光るハナダイコン


少し前に撮った、逆光に光るハナダイコン。



DSC06493-2.jpg





今年の春は気温が低い。
もう6月なのに未だに30度を超えた日はない。

予報では今年の夏は熱くて乾燥していて、
山火事多発ということなのだが、
6月に入っての長期予報でも暑くなる気配はない。
7月から一気に暑くなるのだろうか?



今、雪解け水のピークを迎えていて、
川が大増水中。
支流と本流が合体している。


DSC06486.jpg

RX100


町外れの公園は毎年のことながら、
水没のため閉鎖。
今年も洪水にならずに済むことを祈る。


自分の店舗兼住居は1895年築。
以前、店の前の歩道のコンクリートを打ち替えたときに、
旧い部分のコンクリートを剥がしたら、
道路に向かって階段が3段埋まっていた。

以前は道路が階段3段分、低かったということだ。
それが過去の洪水のときに土砂が運ばれてきて、
道路の高さが上がったらしい。

今は川の堤防が過去最高だった洪水の高さに対応しているので、
自分がこの街に引っ越してきた2008年以来、
今のところ洪水はない。



*追記
エンダビーのミュージアムのリンク

ミュージアムに行くと自分の家の歴史と歴代オーナーの名前がすべてわかる。
コルターさんがかなり長く住んでいたので、
地元ではコルター・ハウスと言えば自分の家のことだとみんなすぐわかる。


ヘリテッジ・ハウスである自分の店舗兼住居の入り口に張ってあるプラーク。


original.jpg





[ 2020/06/03 07:07 ] カナダの風景 | TB(0) | CM(3)

1895年!!

1895年築ですか!!それはすごい。その頃すでに、エンダービーに町があったということでしょうか。
どんな人たちが住み着いて町になったんでしょうね?

古そうな農家の写真をみて結構前からある町だろうとは思っていましたが。
そこまで古いとは。驚きました。
[ 2020/06/03 08:57 ] [ 編集 ]

Re: マスノスケさん

昔からネイティブが済んでいたようですが、1866年に最初の白人が住みついたようです。
木材関係が主な産業だったみたいですね。
この街のミュージアムには自分の家の歴史が歴代オーナーの名前とともに写真なども残っています。
いわゆるヘリテッジ・ハウスです。

店の前に貼ってあるプラークと街の歴史のリンクを追加しました。

[ 2020/06/04 06:10 ] [ 編集 ]

Re: マスノスケさん

2008年の7月から10月くらいまで見てみてもらえたら、この家を買う頃のことを書いています。
[ 2020/06/04 06:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3507-8841959d