折れたポール


日曜日にノントラックセットのXCスキーに行った時、
もうそろそろ終わりに近づいたかなという頃、
Chipmunk chaseからRaven's ridgeとの分岐に出た。

そこに地図があったのでみんなで見ていて、
雪に突いていたポールに何気なく体重をかけたら、
パッチンと小さな音がしてポールの下のほうが折れてしまった。

DSC03441.jpg


折れたというか裂けたというか、
経年劣化なのだろうか?
もしくは力のかけすぎ?


え?という感じで、
もう一方を見るとこちらもスジが入っていて折れるのは時間の問題。

DSC03443.jpg

RX100



こんな経験は初めて。
というか今まではいつもアルミのシャフトのポールを使っていたから、
こうなる前に曲がってしまっていた。

このポールはバックカントリー用に、
XCスキーの板を買ったときにおまけで付いてきたので使っていたが、
山スキー用の大きな新雪用のバスケットが付いたポールがあるので次からはそちらを使おう。


今回終わりの方で折れてよかった。
ホントのバックカントリーに行って折れるのはゴメンだね。


Untitled

X-E3 18-55



3月の5日頃から気温がプラスになる予報が出ているが、
今年の春は遅いなぁ。

あと2週間くらいしたら夏時間になるというのに。







[ 2019/02/26 07:10 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3074-8cce5e06