霧中の林



火曜日の朝、霧が出ていたので、
前から撮りたかった風景を撮りに高台へ。

ホントは霧の中の光芒を撮りたかったのだが、
それは時間をずらして来ないと行けなかった。

でも林の周りを流れる霧を撮ることができた。


DSCF2044-Edit.jpg

X-E3 XC50-230





昨日、少し前から懸案事項だったキッチンの排水の漏れを直してもらった。
一ヶ月以上前から気がついていたのだが、
それほど漏れる量も多くなかったのと、
1月の終わりからコロナ・ウィルスのせいで売り上げが下がって来ていたので、
いくら掛かるかわからない修理を躊躇していたのだ。

というのも、
ウチのキッチンは、後から古い一軒家に継ぎ足して建ててあるので、
床下へのアクセスが無い。
ということは床を全部剥がさないと、
漏れている箇所がわからないんじゃないかとか、
床下の排水管を全部替えないといけないのかとか、
いろいろ考えてしまっていたからだ。

最近漏れる量が増えてきたのと、
先週末から売り上げも少し上がってきたし、
来週から暖かくなって臭くなるのも嫌だったので、
いつものブルースに来て見てもらった。

やはり床を一部剥がさないといけないようだが、
ベースメントの目視できるところから覗くと、
1mちょいの部分から漏れているらしいということが特定できたらしい。
早速、9時前から工事開始。

床を開けて土を少し掘ると、
パイプのジョイントが割れて漏れていた部分が見えた。


20200402_085741.jpg

何故か、ジョイント部分が破断して完全に切れていた。
写真ではわかりにくいけど、真ん中より少し左のあたり。
おそらく気温の変化か何かで地面が歪んで、
ずれて割れてしまったのではないかと推測。


20200402_091326.jpg


そしてその部分の土と水を取り除き、
カットして、新しいジョイントを付けてもらった。
今回はフレキシブルのパイプを付けてもらったので、
次回、多少のズレなら大丈夫なはず。
10時半くらいには工事終了。
メデタシ、メデタシ。

ブルース、いつもありがとう。





昨日も結構涼しめだったけど、
スカッと晴れていたので農道ロードバイクで20Km。

ディナーは結構忙しく、
テイクアウトだけでこれくらいいくなら、
なんとかなるかというところまで売り上げが戻って来た。

皿洗いもしなくていいし、却って楽かも。



パンデミックが終息したあとのニューワールドは、
自分のセミリタイアのような暮らし方が一般的になるのではないかなと?
それほど稼がずとも、適度にゆとりを持って生きて行けるような・・・。
なんか、そんな気がする今日このごろ。
自分はもう少し、経済的なゆとりがあってもいいかなと思っているが・・・。(汗)

自宅謹慎でもソーシャル・ディスタンスを守ってさえいたら、
健康維持のためのエクササイズ、散歩などは許されている今の状況を見ていると、
みんなゆとりを持って生活しているように見えるのだ。
政府からの緊急支援も発表されて、
生活にも取り敢えず安堵しているみたいだし。
まさにヒューマン・ライフを取り戻しているような感じ。


午後2時15分のわが町のメインストリート。

DSC06303.jpg

RX100


誰も歩いていない。









[ 2020/04/03 06:47 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(2)

有難うございました

ミミのけんでお悔やみいただき有難うございました。

レストラン、この時期忙しいというのはすごくいいことですね。
街の人がBANさんのレストランのおかげでたすかっているということでしょう。

私も家から大学の授業を通信教育のようにして教えていますが、やる気のある学生は結構連絡してくるので、今流行りのズームで会話をしたりして
なんか家庭教師でもしてるようでこれはこれで面白いなと思い始めています。

これが終息して、セミリタイアの適度に働いてゆとりのある生活。人間らしい暮らし。
多くの人がそんなふうにくらし始めれば、みんながもっと暮らしやすくなるような気がします。
そうなればいいですね。




お互い割と田舎(アンカレッジは人口はそこそこですが、さすがにアラスカなので)にすんでいるのはこういう時ラッキーですよね。
取り敢えずは、コロナにやられないで乗り切れるよう、静かに頑張りましょう。
[ 2020/04/03 22:34 ] [ 編集 ]

Re: マスノスケさん

こちらの人は料理しない人が結構多いので、
レストランが全部無くなってしまうと大変でしょうね。

今、トラック・ドライバーも食事を探すのに大変みたいですが、
この辺を通るトラック・ドライバーにも貢献できれば嬉しいですね。
[ 2020/04/04 06:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3450-5b6a0e63