Banff行き 11.09


土曜日、小雨模様の中、Banffに向けて走って行く。

ロジャースパスの峠の上はみぞれ。

DSC05702.jpg





ゴールデンで休憩していたら、
レーベン(ワタリガラス)がボンネットの上に乗っかってきた。

DSC05706.jpg




ヨーホー国立公園の辺りから気温が低くなってきて、
路上を薄っすらと雪が舞っている。

バンフ国立公園に入り、
バンフを過ぎてキャンモアのN氏宅に着いた頃は気温はマイナス2℃くらい。



そしてN氏宅で、今年も日本人ライダーズ忘年会が早めに開催。
今回のテーマはN氏、M氏が70~80年代のバイクのエンスーということから、
70~80年代のファッション、小物でということだったので、
自分はアサヒ・ペンタックスK1000を持参。

他のみんなもパンタロンやヒッピールックなどで盛り上がったが、
一番盛り上がったのは、
ピンクレディーで踊りまくっていた女性陣ではなかったかな。(笑)
まあ、それで年代が判ろうというものだ。





明けて翌朝。
いきなり気温がマイナス16℃で雪降り。

DSC05714.jpg


自分も以前キャンモアに住んでいたけど、相変わらず寒い。


前日もこの日の朝も天気が悪かったので夕焼けも朝焼けも撮れず。

バンフの教会に着いた頃は雪が激しく降っていた。

DSC05716.jpg

RX100



教会の礼拝が終わり、
帰路につく頃には少し晴れ間も出てきたが、
道路は降った雪が積もっているため、
前のクルマが掻き上げる雪煙りで視界が遮られる。

Sunshine villageのインター辺りから路上の雪も減って青空が広がってきた。
レイク・ルイーズでビクトリア・グレイシャーをHwyからパシャる。


DSCF1030a.jpg

X-E3 50-230



この後はとりあえず晴れていたが、
BC州に入ると路面は雪解けでビチョビチョのため、
フロントガラスが汚れて大変だった。

ただ、新しいスノータイヤはやはり素晴らしく、
滑る気がしなかったというのは大げさかもしれないが、
去年までのスノータイヤに比べると格段の差を感じる。




昨日は帰ってきた後、
H女史のバースデー・パーティに出席の予定だったけど、
前日のパーティの興奮が冷めやらぬのか、
よく寝られなかったせいもあると思うが、
何故かやたらと疲労感があったので、自分は欠席。
カミさんだけがバーノンまで出かけて行った。

自分はベッドに寝転んで恩田陸の本を読んでいた。

一晩寝たら今朝は快調。

今日はリメンバランス・デーの休日。
家の隣の公園で戦没将兵追悼記念日の式典が行われる。








[ 2019/11/11 09:33 ] Canadian rockies | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3312-5c435ee2