お馬の親子


ヤギ達が必死に蒲公英を食べていた牧場の、
道路を挟んだ反対側を見るとこういう光景。


Untitled

RX100



子馬はすっかり「やる気ねぇ~」という感じですな。(笑)




昨日のランチの開店の頃、
カミさんが店の建物の横に掛けておいたフラワーバスケットが無くなっているのに気づいた。

またやられたか。

以前もフラワーバスケットや、ガーデンチェア、
また水撒き用のホースを巻いたリールごとを盗まれたことがある。

ここは人口3千人の小さな町なのだけど、
ここ数年盗みなどが多くて問題になっている。
36Km離れたバーノンでも同様。

おそらく北米全体が同じ傾向だと思うのだけど、
資本主義が行き詰まってきて、
貧富の格差が大きくなってきてるようだ。
どこの町もホームレスが増えているし。

資本主義の崩壊もそれ程遠くないかも。
社会主義にはならないと思うけど、
その先はどうなるのだろう?







[ 2019/05/15 06:57 ] Animals | TB(0) | CM(2)

アハハ・・・小ヤギたちお母さんのそばで安心して待ったりですね。

こんなのどかなところがそこここにあると心は癒され随分穏やかでいられるでしょうね。

人口3000人の町でもお花がとられるんですか?!

昔イタリアへ行った時塀の上にテラコッタの器をくっつけてそれに植えてましたね。これなら取られないなと思ったことがあります。

日本では花は泥棒のうちに入らないなどという人もいます・・・
[ 2019/05/15 15:55 ] [ 編集 ]

Re: さららさん

昔はのどかだったようですけどね。
[ 2019/05/15 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3152-2c959f36