クリフと霧と総選挙



いつも撮っているエンダビー・クリフの山続きで、
もう一つのクリフがある。
ローカルの人が時々グリンドロッド・クリフと呼んだりもする。
隣の集落のグリンドロッドの近くにあるからだ。

いつもロードバイクで走っていく、
”エンダビー・グリンドロッド・ロード”を走っていくと両方見ることができる。


土曜日は一部に霧がかかっていたのでパシャる。


DSCF0891-Edit.jpg

X-E3 50-230




昨日の月曜日はカナダ総選挙の日。
町の投票所はうちのすぐ裏にあるシニア・センターなので、
休み時間に家族で投票に行ってきた。

カナダの投票日は日曜日ではない。

そして従業員が投票に行く時間、
これはアルバータの例だけど、
3時間分、仕事を抜けて投票に行く時間を与えなければならない。
そして、その時間給は雇用主が払う規則。

もしくは1時間半、遅く出勤するか、
1時間半、早く仕事を終わるのを認めなければならない。
もちろんその時間給は雇用主が負担する決まり。
他の州でも同じようなものだと思う。

日本のように日曜日だったりすると、
せっかくの休みの日に投票に行くのは面倒になるかもしれないが、
大手を振って仕事を抜け出して、
しかもその時間給は雇用主から保証されているんなら、
みんなが投票に行く確率は日曜日の投票より高くなるのではないか?

レストランはどっちにしろシフト制勤務だし、
ウチは家族経営なのでその時間給は払わないで済んでいる。


もう一つカナダの選挙の良いところはうるさい街頭演説がない!
こういうのが道の脇に置かれるだけだ。
立候補者の名前と政党が書かれているだけ。
静かなものだ。

1077088259.jpg


これもカナダに来てとてもいいなと思ったことだ。
立候補者は決められた場所で決められた時間に、
言いたいことを言うことができるし、
聞きたい人だけ行けばいいシステム。
あとはTV討論会。


日本にいた時は選挙のたびにうるさい街頭演説車に辟易したものだ。
あれは騒音公害以外の何者でもない。
大っ嫌いだった。



今日の天気予報は晴れ時々雨。
最高気温は12~14℃。
もう日の出は7時半。
日の入りは5時50分。
秋の夜長が始まっている。

少し前にダン・ブラウンの「オリジン」を読み終り、
そのあと、田中康弘の「山怪 弐」を読み終り、
今は福士俊哉の「黒いピラミッド」がクライマックスを迎えつつある。
これは先入感や予備知識無しで読み始めたのだがとても面白い。
若い頃から古代と現代をつなぐミステリーが大好きだったので結構ツボ。
毎年本を送ってくれる弟も似たような趣味なので助かる。

黒いピラミッドを読み終えたら、
次はいよいよ今春送ってもらった本の中でのメインイベント、
佐伯泰英を読み始めよう。
ワクワク。








[ 2019/10/22 07:57 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3294-6d7c2c97