Sovereign lake back country ski


カラっと晴れた日曜日の朝、
バーノン近郊の山上にある、
Sovereign lake XCスキー場のバックカントリースキーに行ってきた。

スタートは11時。

前回と同じように”Trapline"から入る。
ここだけちょっと急な下りがあるので、
みんな転ぶ転ぶ。

それでも雪がまだ柔らかいので、
転んでも痛くないので楽しい。

DSC06099.jpg





この下りが終わってから三叉路を右に入って”Powder Queen"を行く。
(リンクをクリックすると動画が見れます。)↑

DSC06102.jpg





DSC06106.jpg



前夜も雪が降ったようで、コースはフカフカ。
気持ちがいい雪の感触。

でも木の下あたりは雪がそれほど積もっていないので、
先週の暖かかった気温のせいでアイスバーン気味。

そのまま”Powder Queen"から”Lower Kennedy"へ。

DSC06112.jpg




このオレンジのマークをたどっていけば迷わずにコースを辿って行けるのだ。

DSC06123.jpg

RX100

しかし、雪が枝について垂れ下がっていたりすると、
このマークが隠れて見えないこともあって、
そうなるとちょっと右往左往することになるけど、
それくらいあったほうが山の中っぽくて、
それもまた楽しい。


そして”Upper Kennedy"を行き、
ちょっとだけビューポイントへのトレイルを偵察し、
”Lars Taylor Way"に出た後、
”Coyote Caper"から”Mystery Express"の後、”Carl Wylie"という 
普通の圧雪されたコースを行って、
ロッジの側まで来たあたりでまたちょろっとバックカントリーのコースに入って滑って戻る。

ロッジに戻ったのは4時半ころ。
5時間半山の中を行ってきたので結構疲れた。
総距離は約12Kmだったかな。


その後、H女史の家でビールと焼酎ナイト。
H女史特製ビーフシチューや、
他の友人達が持ち寄った美味しいフードとともに楽しい宴で締めくくり。

H女史の旦那のRいは元プロのギタリストなので、
彼の作った曲を何曲がバックに楽しい写真なども見せてもらう。


次は今回行かなかったビューポイントに行ってみたい。





[ 2020/02/05 07:31 ] Winter sports | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3394-398f3f43