Wells Gray Back Packing #5

夜中にトイレに起きたら空が満天の星。
北斗七星がクッキリと見えていたが、
東の空に浮かんでいる三日月が明るくて、
天の川はそれほどはっきり見えなかった。


翌朝、またカップスープとオートミールを食べたあと、
テント撤収作業。

テントが夜露に濡れていて重い。
自分のテントは4シーズン用なので3人用ながら3.8Kgもある。
この時は夜露に湿っていたので4Kg以上はあったはず。

シェラデザインのアルファといういいテントなのでもう10年以上使っているが、
入り口のメッシュのジッパーがちょっと調子悪いくらいでそれ以外はまだまだ使える。

でも、軽い3シーズン用のテントもほしいなと思う今日このごろ・・・。
半分くらいの重さのものもあるので、かなり肩への負担がかわるはず。



出発は9時15分位。


DSC02205-1.jpg



2日前に登ってきたのと同じトレイルを帰る。
当初は、違う道をループして戻る予定だったけど、
第2パーキングにショートカットして止めたので、
同じ道を戻らなくてはならなくなった。

でもループする予定だった道は結構勾配が急で、岩なども不安定だとあったので、
今回のパターンで正解だったのではないだろうか。


途中の沢で同行の両生類のような友人達が相変わらず頭を洗ったり、足を洗ったりして、
尚且、トレイルの両脇に生えてるブラックハックルベリーを摘みながら歩いて、
12時頃にパーキングに到着。

友人が車内に置いていった缶ビールで乾杯。



その後、滝を見に行った。
この滝は裏側を歩いて通り抜けられる。

しかし、滝のパーキングに着く寸前から大粒の通り雨が降ってきたので、
車内で30分ほど時間つぶし。

しばらくして雨がやんだので滝へ向けて約45分歩いて行く。
滝の裏側を人が歩いているのが見える。


Moul Fall



滝が見えるポイントに着いてから、
更に下の方へ歩いていき、
自分たちも滝の裏側へ行ってみた。

滝の裏側のかみさんとM女史。


DSC02231.jpg

RX100



自分もこの後行ってみたが濡れるのでTシャツは脱いでいく。
それでも短パンなどもびしょ濡れ。


車内で雨宿りしている時に、
トレイルから帰ってくる人たちが、
頭からびしょ濡れで通り雨に濡れて大変だっただろうなと話していたが、
実は滝で濡れていたので雨はあまり関係なかったのかなと・・・。(笑)



その後はクリアウォーターの町で、
地ビールと美味しいスモーク肉を食べさせるレストランで食事をして、
ここを出たのが6時半頃。

家に帰ってきた時は9時近くになっていた。



今回は前から行きたかったWells Grayにバックパッキングに行けて、
バケット・リスト一つ消化した。

ここはまた行こうかな。








[ 2018/08/13 06:23 ] Back packing | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2897-1c4e2610