桟橋


日曜日は天気予報では晴れだったのだけど、
一日中、霧の中。

前日に病み上がりで17KmのXCスキーロペットにでて体も疲れていたので、
家でダラダラ日曜日。

夕方流石に飽きてきたので、
霧が薄くなってきた頃合いを見計らって散歩に出たけど、
すぐに霧が濃くなってきたので、
隣町に夕焼けを撮りに行く。

エンダビーを出て坂を登っていったら霧が晴れて青空が見えた。
でも薄っすらと雲が広がっている。

隣町サーモンアームの桟橋に着く寸前で長い貨物列車に踏切を塞がれて立ち往生。
こちらの貨物列車は100両以上はあるので気長に通り過ぎるのを待つ。

踏切が開いたら桟橋はもうすぐ。


Untitled

X-T10 18-55




ここなら皆既月食も見れそうだったけど、
病み上がりで寒い中何時間も外には居たくないしといったところだったので、
陽が沈んだあとすぐに家に帰る。
家に帰る寸前、坂を下っていくとまた霧の中に入っていった。



夜はもう月食はパスしようと思っていたけど、
FBに友人たちが赤い月が凄いという投稿が出てくるにつれて、
とりあえずひと目だけでも見ておくかと思い、
ついでなら赤い月の写真も撮るかと、
キャノンFD400mmも持って9時半ころ出かけていった。
Xマウントに付けると換算600mmになるのかな。

夕方と違ってXCスキー場への坂を登っていくと、
上の方で突然星が見えた場所があったので、
道の脇に車を止めて降りてみた。

赤い月はどこかな~と見回すとかなり天頂に近いあたりに赤い月が見えた。

写真を撮ろうと三脚をセットし、
キャノンFD400mmを付けようとしたら、
他のFDレンズにアダプターがついたままだったみたいで結局使えずじまい。

しょうがないのでXC50-230mmをつけて撮ろうとしているうちに、
また霧なのか雲なのかが流れてきてジ・エンド。

少しクルマで移動しようとしたけど、
余計霧が深くなってきたので諦めて帰宅。

一応、赤い月は見れたので良しとする。


帰宅後、かみさんに髪を切ってもらう。
風邪を引いたりして髪を切る予定が長引いていた。
久しぶりにサッパリ。

そんな1月の日曜日であった。






[ 2019/01/21 07:36 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3041-d5642791