Waterfowl lake camp #5


今回のメインイベントのウィルコックス・パス。
歩き出して初めの方は樹林帯を登っていく。

30~40分ほどして樹林帯を抜け、アルパインメドウに出ると、
一気に視界がひらけ雄大な2つの氷河を見ることができる。
左側がアサバスカ・グレイシャー、そして右側がコロンビア・アイスフィールドである。


DSC05042-HDR.jpg



ここにはこんなリラックス椅子が置いてある。
最近、国立公園内のアチラコチラで良く見かけるようになった。

氷河を見ながら一息つくM女史とH女史。

DSC05046.jpg




そして自分とカミさん。

DSC05050.jpg



この後は、振り返ればこの2つの氷河がずっと見えている高原のトレイルを歩いていく。


DSC05056.jpg






DSC05065-HDR.jpg

RX100



そして約1時間半ほど歩いたところでスナックを食べ、
そこから折り返すことにした。

このまま真っすぐ歩いていくとまたHwyに出るトレイルなのだが、
そうすると、自分たちのクルマまで戻るのがまた大変なので、
適当なところで往復するのが一般的。

帰りにはロッキー・マウンテン・シープも姿を見せてくれた。


Untitled

X-E3 18-55


コロンビア・アイスフィールドは氷河上まで特殊な雪上車で観光に行けるところ。
この写真でも氷河の左の方にその道が見えている。


DSC05088.jpg

RX100



この後、M女史のために何箇所か観光してから帰路につく。



続く










[ 2019/08/25 08:18 ] Canadian rockies | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3239-23b654aa