夕景 3.22


引っ越しの手伝いに行って帰ってきた日曜日。
部屋でネットを見ていたら、
窓の外に赤く染まるCliffが目に入ったので、
間に合うかどうか分からなかったけど、
取り敢えず、カメラを持って出かける。

すでに山を照らしている光が上がっていったので、
一番近いポイントでパシャる。
家から1~2分。


DSCF2016-HDR-Edit.jpg

X-E3 XC15-45


なんとか間に合った。
この後、一瞬で光が消えたので、
次は川沿いのトレイルを歩きながら夕焼けの空をパシャリに行った。




毎日楽しい話題はないけども、
先日のカナダ政府の対応で、なんとか行きていけるかな(笑)という気持ちが湧いてきたので、
あまり不安を感じずに過ごしている。
なんと言っても、今自分がジタバタしてもどうしようもないので、
流れに身を任すしかない。
Let it be。

今度はBC州政府も今回のパンデミックの対応措置として$5Bの収入の救済をすると発表された。
これはビジネス・オーナーにとってはどうなるかまだよくわからないけど、
カナダ、いいぞ。

普段高い税金を払ってる甲斐があるというもんだ。



昨日は一番暇な月曜日だったのだが、
オーダーが入ったのはごくわずか。

これくらいなら閉めちゃってもいいかなと思うくらいなのだけど、
「開いてて助かったよ~、明日も開いてるんだよね?」
と言って帰っていくお客さんがいると、
明日も頑張って店を開けようという気持ちになる。

この時期になって、
こんな小さな町でも、
商工会議所が中心となったデリバリーサービスが始まるようなので、
それも使えるし、
本来、店内で食事と一緒じゃないと出せない酒類も、
政府の粋なはからいで、
一時的にテイクアウトやデリバリーでも売ることができるようになった。

売り上げは期待できないかもしれないけど、
地元のお客さんが喜んでくれるならそれが一番。

We are here!





[ 2020/03/24 07:18 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3440-f3da86a3