XCスキー・ロペット


昨日の朝はXCスキー・ロペットに出てきた。
登録したのはいつも出ている「レクリエーショナル17Km」というカテゴリー。

去年より一時間スタートが遅くなったので、
朝余裕ができた。

友人たちが家に迎えに来てくれたのが9時前。
ウチからスキー場までは20分。
駐車場に付いたら出場する人のクルマですでにいっぱい。

まずはゼッケンを貰いに行く。
そして準備をし、スキーを持って、
デイロッジでトイレなどを済ませ、ギリギリまで中で待機。

10分前になって板を付けてスタートラインに行く。
10時からカテゴリーごとに少しづつずらしてスタートしていく。


DSC03292.jpg


そして10時10分、自分たちのカテゴリーがスタート!
ことしは病み上がりなので、無理をせずにマイペースで板を滑らせる。

気温がスタートの時点でマイナス4度だったのだけど、
すぐにプラスに変わると思って赤のグリップワックスをチョイス。
いい感じでグリップしてくれている。

そしてまあまあの感触で14Km地点を過ぎた辺りから、
陽が当たってるところではワックスが合わなくなってきた。
少しの上りでもスカッと後ろに板が抜けてしまう。

これが一番体力を消耗するので、
上りでは逆ハの字型に板を開いて歩いて登るが、
病み上がりのせいで体力が続かなくなってきた。

陽の当たっているゆるい上りで、
友人のY嬢に抜かれてしまった。
まあ、今日は病み上がりなので仕方がないなとマイペースで進んで行ったら下りで彼女が見えてきた。
彼女の板はスケール(ウロコ状のもの)付きなのでワックスは要らないが、
下りではスケールが抵抗になってスピードが出ない。

なのでまた彼女を抜いて一分前にゴール。


DSC03294.jpg


あとから聞いたら陽の当たってるところで、
急にスピードがブレーキが掛かったようになって、
前につんのめるように3回コケたんだとか・・・。




M女史も今年は去年よりも11分早くゴール。

DSC03297.jpg




自分のタイムは去年よりも14分遅かった1時間49分。
今までで一番遅かったけど、
今回は完走が目標だったのでまあいいでしょう。

まず自分はデイロッジに行って、
汗の書いた服を、置いていた服に着替え、
汗で体が冷えないようにしておいた。


そしてゴールの後の恒例のビーフサンドイッチを食べる。

DSC03301.jpg

RX100


このビーフサンドイッチのために、
毎年、牛を一頭殺してサンドイッチにするのだそうだ。
そのためまだエイジ(熟成)が効いてないのでビーフが少し硬い。


そして家に戻り、
店の仕込みを彼女たちが手伝ってくれて、
自分は店があるのでそのまま残ったけれど、
彼女たちは隣町のレクリエーションセンターで無料のホットタブに入り、
これもまた無料の赤ワイン、白ワインとスナック類を食べて家に帰ったそうだ。



汗をたっぷりかいたせいか、
デトックスになったようで体調がいい。
今朝は一気に風邪が快方に向かっているのがわかるような気がする。

あまりイベントのない冬のいいイベントの一つだ。
来年もまた出ることになりそう。







[ 2019/01/20 08:42 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3040-0bbe1f3b