バンフ・キャンプ

古いテントトレーラーを一週間前に買って、
はじめてのキャンプに行ってきた。

土曜日の10時半ころ家を出る。
道中は雨が降ったりやんだりの繰り返しだったけど、
時々薄日が差す。

バンフの先30分くらい先に行ったキャンプ場に着いたのは4時近かったかな。
一時間時差があるので現地では5時くらい。

苦労してトレーラーをバックでサイトに入れて設営。

set up


着いたことを連絡したら、
すぐにバイク友達が二家族やってきた。

dinner.jpg


まるで冬のような気温の中でおでんや、うどん、チーズフォンデュなどを食す。

寒いので彼らはワインと日本酒を飲んで帰っていった。

自分たちはヒーターを点けようとしたが、
使い方がよくわからなかったので、
キャンプ用のポータブル・ヒーターで温める。

キャンプ場に着いてからは雨は降らなかった。



早く寝たので朝早く起床。
ふと外を見ると東の空がピンク。

Untitled

X-E3 18-55



急いで起きて写真を撮りに出かけた。
テントの中でゴソゴソと這い出して着替えて、
またゴソゴソと靴を履いてテントから出るより、
トレーラーだと出かけるのが楽。(笑)


一時間くらい撮って帰ってきてから撤収作業。
ホントは一泊だけで教会に出たあと帰宅する予定だったのだが、
日曜日の夜にも何か教会のイベントがあるらしく、
それにも出たいというので急遽、数日前になってキャンセルを探したら、
バンフの町中のキャンプ場が大きいのでキャンセルが出た。

なのでこの日は教会の礼拝に出たあと、
そちらのトンネル・マウンテンのキャンプ場に移動する。


バンフの教会の駐車場にはトレーラーを引っ張っていっては止められないので、
町外れの方の路上に止めて、
教会まで10分くらい歩く。

教会が終わったあと、ラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べ、
少し写真を撮ってから2時からのチェックインなのでキャンプ場へ。
バンフにもラーメン屋さんができたのが嬉しい。


Untitled



設営をしてたら時間がたったので、
カミさんを友人宅まで送り届け、
その後少し散歩。


実は連休中の国立公園内のキャンプ場では禁酒、禁マリファナ。
マリファナも合法となったカナダでは、
禁酒だけではなくて禁マリファナというお達しも付くようになった。(笑)

カミさんもいなくなるので「Mちゃんのところで飲んでたら?」ということで
散歩の後はMちゃん宅へと飲みに出かけたのであった。

そこでは元号改正記念の伊丹酒造の老松「令和」というお酒があった。
ちょうど日本に帰っていたMちゃんが日本から買ってきたのを振る舞ってくれた。

作ってくれた手作りのおつまみも全て美味しく、
二人も乙姫様もいるのでまるで竜宮城。
玉手箱も開けていないのに、
あっとゆ~まに時間が過ぎ去り、
夕焼けも撮らず、日付が変わってからキャンプサイトに戻る。

晴れていたせいかこの日の夜のほうが寒かったかも。
自分はなんともなかったけど、カミさんは寒かったと言っていた。

ヒーターをチェックしてもらって使い方も教えてもらわねば。(汗)
なんせ今回は時間がなかったし・・・。








[ 2019/05/21 06:21 ] RV | TB(0) | CM(2)

快適そうですね。

どこにでも出かけられますね。
[ 2019/05/21 22:33 ] [ 編集 ]

Re: さららさん


テントだと寝るだけん尾スペースですが、
これだとリビングスペースがあるので過ごし安いですね。
かと言って豪華すぎず、テントの外にいる気持ちよさもあります。
[ 2019/05/22 07:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3156-685c2fa5