Reeves Lake Hike


日曜日の朝9時半にウチを出て、
クルマで5分のパーキングへ。
歩き出しは9時50分。


DSC04001-1.jpg


歩きだして少ししたらArnica(ウサギギク)の群生。

Untitled





今の時期、色んな花が一斉に咲きだす時期なので場所によっては一面のお花畑。

Untitled





いつもは向こうの岩肌の上が頂上ということで、
そこでお弁当を食べて帰ってくるのだけど、
今回はその奥にあるReeves Lakeという湖まで行ってみたかったので、
そこまで脚を伸ばした。

頂上を超えてこんなATVトレールのような道を歩いていく。
林間を歩いていくので蚊が多い。

Untitled





頂上から45分歩いて着いたReeves Lake。

Untitled

RX100


こんな山の上にある湖だけどしっかりと魚は居るみたいで釣りもできるらしい。
実際にライズもあった。

今回は他に二人の釣りをしないH女史とT女史が同行だったので、
釣りはしなかったけど、そのうち釣りをしてみてもいいかも。

ただ一人ではこの距離を歩いて釣りには来ないと思うし、
キャステイングできる場所も限られている。

ここにあった筏に乗ればいいかもしれないが、
蚊も凄い。
リラックスして釣りをする環境ではないかな。


また頂上まで登り返してランチを食べて帰ってきた。
駐車場に着いたのは3時50分。
きっかり6時間。

DSC04062.jpg


H女史のトレッキング用のウォッチによれば歩いた距離は20Km、
アップダウンを何度も登り返したりしたのでトータルでの標高差は約2000mだそうだ。

二人とも健脚なのでほとんど休み時間なし。
止まっていたのは写真を撮るときのみという高速ハイク。

うちのカミさんが一緒だったらどうなっていたんだろう・・・。
また、M女史が一緒だったら花がある度に寄り道で時間も食っていたんだろうな~。(笑)


最近のアウトドア仲間は女性ばかりだが、
みんな健脚で男勝りなので助かる。
海外の田舎にいると日本人と遊ぼうとするとどうしても女性が多くなる。
遊ぶときは育った環境が同じ日本というのは通じるジョークや昔のネタで盛り上がれるし。(汗)

日本との繋がりがある都会や観光地だと男性の就く仕事があるのだけど、
田舎に来てしまうとわざわざ日本人である必要もないので、
極端に日本人男性が減ってしまう。

その点、女性はカナダ人と結婚してどこにでも行くのでどこにでも居る。(笑)
その後、離婚する人も結構多いけど・・・。



今回行ったReeves Lakeは前から一度行きたいと思っていたところだけど、
今回行ってみて感じたことは、
それほど景色がいいわけでもないし、
蚊も多いし、一度行けば次はまた頂上まででいいかなということか。

ただ、一度は行っておいてよかった。

家に帰って、ビールとH女史が日本から買ってきてくれた”七賢”で乾杯。
大変美味しゅうございました。










[ 2019/05/28 07:51 ] Hiking | TB(0) | CM(2)

かわいいお花!

おとぎの国の入り口のよう・・・

気温はそう高くないでしょうに蚊が多いですか!
[ 2019/05/29 00:05 ] [ 編集 ]

Re: さららさん

気温はそれでも麓で25℃くらいでした。
昨日は30℃、今日は31℃の予報です。
山の上の方は雪が溶けると同時に、いろんな花が一気に開花するので圧巻ですね。
[ 2019/05/29 05:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3163-30384013