2018/07/26 06:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2882-ca92c40f