テンプル霧中


Banffに戻る途中の雪原。


DSCF1390.jpg

X-E3 XC15-45






氷の写真を撮ったあと教会に行き、
カミさんを乗せて帰路につく。

今回はHwy1号線ではなく、
脇を並走しているボウバレー・ハイウェイと呼ばれているHwy1Aを通る。
こちらのほうがパシャリ・ポイントが多いし、
クルマを停める場所もたくさんある。


ロッキーマウンテン・シープの家族も道に撒かれた塩を舐めて塩分補給中。


DSC05908.jpg

RX100






ベイカー・クリーク・リゾートの前に来たら、
道の前方にMt,Templeが霧の中からぼんやりと姿を見せていた。


DSCF1400.jpg

X-E3 XC15-45





昨日の午後、夏までお隣さんだったキースを訪ねてシニアハウスに行ってきた。

DSC05929.jpg


毎年、庭の芝刈りなどをしてもらっていたお礼に、
彼の好きな赤ワインをクリスマスに贈っている。

今、キースは家を売ってシニアハウスに住んでいるが、
今年の彼の90歳の誕生日に奥さんのメイバスが亡くなってしまい、
介護ホームに顔をだすことも必要なくなったので、
毎日散歩するくらいしかやることが無くなっちまったよと言う。

家の手入れが彼の健康法だったようなので、
ここで一気に老け込まないか少し心配でもある。


ここのシニアハウスはまるで高級コンドミニアム。
入り口もロック付きなので部屋を呼び出して鍵を開けてもらわないと入れない。
昨日はキースの部屋番号がわからなかったのだけど、
オフィスを呼び出して、キースにギフトを持ってきたと言ったらロックを開けてくれて、
中に入ったらスタッフがキースの部屋番号を教えてくれた。

部屋は普通の高級マンションだが、
ランチとディナーは食堂に行けば食べられる。
また 食堂に顔を見せないときはスタッフが部屋まで様子を見に来てくれる。
なかなかいいシステムみたいだ。






今日、24日のランチの営業が終わればディナーからは休みに入る。

いつもはクリスマスがどちらかの週末にくっつくことが多くて、
もっと長い休みなのだが、
今年はちょうど週の真ん中なので、
明日とボクシング・デーの2日半のお休み。




それから、少し前に日本の実家からせんべいや、
ひじき、切り干し大根などの乾物が届いた。
色んなものが手に入るようになってきたが、
こういう乾物はなかなか手に入らない。

せんべいはアジア諸国のモノは売っているのだが、
やはり日本製の煎餅は味が違う。
味わって食すことにしよう。






[ 2019/12/24 08:14 ] Canadian rockies | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3355-c6323f5d