松茸キャンプ #2



朝方、トイレに行くためにトレーラーを出たら満天の星。
天の川もはっきり見えていた。

ただ、雲が全く無くなっていたので朝焼けは無いなと朝寝。

7時過ぎてトレーラーのベッドの脇のチャックを開けると、
快晴だがやはり朝焼けはなし。

それでも朝のきれいな景色の中でお茶を飲みたくなったので、
ぬくぬくと温かいトレーラーから、
キリッとしまった朝の空気の中に出る。


DSC05414.jpg



お湯を沸かしてお茶を飲む。
それからキャンプ場内を散歩。


DSC05417.jpg

RX100




DSCF0700-HDR.jpg

X-E3 XC50-230





DSC05426.jpg






DSC05425.jpg






DSC05427.jpg






DSC05428.jpg



一周りして帰ってきたら、お腹も空いたので、
朝からカップラーメンを食べる。

友人たちは昨夜の鍋の残りもの。

そしてトレーラーをたたんで待っていたら、
日帰り組の友人たちがやってきて合流。


DSC05431.jpg



本来、キャンプ場のチェックアウトタイムは11時なのだけど、
誰も来ない時期なので、
松茸狩りに行っている間置かせてもらうことにして10時くらいに出発。


昨日と打って変わって日本晴れ? の空の下、
松茸を探して苔むした森の中を歩く。


DSC05451.jpg


1時間半くらいやってみんなそれなりに取れたところで、
場所を移動する前に腹ごしらえ。


DSC05441.jpg



クルマの後ろの部分が凄いことになっている。(汗)



DSC05440.jpg



そのあと場所を変えてまた少し採り、
2時過ぎにフェリーが再開されるので、
それに乗って帰る。

この小さなフェリーは、最初に乗ったフェリーと違って、
12時15分から2時15分まではお昼休みで動かない。(笑)

乗ってる時間も5分くらいの小さなフェリーで、
地元の人の渡し船、はしけ?のような存在。

お昼時間は動かなくても全く問題はない。

おそらく今の松茸の時期だけ利用者が増えるんだろう。
それでも1台か2台しか乗らないことがほとんどだけど。
誰も来ないときは動かない。(笑)

フェリーが出てすぐにクルマが着いたら、
戻ってきてくれるというなんともヒューマンチックな運営。
それでも公営なので問題なしだ。



帰りにまたキャンプ場に寄って、トレーラーを連結し、
最初のフェリーに向けて走る。



6時半ころバーノンの友人たちを降ろし、
自分の家に着いたのは7時ころ。

こうして楽しい松茸狩りは終了したのであった。
松茸自体はそれほど沢山採れなかったけど、
この他にシャンテレール(アンズタケ)がたくさん採れた。
こちらのほうが料理のつぶしは効くので、
バターソテーやパスタに入れたりして楽しむことができる。

当分の間、すべての料理にきのこが入るきのこづくしの食事が続く。


DSC05460-2.jpg

RX100



この時、Banffの教会に行っていたかみさんが、
松茸狩りに行きたがっているので、
来週の月曜日のサンクスギビングデーに、
また日帰りで行ってくることになりそう。(汗)








[ 2019/10/08 07:00 ] RV | TB(0) | CM(2)

続いて転載させてください。
[ 2019/10/08 16:24 ] [ 編集 ]

Re: さららさん

ラジャー。
[ 2019/10/08 21:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3280-fd95a612