もうちょい


火曜日、朝の風景を撮りに行ったとき、
今までは気が付かなかったのだが、
そこにスノードロップの群生があることに気がついた。

今まではいつも雪の下だったのかもしれない。


朝日に光るスノードロップ。


DSCF1962-Edit.jpg

X-E3 XC15-45



完全に花が持ち上がるのは数日後だろうか?
土曜日の朝見たときはまだあまり変わらない状況だった。


昨日はたぬきさんの引越のお手伝い。
今までは隣町に住んでいたのだが、
West Kelownaに引っ越した。

これからは向こうのMTBトレイルを開拓してくれることだろう。






今、こちらではSocial distancingということが言われていて、
一緒に家に住んでいる人以外とは、
最低2m間隔を開けよということである。

スーパーのレジにもテープが貼られて、
並んで待っている人たちも2mづつ間隔を開けて並んでいる。

キャッシャーとお客さんの間には透明なプラスティックの板が貼られ、
お客さんからの空気感染を防止するようになった。

知り合いの家に行ったりすることもしないようにとか、
友人同士で集まったりしないようにと言うお達しもある。

BC州のすぐ南に隣接するアメリカのワシントン州では、
そのSocial Distancingが守られていないということで、
シアトル近郊の街で外出禁止例が出されることになった。

だんだん厳しくなるこちらの規則を見ていると、
日本のゆるゆる度合いがちょっとおかしく見える。

過度の自粛が経済の動きを止めるとか言いつつ、
未だにセミナーやいろんな催し物が開催されているが、
今必要なのは自粛ではなくて感染拡大の防止。

日本の人はそれを勘違いしているようだ。
今は経済の停滞よりも、
大袈裟に言うと人類の存亡がかかっているのではないか?

経済のことを考えるのは、
パンデミックが終息したその後のことでなないだろうか?

海外に住んでいる人間から見たら、
今回の日本状態は異常だと思う。








[ 2020/03/23 07:24 ] Flower | TB(0) | CM(2)

大事なこと


こんにちは、
こういう写真を見ると癒やされます。特にいまは。

我々人間の世界では色々騒がれていますが、自然は正常にきのうしているようで。。。。

日本の状態、同感です。ユルユル具合にはちょっと驚きです。
やっぱり人の命がさきですよね。

アメリカも大統領が物騒なことを考えているようでちょっと心配ですが。
周りが止めてくれることを祈っています。

そのへん、今のカナダいいですね。

こうやってコメントの頻度が増えているのは、私もソーシャルデイスタンシングで少し人との接触にうえているのかもしれません。

こういう時、BANさんおブログ記事癒やされますよ。なぜだか、人らしい生活のファンデーションみたいなものがにじみ出てるようで。

長々と失礼しました。
[ 2020/03/23 21:30 ] [ 編集 ]

Re: マスノスケさん

自然界はいつも平常心ですね。

自分のブログは個人的な日記のつもりなので、
生活感が出てるのかも。(笑)

普段から小規模でやってきた店ですが、
ここに来ていい結果に繋がりそうな気がしています。
[ 2020/03/24 06:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3439-e07c4b59