モナシー州立公園バックパッキング #1

夏の最後の連休にモナシー州立公園にバックパッキングに行ってきた。
自分とかみさんとY女史の3人。
家を出たのは7:40

メインのトレールヘッドは山火事のため閉鎖中なので、
山の反対側のレベルストーク側から、
前回MTBに行ったSolmountainロッジからスタート。
パーキングから1.6Km歩き、
ロッジでトレイル・メンテナンスの寄付をする。
これはビール込み!
12:10


solmountain lodge



サウスカリブー・パスまではアルパインメドウズの爽快なトレイル。
3週間前にMTBで来た時は、
山火事の煙と霧で周りは何も見えなかったので、
その景色を見たいということもあった。


1:40頃にSol Lakeに寄ってみる。
ここにビールが冷やしてあるらしい。
聞いた場所を見ると在った、在った。
まだそんなに歩いていないけど、
冷えたビールを頂くことにする。
んめぇ~~!


DSCF2890-1.jpg





霧と煙のために何も見えなくて行かなかったサウスカリブーパス・トレイル
はこんなにきれいな景色を見ながら走れるところだった。
見えている山はMt, Fosthall

Mt, Fosthall


そして3:50にサウスカリブーパス到着。


Monashee PP





DSCF2930-1.jpg

X-T10 18-55


ここまではアップダウンのあまりないアルパインメドウのハイクだったけど、
ここからピーターズレイクまで一気に急降下。

トレイルもよく判別できなくて、
独自のルートでキャンプ場まで行った。

キャンプ場に付いたのは6時過ぎだったか。

日が短くなってきて暗くなるまであまり時間がなかったので、
急いでテントとタープをを設営し、夕ご飯とビール。
そして今回はパウチの日本酒を頂いたのでそれも頂く。


タープを設営し終わったあと、
間もなく雨がパラパラと降ってきた。
前回のウェルズグレイのバックパッキングのときは、
雨はふらなかったので活躍しなかったタープだけど今回は大活躍。


そのうち雨も止み、柔軟体操などしてまったりと過ごす。
空は曇ってしまって星は望めそうにない。


すっかり暗くなって来たので、
食材などを熊に取られないように,
高いところに吊るす場所があるのでそこまで吊るしに行った。

10時過ぎになってまた雨が降ってきたのでテントに潜り込む。


その後、雨は土砂降りになり、
雨がテントを叩く音を聞きながら眠りに落ちていった。

眠る前にかみさんが言った「今回天気がいいと思ってレインウェア持ってこなかった」
といい言葉が頭にこびりつきつつ・・・・。


夜中にも何回か雨と風の音で目が覚める。
そのたびに明日もこの土砂降りが続いていたらどうしようか。
かみさんに自分のレインジャケットを着せて、
自分は濡れるのを我慢していこうかとかいろいろ考える。

で、そのうちまた眠りに落ちる。
 


朝6時になっても相変わらずの土砂降り。
少し風も出てきた。

風が出てきたので晴れるかもなどと淡い期待を抱きつつもいくら待っても晴れる気配はなし。

タープなども心配だったので、
服を着て外に出てみるとタープは、
一本だけペグが抜けていたけど大丈夫だった。

タープの下にザックを置いてあったので一安心。


Untitled




15年くらい前に中古で買ったSierra Desginのテントも一晩中の土砂降りの雨に耐えてくれた。
4シーズン用のテントなのでちょっと重いけど頼もしいやつ。


ジッパーの調子が悪いので、
前回使った後、
近くで修理してくれるところを教えてもらおうと、
シエラデザインにコンタクトをとると、
調子の悪いところを写真にとって送ってくれというので写真を送ったら、
アラバマのリペアセンターに送ってくれたら無料で修理して送り返してくれるという。

ライフタイム・ワランティってやつだったのか。
いいものは長い目で見ると結局安上がりになる。


Untitled

X-T10 18-55



7時過ぎてもまだ雨が降っていて空はどんよりしていたけど、
だいぶ小降りになってきた。

そのうち雨があがった。

7時09分ころ、
ふっと西の空を見ると薄っすらと青い空が雲から透けて見えている。

その後は急展開で青空が広がり、
7時20分頃にはすっかり青い空になってしまった!

やった!

どれだけ自分の日頃の行いがいいのか分かろうというものだ。(笑)


そして安心してオートミールとカップスープの朝食を取り、
少し写真を撮りに歩く。



続く。






[ 2018/09/05 08:31 ] Back packing | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/2911-2207b680