納竿



2週続けてボウズだったフライフィッシング。

もう終わりかなと思って、
昨日はことしの初XCスキーに行こうと、
ネットでスキー場の天気をチェックしたけど以外に暖かい。
うちから一番近いラーチヒルズはプラス気温。
山の上の方もマイナス2℃くらい。

雪もそれほど多くはなくイマイチなコンディションのようだったので、
また釣りに行くことにした。


2時過ぎくらいからまずは橋の下でやってみた。
1投目から根掛かりでフライ喪失。
2投目も根掛かり。
ここはもう少し沈むスピードが遅いシンクティップの方が良いのかも。

一流し目の終わりになってアタリもないので、
いつものフラットに行こうと、
リールでリトリーブしていたら突然重くなったので、
また根掛かりかと思ったら、
次にはグリングリンと首振りの挙動が伝わってきた。

しかし、その後ジャンプをしたときに外されてしまった。
でも2週間ぶりの魚の手応え。
「いるんじゃん!」 (汗)

同じ場所で何回かキャストするもその後手応えなしだったので、
いつものフラットに移動。

こちらは風が強い。
涙目、手がかじかむ。
寒い、やる気が失せる。
というわけで一流ししてアタリ無しで今年のフライフィッシングは終了と相成った。

5~6年前まではマイナス2~3℃でも釣りに来ていたのだが、
今はもうその気概もなくなった。
寒いものは寒い。

それでも今年はついにスペイを始めたため、
3~4年ぶりくらいによく通った。
来年はレイクの釣りも再開してみようか。



昨日は夜から降り続いた雨が一日中降ったりやんだり。
朝から薄暗くてどんより空。


Untitled

X-T10 18-55


来週はもうクリスマスで4連休だ。
早いねぇ。


夜は弟が親父からくすねて送ってくれた佐伯泰英の「古着屋総兵衛影始末」を読む。
この本はすることがなくなる冬のために取っておいたのだ。
少し前から読み始めたのだが、面白くてやばい。
絶賛寝不足実施中・・・。






[ 2018/12/17 08:12 ] Fly Fishing | TB(0) | CM(2)

時代小説また読みたくなりました 同じ本を2度買ったことが何度かありました 最後は図書館で隅から隅まで読んで 寄贈の判があったのを覚えています 私は池波正太郎が一番よかったかな 仕事や家庭でパソコン使うと本を読む機会が減りました 読めるけど書けない BANさんはどうですか
[ 2018/12/18 15:56 ] [ 編集 ]

Re: よっぱらいさん

こちらにいると日本語を手で書くことが殆ど無いので、書けるかどうかもわかりません。(汗)
ただ、本は以前と同じように読んでいますね。
今は電子書籍で日本と同じ価格で買えるようになったのが嬉しいです。
でも佐伯泰英のように電子化しない著者もいるのでそういうのが悔しいですねぇ。(笑)
[ 2018/12/18 20:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3010-f8fe81c5